Jump to content 日本-日本語

製品 >  ソフトウェア >  HP- UX Developer Edge

HP-UXメモリ管理 ホワイト・ペーパー バージョン1.4

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む

ご注意


ご注意

本書の目的


本書の目的

物理メモリと仮想メモリの概要


物理メモリと仮想メモリの概要
  ページ
    仮想アドレス
    デマンド・ページング

物理メモリの役割


物理メモリの役割
  使用可能メモリ
    ロック可能メモリ
    二次記憶領域

仮想メモリの抽象化


仮想メモリの抽象化
  PA-RISCの仮想スペース
    物理アドレス

プロセッサーのメモリ関連部分


プロセッサーのメモリ関連部分
  変換索引バッファ(TLB)
    TLBによるアドレス変換
      TLBの構成と種類
      ブロックTLB
      TLBエントリ
    ページ・テーブルまたはPDIR
      ページ・フォールト
      ハッシュ・ページ・ディレクトリ(hpdeおよびhpde2_0)構造
    命令/データ・キャッシュ
      キャッシュの構成
    CPUによるキャッシュとTLBの使用
    TLBのヒットとミス
    アクセス制御とページ保護におけるTLBの役割
    キャッシュのヒットとミス
    レジスタ

仮想メモリの構造


仮想メモリの構造
  仮想アドレス空間(vas)
    pregionの仮想メモリ要素
    システム・リソースの領域
    非整列ページのサポート(a.out)
      領域フラグ
    領域のページの検索
      仮想フレーム記述子(vfd)
      ディスク・ブロック記述子(dbd)
      vfdsとdbdsを1つの場所に維持するチャンク
      平衡型ツリー(B-tree)
      B-treeのルート
      vfdプロトタイプ
    テキストと共有ライブラリpregion用のpseudo-vas
    ハードウェアに依存しないページ情報テーブル(pfdat)
      ページの状態を示すフラグ
      ハードウェアに依存する階層ページ・フレーム・データ・エントリ

仮想メモリから物理メモリへのマッピング


仮想メモリから物理メモリへのマッピング
  HTBL
    同じhtblエントリへの複数アドレスのハッシュ
  物理アドレスから仮想アドレスへのマッピング
    アドレス・エイリアシング

ページ可用性の維持


ページ可用性の維持
  ページングしきい値
    gpgslimページングしきい値
      メモリしきい値の調整方法
    ページングの起動方法
    ページアウト・デーモンvhand
      2針クロック・アルゴリズム
      vhandに影響する要因
      vhandの起動時に起こること
      ページのスチールとエージングを行うvhand
    sched()ルーチン
      非アクティブ化または再アクティブ化の対象
      プロセス非アクティブ化時の処理
      プロセス再アクティブ化時の処理
      自己非アクティブ化
      スラッシング
      シリアライゼーション(直列化)
      ページャを使用した非アクティブ化
    メモリ・リソース・グループ(MRG)

スワップ・スペース管理


スワップ・スペース管理
  擬似スワップ・スペース
    物理スワップ・スペース
    デバイス・スワップ・スペース
      ファイル・システム・スワップ・スペース
    スワップ・スペースのパラメータ
    スワップ・スペースのグローバル変数
    スワップ・スペース値
    物理スワップ・スペースの予約
      スワップ予約スピンロック
    擬似スワップ・スペースの予約
      擬似スワップとカーネル・メモリ
      擬似スワップとロック可能メモリ
    スワップ・スペースの優先順位
      3つのスワップ・スペース割り当て規則
    スワップ・スペース構造
    swaptab構造とswapmap構造

デマンド・ページングの概要


デマンド・ページングの概要
  書き込み時コピー

メモリ内のプロセス構造のセットアップ方法


メモリ内のプロセス構造のセットアップ方法
  領域の種類によって異なる複製方法
    共有regionのpregionの複製
    専用regionのpregionの複製
    vfdが有効な場合の「書き込み時コピー」の設定
      ページとスワップ・イメージの調和
      子regionの「書き込み時コピー」ステータスの設定
    プロセスのアドレス空間の複製
      子プロセスのuareaの複製
      親の「書き込み時コピー」ページからの読み取り
      子の「書き込み時コピー」ページからの読み取り
    ページのフォールトイン
      スタックまたは未初期化データのページのフォールトイン
      テキストまたは初期化済みデータのページのフォールトイン
      ディスクからのテキストまたは初期化済みデータのページの取り出し

仮想メモリとexec()


仮想メモリとexec()
  vfork()からのクリーンアップ
    古いpregionの処理:dispreg()
    新しいプロセスの生成
    仮想メモリとexit()
    次のページへ
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項