Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  ソフトウェアとOS  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand

ホワイトペーパー

システム管理
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む

システム管理に関するホワイト・ペーパー


HP Integrity/ HP 9000エントリーレベルサーバーの Integrated Lights Out (iLO & iLO 2) スクリプトテクニック  (PDF: 222KB) New! 英語

Integrated Lights-Out (iLO) は、サーバーに直接埋め込まれた管理システムです。スクリプトを使用し、簡単な処理を自動化することで、異なる多くのサーバーに同じ処理を実行することができるようになります。

Dynamic Root Disk管理者ガイド HP-UX 11i v2 (B11.23)  (PDF: 387KB)

システムダウンタイムを最小限に抑えながら、HP-UX オペレーティングシステムのソフトウェアの保 守および復旧を行うことができるDynamic Root Disk (DRD) ツールセットについて説明します。

Dynamic Root DiskとMirrorDisk/UXの使用方法 ― HP-UX 11iv2  (PDF: 230KB)

DRDクローンとLVMミラーの両方の長所を生かした、複数のミラーリング手法について説明します。

Dynamic Root Diskツールセットの使用方法  (PDF: 266KB)

Dynamic Root Diskツールセットの使用方法を説明します。

Dynamic Root Diskツールセットを使用したLVM環境での/standファイル システムの拡張  (PDF: 174KB)

drd cloneコマンドで作成した非アクティブのシステム イメージを使用して、1 回のリブートで/stand ファイル システムを拡張する方法を説明します。

HP-UX Dynamic Root Diskアクティブ化における問題の修復  (PDF: 203KB)

HP-UX Dynamic Root Diskアクティブ化における問題の修復方法を説明します。

少数のDRD-Unsafeパッチの管理について  (PDF: 214KB)

メンテナンス計画中にDRD非対応 (DRD-Unsafe) である可能性のある新しいパッチを 処理する方法について説明します。

Ignite-UX インストール ブート  (PDF: 447KB)

hpux(1M) および hpux.efi(1M) の関連文書 (マンページなど) の追加情報として、二次ローダで発生する問題の高度なトラブルシューティングについて説明します。

Ignite-UXリカバリ アーカイブのガイドライン  (PDF: 365KB)

障害からのリカバリ方式を検討する場合、リカバリ アーカイブを作成する頻度、保管期間、最適なメディアなどを考慮する必要があります。本書では、リカバリ アーカイブ プランの作成に役立つ情報を紹介します。

Ignite-UXによるシステム リカバリのヒント  (PDF: 280KB)

リカバリ アーカイブ方式の計画作成をサポートすることを目的としています。

Ignite-UXによるシステムのクローニングのヒント  (PDF: 360KB)

ユーザ環境でクローニングを実行する際に影響すると考えられる検討事項と発生しうる問題について説明します。

BastilleをIgnite-UXとともに使用するための設定  (PDF: 268KB)

HP-UX 11i v2で提供されている新しいBastille製品とIgnite-UXを同時に使用する場合、いくつか考慮する点があります。本書では、この 2 つの製品を共存させる場合の検討事項と必要な手順を解説しています。

HP Ignite/UX紹介  (PDF: 12KB)

Ignite/UX は、オペレーティング・システム、ファイル・システム、カーネル・パラメータ、および媒体のインストールに対する集中化された管理を提供するツールです。そのメリットは、より高速なシステム・インストールと配備を、プッシュまたはプル、およびカスタマイズされたリカバリ・テープによって実装できることです。そして最大の利点は、このツールがHP-UXに無料で標準装備されていることです。Ignite/UXの導入によって、HP-UXシステムのインストールやアップデートが飛躍的に容易になりました。

ミラーディスクシステムでのIgnite-UXの使用について  (PDF: 254KB)

本書には、HP-UX 11i v3のリカバリ後に、システムを自動的に再ミラーする方法についての説明は含まれていません。HP-UX 11i v3の場合、必要なIgnite-UXの構成が、本書に記載されたものとは大幅に異なることが予想されています。2008年前半には、HP-UX 11i v3のブートディスクの再ミラー方法について説明した新しい項目を追加する予定です。

MemFS v2 − HP-UX 11i v2 メモリ ベース ファイル システム  (PDF: 347KB)

HP-UX 11i v2 での MemFS の設計および RAM ディスクとの違いについて解説します。また、性能への影響や MemFS の構成ガイドラインについても説明します。

大容量ストレージ デバイスの命名 - HP-UX 11i v3  (PDF: 251KB)

HP-UX 11i v3における大容量ストレージ デバイスの命名について説明します。

HP System Management Homepage (SMH) によるHP-UX システム管理  (PDF: 2.40MB)

HP SAM に替わって新たにシステム管理ツールの役割を担うことになったHP SMH の各種機能を説明します。

scsimgr SCSI の管理と診断用ユーティリティ - HP-UX 11i v3  (PDF: 487KB)

SCSI の管理および診断を可能にするために HP-UX 11i v3に導入されたscsimgrコマンドについて説明します。大容量ストレージI/O サブシステムの管理およびトラブルシューティングの機能の概要とよく使用する構文、およびそれらのコマンドを使用して特定のタスクを実行する方法についていくつかの例を記載しています。

Software Package Builder (SPB) を使用したSD-UXフォーマットでのアプリケーションのパッケージ化  (PDF: 508KB)

SPB (Software Package Builder) と SD-UX ソフトウェア管理ツールセットを使用することで、効率的にソフトウェアを管理できます。SPB は、ソフトウェア パッケージの作成プロセスを簡素化する機能で、各種インストーラ用にフォーマット化されたソフトウェアを SD-UXフォーマットで簡単に再パッケージ化できます。本書では、ソフトウェア パッケージの概要、SPBを使用してSD-UXフォーマットでパッケージ化する手順、ソフトウェア パッケージを管理するための SD-UX コマンドについて説明します。

HP-UX 11i におけるシステム障害管理 - HP-UX System Fault Management  (PDF: 932KB)

HP-UX SFM (System Fault Management) の主な機能と、管理作業における使用方法について述べます。また、SFM の高レベル アーキテクチャや SFM の主要コンポーネントについて説明します。

HP-UX システム管理: HP Systems Insight Manager for HP-UX  (PDF: 983KB)

Systems Insight Manager (SIM)は、効果的なシステム管理を支援します。SIMからHP-UXシステム管理機能と連携することで複数のシステムに同時にタスクを実行することができます。また、マルチOS(HP-UX, Windows, Linux)に対応することで、HP Integrity サーバー、HP ProLiantサーバーでの混在環境も一元的に管理することができます。

HP-UX 11i v2 (B.11.23) - シングルシステム向け次世代管理ツール  (PDF: 1.28MB)

HP-UX、Linux、Microsoft® Windows® 各システムの一括管理を可能にしたシングル システム管理ソリューションであるHP SMH (HP System Management Homepage) とその各種プラグイン (2006年9月時点で利用可能なもの) を紹介することを目的とし、HP SMH プラグインも含めた使用例を取り上げながら、HP SMHの多彩な機能を解説します。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
 このページのトップへ戻る
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイト より、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡