Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  HP- UX Developer Edge

HP-UX 11i 構成可能カーネル・パラメータ(HP-UX 11.0 用)

st_fail_overruns
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
このパラメータを設定すると、データ・オーバーランが発生したSCSIテープ読み込みはエラーとなります。

指定可能な値:


最小値 0
最大値   1
デフォルト値   0

このパラメータには、0または1を指定してください。詳細は、 パラメータ値の指定 を参照してください。

説明


特定の技術アプリケーションでは、実際のテープ・レコード・サイズよりも短いレコードを読み取った場合に、エラーを生成する必要があります。

例えば、1MBのレコード長で書き込まれたテープに対して、256KB単位での読み込み要求が実行されることがあります。HP-UXの通常の動作では、これをエラーとはせずに256KBの長さで転送します。残りの768KBが破棄されたことを示すエラー・メッセージは返されません。このパラメータを有効にした場合は、読み取りコマンドからEFBIGエラーが返されるようになります。ただし、この場合も要求された256KBのデータは転送されます。

各プログラムでは、MT_GET_FAILOVRおよびMT_SET_FAILOVRを指定してioctl(2) を実行することにより、システム全体ではなく個々のLUNについてこの値を取得および設定することもできます。

付加情報


  • ioctl(2)
構成可能カーネル・パラメータ・ヘルプのブラウズ
最初のページへ    

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡