Jump to content 日本-日本語

製品 >  ソフトウェア >  HP- UX Developer Edge

HP-UX 11i 構成可能カーネル・パラメータ(HP-UX 11.0 用)

num_tachyon_adapters
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
num_tachyon_adapters は、システムで I/O 仮想アドレッシングがサポートされていない場合にシステム内で使用するFibreChannel Tachyonアダプタの数を指定します。

指定可能な値:


最小値 0
最大値   5
デフォルト値   0

整数値を直接指定するか、または整数式を指定してください。システムが I/O 仮想アドレッシングをサポートしていない場合には、0でない値を指定する必要があります。システム内にインストールされているTachyon FCPアダプタの数に一致する値を指定してください。詳細は、 パラメータ値の指定 を参照してください。

説明


num_tachyon_adaptersには、Tachyon FCPアダプタがシステムにいくつインストールされているかを指定します。 これにより、システムが I/O 仮想アドレッシングを提供していない場合でも、システムの起動時に適切な量のメモリが割り当てられます。

num_tachyon_adaptersの値の指定


システムが I/O 仮想アドレッシングを提供していない場合には、マシンに実際にインストールされているTachyon FCPアダプタの数をnum_tachyon_adaptersに指定します。これにより、システムのブート時に、その数のアダプタに見合った量のメモリが予約されるようになります。この量は、 max_fcp_reqs の値に応じて変わります。

システムが I/O 仮想アドレッシングを提供している場合は、このパラメータを0に設定してください。これにより、メモリが必要になった時点で自動的に割り当てられるようになります。

システムが I/O 仮想アドレッシングをサポートしているかどうかが不明の場合に、このパラメータを暫定的に0でない値に設定しても特に問題は発生しません。ただし、このパラメータに設定した値がマシンに実際にインストールされているTachyon FCPアダプタの数よりも大きい場合には、その差分量に相当するメモリをほかの用途に使用できなくなるので、注意が必要です。

関連するパラメータとシステム値


Tachyon FCPアダプタ用に割り当てるメモリは、num_tachyon_adaptersの値とmax_fcp_reqsの値の組み合わせに基づいて決定されます。

付加情報


Fibre-Channelに関するカーネル・パラメータの概要
  構成可能カーネル・パラメータ・ヘルプのブラウズ
最初のページへ    

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

HPEサポートセンター
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項