Jump to content 日本-日本語

製品 >  ソフトウェア >  HP- UX Developer Edge

HP-UX 11i 構成可能カーネル・パラメータ(HP-UX 11.0 用)

nproc
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
同時に存在できるプロセスの数の制限。

指定可能な値:


フェールセーフ 4200
デフォルト   4200
許容値   100 - 30000

この値は許容値より高く設定できますが、このような値が必要となることはないでしょう。nprocを110未満に設定すると、システムのマルチユーザーモードでの実行に支障があります。構成によっては、最小値を高くすることができます。

nprocは、nkthread + 100より大きくなければなりません。

nprocは、maxuprc + 100より大きくなければなりません。

推奨値   プロセッサーあたり1000プロセス

説明


nproc調整可能パラメータは、任意の時点において、システム上に存在できるプロセスの絶対数を制御します。この値を増やすと、存在できるプロセスが増え、減らすと、プロセスの数が制限されます。

proc: table is fullメッセージがメッセージバッファーに表示された場合は、nprocが低すぎることがわかります。このメッセージバッファーは、dmesgまたはsyslogから読み取ることができます。このメッセージは、アプリケーションが新しいプロセスを作成できなかったことを示します。nprocの設定値が低すぎると、新しいプロセスをforkできないことが原因で、アプリケーションエラーが発生する可能性があります。

pstat_dynamicを呼び出してpsd_numprocsallocdを検査することによって、同時に使用されていたプロセスの数がわかります。このフィールドは、同時に使用されていたプロセスの数の「ハイウォーターマーク」を示しています。
 
この調整可能パラメータの変更を行う対象ユーザー
多数のプロセスを実行することが予想されるユーザー。
 
変更に関する制限事項
ありません。この調整可能パラメータは動的です。
 
この調整可能パラメータの値を大きくする場合
多数のプロセスを同時に実行するときに、この調整可能パラメータを増やす必要があります。
 
この値を大きくした場合の影響
ありません。
 
この調整可能パラメータの値を小さくする場合
システム上のプロセスの数を制限する場合、またはメモリーが圧迫されていて、かつnprocの値が予想をはるかに超える大きさである場合に限り、この値を減らす必要があります。
 
この値を小さくした場合の影響
新しいプロセスをforkできないことが原因で、アプリケーションエラーが発生するリスクが増えます。
 
同時に変更する必要がある他の調整可能パラメータ
nkthreadは、絶対にnprocより大きくなければなりません。デフォルトの式はこれを徹底するものであり、また、ランタイムカーネルもこの点をチェックします。

アプリケーションからファイルを操作できるようにする場合は、nfileとninodeを増やす必要があります。(デフォルトではありません)

デフォルトの式がnprocの倍数であるため、ksi_alloc_maxを増やす必要があります。

maxuprcは、nprocより小さくなければなりません。

これらの関連する調整可能パラメータのいくつかは、nprocの変更に応じて自動的に調整されていましたが、今後は明示的に調整を行う必要があります。

また、調整可能パラメータには、リブートしないと有効にならないものがあります。したがって、リブートせずにnprocを大幅に増やす場合は注意が必要です。

付加情報


プロセス管理パラメータの概要
  プロセス管理に関する構成可能パラメータの一覧
  構成可能カーネル・パラメータ・ヘルプのブラウズ
最初のページへ    

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項