Jump to content 日本-日本語

製品 >  ソフトウェア >  HP- UX Developer Edge

HP-UX 11i 構成可能カーネル・パラメータ(HP-UX 11.0 用)

nfile
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
システム上で同時にオープンするファイルの最大許容数を設定します。

指定可能な値:


最小値 14
最大値   メモリ・サイズに依存。
デフォルト値   ((16*(NPROC+16+MAXUSERS)/10)+32+2*(NPTY+NSTRPTY+NSTRTEL)

整数値を直接指定するか、または整数式を指定してください。詳細は、 パラメータ値の指定 を参照してください。

説明


nfileは、システム全体において同時にオープンするファイルの最大許容数を定義します。

ファイル記述子テーブルのスロット数は、このパラメータの値と同じになります。スロット数が不足するとシステムの処理能力が低下するので、このパラメータには、ある程度余裕を持たせた値を指定してください。このパラメータの値を増やしても、あまり多くのメモリは必要になりません。


関連するパラメータおよびシステム要素


nfileには、 nprocmaxusersnpty 、および nstrpty の各パラメータの組み合わせによって決定されるユーザーおよびプロセスの最大許容数に十分に見合った値を指定する必要があります。

各プロセスは、少なくとも3つのファイル記述子を使用します (標準入力、標準出力、および標準エラーの3つ)。

各プロセスには、出力側と入力側に1つずつ、合わせて2つのパイプが関連付けられます。各パイプには、ptyが1つずつ必要です。ストリーム・パイプには、さらにストリームptyが使用されますが、これらのptyの数はnstrptyによって制限されます。

付加情報


ファイルのオープンとロックに関するパラメータの概要は、 ファイルのオープンとロックに関する構成可能パラメータ 参照してください。

ファイル・システムに関するカーネル・パラメータの概要は、 ファイル・システムに関するパラメータの概要 を参照してください。

ファイル・システムに関するパラメータの概要
  ファイル・システムに関するパラメータの一覧
  構成可能カーネル・パラメータ・ヘルプのブラウズ
最初のページへ    

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

HPEサポートセンター
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項