Jump to content 日本-日本語

製品 >  ソフトウェア >  HP- UX Developer Edge

HP-UX 11i 構成可能カーネル・パラメータ(HP-UX 11.0 用)

その他の各種パラメータの概要
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
ここでは、通常は互いに関連性のない各種のHP-UXサブシステムに影響を及ぼす構成可能パラメータについて説明します。これらのパラメータの一覧は、 その他の各種構成可能パラメータ を参照してください。

非同期ディスク I/O ドライバ


max_async_ports
    システム全体において、プロセスが非同期ディスク I/O ドライバにアクセスするためにオープンするポートの最大許容数を指定します。

システム・クロック


システム・クロックに関するパラメータには、 dsttimezone の2つがあります。dstは、夏時間を使用する場合に、夏時間のスタイルを指定します。timezoneは、ローカル・タイム・ゾーンと世界協定時刻 (UTC) の間の時差を指定します。UTCは、グリニッチ標準時刻 (GMT) とも呼ばれます。

高速シンボリック・リンク・トラバーサル


create_fastlinks
    パス名の検索中でのディスクへのアクセス頻度を減らすため、効率的な形でシンボリック・リンクを作成するようにシステムに指示するバイナリ変数です。

ディスク I/O 用の関数の制御


default_disk_ir
    write()でデータを書き込んだときに、データがディスクの書き込みバッファに格納された時点で制御を戻すか、それともデータがディスク・メディア上に物理的に格納されるまで待機するかを決定します。
 
  o_sync_is_o_dsync
    O_SYNCフラグを指定してopen()またはfcntl() を呼び出す場合、O_DSYNCフラグを指定したのと同じ処理をするかどうかを決定します。このパラメータは、ファイル・データをディスクに書き込んだ後、ファイルのアクセス時刻に関する属性を更新する前に、関数の呼び出し元に戻るかどうかを制御します。

カーネル・パニック・ダンプ


alwaysdump
    カーネル・パニックの発生時にどのクラスのシステム・メモリをディスクにダンプするかを指定します。
 
  dontdump
    カーネル・パニックの発生時にどのクラスのシステム・メモリをディスクへのダンプから除外するかを指定します。
 
  initmodmax
    カーネル・パニック (システム・クラッシュ) ダンプ処理によって保存されるカーネル・モジュールの最大数を指定します。

マルチ・プロセッサー・スピンロック


これらのパラメータは、複数のプロセッサーを搭載したシステムで使用するスピンロックの割り当てを制御します。これらのパラメータは、十分な知識のあるユーザーを想定して用意されています。当社が認定したフィールド・サポート・スタッフから直接の指示がない限り、これらのパラメータを変更することは避けてください。これらのパラメータに不適切な値を設定すると、システムの性能が大幅に低下する可能性があります。

bufcache_hash_locks バッファ・キャッシュ・スピンロック・プール
chanq_hash_locks   チャンネル待ち行列スピンロック・プール
ftable_hash_locks   ファイル・テーブル・スピンロック・プール
io_ports_hash_locks   I/O ポート・スピンロック・プール
pfdat_hash_locks   Pfdatスピンロック・プール
region_hash_locks   プロセス・リージョン・スピンロック・プール
sysv_hash_locks   System Vプロセス間通信スピンロック・プール
vnode_cd_hash_locks   vnodeクリーン/ダーティ・スピンロック・プール
vnode_hash_locks   vnodeスピンロック・プール

詳細は、 スピンロック・パラメータ を参照してください。

分散サーバー・メモリ・マップ I/O


clicreservedmem
    高速分散サーバー環境においてユーザー・プロセスによる I/O マップ用に予約するシステム・メモリのバイト数を指定します。例えば、大規模なデータベース処理プロセスなどに使用されます。

等価マップ・メモリ


eqmemsize
    等価マップ・メモリとして使用できるように予約するメモリ・ページの数を指定します。主に、DMA転送に使用されます。

システム上のユーザーの最大数


maxusers
    システムにログインするユーザーの最大想定数を指定します。この値は、ほかのシステム・パラメータ定義でシステム・リソースを割り当てるときの基準となります。

待ち行列シグナル


待ち行列シグナルの動作を制御するパラメータには、 ksi_alloc_maxksi_send_max の2つがあります。ksi_alloc_maxは、システム全体において割り当て可能な待ち行列シグナルの最大数を指定します。ksi_send_maxは、プロセスが1つまたは複数の受信プロセスに送信して保留にできる待ち行列シグナルの最大数を指定します。

カーネル・タイムアウト・スケジュールの制限


ncallout
    カーネルがスケジュールするタイムアウトの最大許容数を指定します。

telnetセッションに関するパラメータ


nstrtel
    システム上で利用できるtelnetセッション・デバイス・ファイルの数を指定します。

Webサーバーに関するパラメータ


sendfile_max
    HP-UX Webサーバー上のsendfile()システム・コールが排他的に使用するバッファ・キャッシュの最大サイズを指定します。

CD-ROMファイル・システムのvnodeテーブルに関する制限


ncdnode
    CD-ROMファイル・システムのvnodeテーブルのエントリの最大数を指定します。これにより、CD-ROMファイル・システム・ノードをメモリ内に何個まで開くことができるかが決まります。

tty転送およびpty転送のブロック数


nclist
    ttyデバイスおよびptyデバイスによるデータ転送用に割り当てるcblockの最大許容数を指定します。

デバイス I/O ライブラリ・バッファ


ndilbuffers
    同時にオープンされるデバイス I/O ライブラリ・デバイスの最大許容数を指定します。

ptyエントリの数


npty
    システム上に存在する擬似ttyエントリの最大許容数を指定します。

電源異常処理に関するパラメータ


pfail_enabled
    AC電源の損失が発生したときに電源異常ルーチンを使用するかどうかを指定します。バックアップ電源ハードウェアを備えたサーバー・システムの場合にのみ適用されます。

共有ライブラリ上のパブリック保護IDに関するパラメータ


public_shlibs
    システム・性能を向上するために共有ライブラリ上でパブリック保護IDを使用できるようにするかどうかを指定します。

リアルタイム優先順位レベル


rtsched_numpri
    システム上で利用できる POSIX リアルタイム・プロセスの優先順位として指定できる数です。

ITEコンソールのスクロール・サイズ


scroll_lines
    内部端末エミュレータ (ITE) システム・コンソール上でスクロールする行数を定義します。

システム・メモリの予約領域


unlockable_mem
    システム・オーバーヘッドおよび仮想メモリの管理用に予約するシステム・メモリ (ユーザー・プロセスでロックできないメモリ) の量を指定します。

付加情報


その他の各種構成可能パラメータの一覧
  構成可能カーネル・パラメータ・ヘルプのブラウズ
最初のページへ    

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項