Jump to content 日本-日本語

製品 >  ソフトウェア >  HP- UX Developer Edge

HP-UX 11i 構成可能カーネル・パラメータ(HP-UX 11.0 用)

maxtsiz
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
共有テキスト・セグメントのサイズをバイト単位で指定します。

指定可能な値:


maxtsiz (32ビット・プロセスの場合)

最小値 262144 (256 KB)
最大値   1073741824 (1 GB)
デフォルト値   0x4000000 (64 MB)

maxtsiz_64bit (64ビット・プロセスの場合)

最小値 262144 (256 KB)
最大値   4398046507008 (約4 TB)
デフォルト値   0x4000000 (64 MB)

このパラメータには、整数値を指定してください。詳細は、 パラメータ値の指定 を参照してください。

説明


maxtsizおよびmaxtsiz_64bitは、それぞれ32ビット・プロセスおよび64ビット・プロセスについて、実行中プロセスの共有テキスト・セグメント(プログラム記憶スペース)の最大サイズを定義します。プログラムの実行可能オブジェクト・コードは読み取り専用データとして保存されるので、プログラムを2つ以上のプロセスが同時に実行している場合、これらのプロセスはこのオブジェクト・コードを共有できます。

通常のデフォルト値で、大部分のプロセスのテキスト・セグメントを格納できます。テキスト・セグメントが64 MBを超えるプロセスを実行する予定がない限り、maxtsizまたはmaxtsiz_64bitを変更しないでください。

システムが共有テキストを持つプロセスをロードする度に、システムは共有テキスト・セグメントのサイズをチェックします。プロセスのテキスト・セグメントがmaxtsizまたはmaxtsiz_64bitの値を超えた場合、システムはエラー・メッセージを出力して、プロセスを中止します。

maxtsizおよびmaxtsiz_64bitは、カーネルを再構築するか、または実行中のカーネル内でsettune() を使用することにより設定できます。SAMおよびkmtuneはsettune() を使用します。maxtsizおよびmaxtsiz_64bitに対する動的な変更は、以降に実行されるexec() コールにのみ影響を与えます。動的な形でこれらのパラメータ値を小さくしても、exec() コールが実行されるまでは、実行中のプロセスに対する影響はありません。

関連するパラメータ


maxdsiz
  maxssiz

付加情報


プロセス管理パラメータの概要
  プロセス管理に関する構成可能パラメータの一覧
  構成可能カーネル・パラメータ・ヘルプのブラウズ
最初のページへ    

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

HPEサポートセンター
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項