Jump to content 日本-日本語

製品 >  ソフトウェア >  HP- UX Developer Edge

HP-UX 11i 構成可能カーネル・パラメータ(HP-UX 11.0 用)

max_thread_proc
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
max_thread_procは、1つのプロセスで作成できるスレッドの最大数を指定します。

指定可能な値:


最小値 64
最大値   30000
デフォルト値   64

このパラメータには、整数値を指定してください。詳細は、 パラメータ値の指定 を参照してください。

説明


max_thread_procは、1つのプロセスで作成できるスレッドの最大数を指定します。これにより、暴走したプロセスが通常の動作時より多くのスレッドを作成した場合でも、システムがシステム・リソースを過剰に使用するのを防止できます。このパラメータには、/usr/include/limits.hに定義されている変数PTHREAD_THREADS_MAXと_SC_THREAD_THREADS_MAXに指定されている値が設定されます。

プロセスが複数のスレッドに細分された場合、プロセス・スペースの一部が各スレッド用に複製されるため、追加のメモリと他のシステム・リソースが必要となります。暴走したプロセスが大量のプロセスを作成した場合、またはユーザーが故意に大量のスレッドを作成することによりシステムに負担をかけた場合、システム性能が著しく低下したり、他の誤動作が誘発されるおそれがあります。

max_thread_procに値を指定する場合は、システムが実行するスレッド化アプリケーションのうち最も複雑なものについて、最も条件の悪い状態で使用した場合にこのアプリケーションが必要とする、または作成するスレッド数を調べてください。max_thread_procには、少なくとも上記の値を設定することが必要ですが、トラブルが発生した場合に他のシステムの要求が満たされなくなることがないよう、あまり大きな値に設定してはいけません。

付加情報


プロセス管理パラメータの概要
  プロセス管理に関する構成可能パラメータの一覧
  構成可能カーネル・パラメータ・ヘルプのブラウズ
最初のページへ    

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項