Jump to content 日本-日本語

製品 >  ソフトウェア >  HP- UX Developer Edge

HP-UX 11i 構成可能カーネル・パラメータ(HP-UX 11.0 用)

maxswapchunks
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
システム上で構成可能なスワップ・スペースの最大容量を設定します。

指定可能な値:


最小値 1
最大値   16384
デフォルト値   256

このパラメータには、整数値を指定してください。詳細は、 パラメータ値の指定 を参照してください。

説明


maxswapchunksは、システム上で構成可能なスワップ・スペースの最大容量を指定します。スワップ・スペースの最大容量の上限は、以下の手順で算出します。

  • 各ディスク・ブロックにはDEV_BSIZE (1024) バイトが含まれます。 DEV_BSIZEは、システム全体の大容量記憶ブロック・サイズであり、構成は不可能です。
  • スワップ・スペースはチャンク単位でデバイスごとに割り当てられます。各チャンクは、 swchunk のブロックを含みます。swchunkに適切な値を設定するには、システム内部に関するきわめて高度な知識が必要です。詳しい知識がない場合は、swchunkの値を標準のデフォルト値から変更しないでください。
  • システム全体におけるスワップ・スペースの最大チャンク数はmaxswapchunksで指定されています。
  • スワップ・スペースの最大バイト数は、以下の式で算出します。
maxswapchunks × swchunk × DEV_BSIZE

例えば、swchunkのデフォルト値(2048)とmaxswapchunksのデフォルト値(256)を使用し、DEV_BSIZEが1024バイトとすると、構成可能な全スワップ・スペースは537 MBとなります。

値を指定する


システムのディスク・デバイス上で使用可能なスワップ・スペースの容量は、ファイル/etc/fstabの内容によって決定され、カーネル構成の影響は受けません。

スタンドアロン・システムまたはローカル・スワップ・スペースを持つクラスター・クライアントの場合、maxswapchunksには、予測されるすべてのスワップに見合う十分なスワップ・スペース容量をサポートする値に設定することが必要です。このパラメータを十分な大きさの値に設定して、カーネルを再構成する必要がないようにしてください。

サーバー・ノードの場合、このパラメータには、サーバーのローカル・スワップに必要なスペースだけでなく、スワップを使用する各クライアント・ノードにも十分なスワップが確保される値に設定してください。少なくとも、各クライアントが使用するメモリ量と同等のスワップ・スペースを割り当ててください。

関連するパラメータ


構成可能なスワップ・スペースは以下の式により定義されます。

maxswapchunks × swchunk × 1024バイト

システム側が使用する最大スワップ・スペースは1テラバイト (1.09兆バイト) です。

付加情報


メモリ・ページング・パラメータの概要
  メモリ・ページングに関する構成可能パラメータの一覧
  構成可能カーネル・パラメータ・ヘルプのブラウズ
最初のページへ    

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項