Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  HP- UX Developer Edge

HP-UX 11i 構成可能カーネル・パラメータ(HP-UX 11.0 用)

hfs_max_ra_blocks
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
単一のHFSファイル・システムについて、カーネルが未処理のまま先読みできる最大ブロック数を設定します。

指定可能な値:


最小値 0
最大値   128
デフォルト値   8

このパラメータには、整数値を直接指定するか、または整数式を指定してください。詳細は、 パラメータ値の指定 を参照してください。

説明


ディスク・ドライブからのデータ読み取り時に、システムは要求された以上のデータを余分に読み取ることができます。この「先読み」処理は、データがさらに必要になると予測して、要求される前にそれらのデータをシステム・バッファに読み込んで利用可能にしておくことにより、順次ディスク・アクセスの速度を向上しようというものです。このパラメータは、各HFSファイル・システムについてカーネルが先読みできるブロック数を制限します。この制限値は、個々のHFSファイル・システムに適用されるものであり、システム全体に対する制限値の合計ではありません。

hfs_max_ra_blocksおよび hfs_ra_per_disk は、そのシステムの作業負荷上の特徴に応じて調整する必要があります。

注: 現在のディレクトリを含んでいるファイル・システムのブロック・サイズを確認するには、以下のコマンドを実行します。

df -g .

例:


  1. ソフトウェア開発環境では、一般にI/Oサイズは小〜中程度で、多数のディスク・シークが実行されます。そのため、hfs_max_ra_blocksは8〜16ブロックに、hfs_ra_per_diskは32〜64KBに設定してください。


  2. MCAEアプリケーションのOut-of-coreソルバには重要な順次I/Oコンポーネントがあるため、hfs_max_ra_blocksは64〜128ブロックに、hfs_ra_per_diskは128〜256KBに設定してください。

関連するパラメータ


HFSでの先読み操作:

HFSでの逆方向への先読み操作:

VxFSでの先読み操作:

付加情報


ファイル・システムに関するパラメータの概要
  ファイル・システムに関するパラメータの一覧
  構成可能カーネル・パラメータ・ヘルプのブラウズ
最初のページへ    

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡