Jump to content 日本-日本語

製品 >  ソフトウェア >  HP- UX Developer Edge

HP-UX 11i 構成可能カーネル・パラメータ(HP-UX 11.0 用)

Fibre-Channelに関するカーネル・パラメータの概要
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
Fibre-Channel SCSIサブシステム および、Fibre-Channel Protocol (FCP)を使って相互作用するシステムプロセッサーとペリフェラルデバイスとの通信には、2つのカーネール構成パラメータが関係しています。この2つのパラメータは、FCPによる読み取り、書き込み、制御といった各種要求の同時実行をサポートするために割り当てられるメモリの量とタイプのデフォルト設定に使われます。

num_tachyon_adapters
    FCP要求用に割り当てられるメモリ領域は、特定の要求条件を満たす必要があります。num_tachyon_adaptersパラメータは I/O 仮想アドレッシングを提供していないシステムで、これらの要求を満たすメモリを確保するために使われます。このパラメータに指定した値によって、割り当てるメモリのタイプが決定され、システム内のTachyonベースのFibre-Channelアダプタの数が決定されます。
     
  max_fcp_reqs
    FCPアダプタ上で許容される同時FCP要求の数は、デフォルトでは、512までに制限されます。この制限を変更するには、max_fcp_reqsを使います。同時要求の制限数は、構成、デバイスの特性、I/O 負荷、ホスト・メモリ、その他FPSソフトウェア側では容易に判別できない値など、さまざまな要素を考慮して適切に設定する必要があります。

付加情報


LVMパラメータの概要
  構成可能カーネル・パラメータ・ヘルプのブラウズ
最初のページへ    

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項