Jump to content 日本-日本語

製品 >  ソフトウェア >  HP- UX Developer Edge

HP-UX 11i 構成可能カーネル・パラメータ(HP-UX 11.0 用)

executable_stack
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
スタック領域でのプログラム実行を有効/無効にします (セキュリティ機能)。

指定可能な値:


最小値 0
最大値   2
デフォルト値   1

このパラメータには、整数値を指定してください。0は無効、1は有効、2は警告付きで有効です。
パラメータの基礎知識については、パラメータ値の指定 を参照してください。

説明


executable_stackは、通常試みられることが多いセキュリティ侵害に対する保護手段を提供します。このパラメータでは、システムのメモリマッピング・ハードウェアを使用するかどうかについて、システム全体のデフォルト値を設定できるため、最も一般的なセキュリティ侵害方法の1つである「スタック・バッファ・オーバーフロー攻撃」の防御に役立ちます。

executable_stackは、通常試みられることが多いセキュリティ侵害に対する保護手段を提供します。このパラメータでは、システムのメモリマッピング・ハードウェアを使用するかどうかについて、システム全体のデフォルト値を設定できるため、最も一般的なセキュリティ侵害方法の1つである「スタック・バッファ・オーバーフロー攻撃」の防御に役立ちます。

executable_stackは、通常試みられることが多いセキュリティ侵害に対する保護手段を提供します。このパラメータでは、システムのメモリマッピング・ハードウェアを使用するかどうかについて、システム全体のデフォルト値を設定できるため、最も一般的なセキュリティ侵害方法の1つである「スタック・バッファ・オーバーフロー攻撃」の防御に役立ちます。

このパラメータについては、chatr(1) マン・ページ内の '+es' オプションの説明も参照してください。このパラメータの影響、有効な設定値の意味、各自のシステム上で異なる設定が必要かどうかの判断方法、セキュリティと互換性の兼ね合いを考慮してシステム全体に対する設定とアプリケーションごとの設定を最適な形で組み合わせる方法などが示されています。

付加情報


st_large_recs
  構成可能カーネル・パラメータ・ヘルプのブラウズ
最初のページへ    

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

HPEサポートセンター
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項