Jump to content 日本-日本語

製品 >  ソフトウェア >  HP- UX Developer Edge

HP-UX 11i 構成可能カーネル・パラメータ(HP-UX 11.0 用)

dst
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
dstは、夏時間への変換を可能/不可能にし、変換スケジュールを指定します。

指定可能な値:


以下の整数値のいずれかを指定してください。

0 夏時間を使用不可能にします。
1   夏時間を米国形式に設定します(デフォルト)。
2   夏時間をオーストラリア形式に設定します。
3   夏時間を西ヨーロッパ形式に設定します。
4   夏時間を中央ヨーロッパ形式に設定します。
5   夏時間を東ヨーロッパ形式に設定します。

値の入力方法については、 パラメータ値の指定 を参照してください。

説明


dstは、夏時間に変換するかどうか、また夏時間と標準時間の変換にどのスケジュールを使用するかを指定します。

このパラメータを 0 に設定すると、夏時間への変換が使用不可能になります。0 でない値に設定すると、夏時間への変換が可能になり、ファイルusr/include/sys/time.hでの以下の定義に従って変換スケジュールを選択できます。

#define DST_NONE 0 /* not on dst */ (夏時間使用不可能)
#define DST_USA   1   /* USA style dst */   (米国形式)
#define DST_AUST   2   /* Australian style dst */   (オーストラリア形式)
#define DST_WET   3   /* Western European dst */   (西ヨーロッパ形式)
#define DST_MET   4   /* Middle European dst */   (中央ヨーロッパ形式)
#define DST_EET   5   /* Eastern European dst */   (東ヨーロッパ形式)

関連するパラメータ


timezone
    dstとtimezoneは共に、システム・クロック・ルーチンが使用するパラメータで、環境変数TZとの整合性が維持されていることが必要です。詳しくは、HP-UX Referenceのenviron(5)とlogin(1)を参照してください。

付加情報


その他の各種パラメータの概要
  その他の各種構成可能パラメータの一覧
  構成可能カーネル・パラメータ・ヘルプのブラウズ
最初のページへ    

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項