Jump to content 日本-日本語

製品 >  ソフトウェア >  HP- UX Developer Edge

HP-UX 11i 構成可能カーネル・パラメータ(HP-UX 11.0 用)

アカウンティングの中断と再開の概要
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
プロセス・アカウンティング・サブシステムは、システム管理者によって起動され、システム・プロセスとユーザー・プロセスの情報を格納するためのログ・ファイルの保守を行います。状況によってはこのログ・ファイルは容量が増大するため、ログ・ファイルが格納されているファイル・システム上の、他のファイル用の使用可能なスペースを圧迫する場合があります。

プロセス・アカウンティングが実行中の場合で、アカウンティング・ファイルが格納されているファイル・システムの使用可能なスペースがしきい値を下回った場合、システムはプロセス・アカウンティングを中断します。このしきい値は、システム・ブート時のカーネル・パラメータ acctsuspend の値と、ファイル・システム作成時に定義されているファイル・システム・パラメータ minfree の値の符号付き合計値として定義します。プロセス・アカウンティングが中断された場合は、以下のメッセージが出力されます。

Accounting suspended

このとき、アカウンティングを再開するのに十分なスペースが使用可能になるまで、アカウンティングは中断されます。再開するためのしきい値は、カーネル・パラメータ acctresume の値と、ファイル・システム・パラメータminfreeの値の符号付き合計値として定義します。アカウンティングの中断と再開との矛盾を防止するため、acctresumeの値は必ず、acctsuspendの値より大きく設定することが必要です。

十分なファイル・システム・スペースが使用可能になり、アカウンティングが再開されると、以下のメッセージが出力されます。

Accounting resumed

値の範囲: アカウンティング中断のしきい値


アカウンティングを中断するしきい値は、0〜100%までの、使用可能なファイル・システムの容量を示す任意のパーセンテージに設定できます。ただし、 acctsuspend の値と minfree の合計が0または負の値となる場合は、中断しきい値が0%に設定されるため、アカウンティングを中断せずに、予約されている最小空きスペース全体をアカウンティング・ファイルで上書きできます。

acctsuspendとacctresumeの値の指定方法については、 しきい値の指定 を参照してください。

値の範囲: アカウンティング再開のしきい値


アカウンティングを再開するしきい値についても、0〜100%までの、使用可能なファイル・システムの容量を示す任意のパーセンテージに設定できます。システム・ブート時のacctresumeと minfree との符号付き合計値が100%またはそれ以上になった場合、使用可能なファイル・システムが100%使用可能になるまで、アカウンティングは再開できません。これは、ファイル・システムが完全に空になるか(このような状況が発生する可能性は低いですが)、システムを再ブートするか、またはキーボードからstartupコマンドを実行するまで、アカウンティングは中断されたままであることを意味します(HP-UX Referenceのacctsh(1M) を参照)。より実用的な観点で言えば、ファイル・システム上の通常の最大空きスペースより再開しきい値を大きく設定すると、プロセス・アカウンティングが再開されなくなります。

付加情報


アカウンティングに関する構成可能パラメータの一覧
  しきい値の指定
  構成可能カーネル・パラメータ・ヘルプのブラウズ
最初のページへ    

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項