Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand

ホワイトペーパー

ハイ・アベイラビリティ
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む

ハイ・アベイラビリティに関するホワイト・ペーパー


Serviceguardが優れている理由 (PDF: 1.16MB) New!

「なぜServiceguardはクラスターソフトウェアとして優れているのか?」 Serviceguard11.19の概要とともに、その理由を説明します。

HP 9000(PA-RISC)サーバーおよびHP Integrity(IPF)サーバー間のOracleデータベースフェイルオーバー (PDF: 291KB)

Oracle Database 10g Release 2またはOracle9i Database Release 2データベースあるいは複数のデータベースの共存について説明します。

HP-UX Serviceguard環境におけるストレージ マルチパスの選択 (PDF: 435KB)

HP-UX Serviceguard環境において利用できるマルチパス ソリューションの概要について述べ、特定の構成において複数のマルチパス ソリューションを使用できる場合に、どのソリューションを選択するべきかについて説明します。

CVM/CFSを含むHP Serviceguard 11.17へのアップグレード (PDF: 337KB)

Serviceguard A.11.17とVERITAS Storage Foundation 4.1にアップグレードする際には、いくつか留意すべき点があります。本書は、その留意点について説明します。

Serviceguardのセキュリティ ファイルの編集 (PDF: 88.7KB)

Servicegurad A.11.16 でアクセス制御ポリシーが追加されたことにより、A.11.16 と A.11.16 より前のバージョンとは、受信コマンドを認証する方法、および名前解決サービスやセキュリティ ファイルの設定方法が若干異なります。本書では、A.11.16 と A.11.16 より前のバージョンごとに、それぞれの設定方法を説明します。

Serviceguardのセキュリティ強化 (PDF: 261KB)

Serviceguard ユーザが受けやすい攻撃への対処として、効率的で低コストのソリューションを紹介します。

HP Serviceguard構成ルール ― HP 9000/Integrityサーバー混合クラスター
(PDF: 877KB)

2種類のサーバーを使用して新しいクラスターを作成する方法、および既存のHP 9000クラスターまたはHP Integrityクラスターをアップグレードし、両方の種類のサーバーを含むクラスターを構成する方法について解説します。

HP ServiceguardによるMicro Focus Enterprise Serverクラスター化の検証報告
(PDF: 1.3MB)

ServiceguardとEnterprise Serverを組み合わせ、如何に信頼性・可用性の高いCOBOLサービスシステムを提供していくか、その方法について検証し、説明しています。

HP-UXハイアベイラビリティ (PDF: 605KB)

本書では、HP-UX におけるハイアベイラビリティへの総合的な取り組みについて説明しています。「実際にダウンタイムを引き起こす要因を如何に解決しているか」、ということを重視してコンピュータシステムのハイアベイラビリティを考えます。

クラッシュ ダンプ機能 ― HP-UX 11i v3における改良点 (PDF: 463KB)

HP-UX 11i v3で強化されたクラッシュ ダンプ ユーティリティの可用性と管理性の改良点について詳しく説明します。

HP-UX Compressed Dump (PDF: 434KB)

本書では、HP-UX 11i v2のカーネル ダンプ サブシステムに導入されるCompressed Dumpの機能について説明しています。この機能は、システム クラッシュ時の HP-UX のメモリ ダンプを高速化することによって、システムの可用性を向上します。

Serviceguard環境でのフェイルオーバー時間の最適化 (PDF: 498KB)

まずHP Serviceguard のフェイルオーバープロセスについて説明します。次に、クラスターのフェイルオーバー時間を最適化する方法を説明します。さらに、フェイルオーバープロセスのうちのServiceguard 部分を短縮するため、別途購入可能なServiceguardアドオン製品Serviceguard Extension for Faster Failoverについて説明します。

High Availability Update 2003 (PDF: 1.4MB)

本書は、HP-UX のハイアベイラビリティ製品(主にServiceGuard )の最近1 年の更新情報をまとめたものです。ServiceGuard (PA-RISC およびItanium プラットフォーム)、ServiceGuard OPS Edition、ServiceGuard Extension for RAC (PA-RISC およびItanium プラットフォーム)、Quorum Server、ServiceGuard Manager対して行われた新たな機能拡張やサポートの追加項目を紹介します。このドキュメントは、MC/ServiceGuard およびServiceGuard OPS Editionについて既に基礎的な知識を持つユーザーを対象としています。

HP-UX11iによるハイアベイラビリティ・ネットワークの実現 (PDF: 702KB)

本資料では、ネットワークから単一障害 の要因を排除する方法、およびサービスの停止中に、障害を個別のセグメントとして分けることにより、ユーザーへの影響を最小限に抑えるための対策をご紹介します。またデュアルタイプのFDDI カード、およびHP ServiceGuard といった製品と、HP-UX 11i オペレーティング環境におけるネットワークの管理機能を組み合わせ、どのようにネットワーク・アベイラビリティの水準が改善されるかについても紹介します。

インターネット環境におけるハイアベイラビリティの考え方 (PDF: 692KB)

HA (ハイアベイラビリティ)コンピューティング環境を設計するにあたり、その主体となる企業をはじめ、プラットフォーム・ベンダやサービス・プロバイダの各社がHAに関連する概念と用語について共通の認識を持つことが不可欠の条件となります。この資料では、アベイラビリティと障害に関する一般的な用語を定義することに加え、HAを実装するためのさまざまな手法、およびインターネットに特化したHP-UX 11i オペレーティング環境における実装方法を紹介します。

ダイナミック・プロセッサー・デアロケーションおよびダイナミック・プロセッサー・レジリエンス (PDF: 249KB)

ダイナミック・プロセッサー・レジリエンス(Dynamic Processor Resilience) と呼ばれるテクノロジによって、HP-UX システムは、PA-RISCベースのプロセッサーの動作を監視し、障害を未然に予測して、システム障害に至る致命的なエラーが実際に発生する前に、問題のあるプロセッサーを動的に割り当て解除することが可能になります。ダイナミック・プロセッサー・レジリエンスは、HP が業界随一のシステム・アベイラビリティを達成する基盤となっている主要テクノロジのひとつです。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

HPEサポートセンター
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
 このページのトップへ戻る
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイト より、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項