Jump to content 日本-日本語

製品 >  ソフトウェア >  HP- UX Developer Edge

UNIX95のプログラミングとHP-UXのバイナリ互換性

ライブラリファイルの混在
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
Classic の動作に依存するライブラリファイルは、UNIX95 の動作に依存するライブラリと混在することができません。ライブラリが setpgrp3 または nftw2 に変更された (10.0 のリリースで推奨) 場合、これらは setpgrp や nftw を使用する UNIX95 アプリケーションと一緒に使用できます。

アプリケーションが依存するソースコードの場合、サードパーティのライブラリから提供される関数が使用されているため、ソースコードを変更することができない場合もあります。この状況に対応するには、以下の解決策を利用します。これらの動作環境は厳密な準拠という原理に違反しますが、UNIX95 APIに完全に準拠するようアプリケーションを変更できるまでは、うまく機能します。

  • setpgrp -
    Classic動作に依存するアプリケーションのソースコードが入手できず、しかもアプリケーションの他の部分は関数setpgrpのUNIX 95動作に依存しない場合、次の例に示すコードを含むアプリケーションをリンクするときに、アプリケーション開発者はリロケータブルモジュールを組み込むことができます。 #include <signal.h> int setpgrp(pid, pgrp) int pid; int pgrp; { return setpgrp3(pid, pgrp); } この関数を使用すれば、開発者は、変更されていないリロケータブルモジュールをClassicのsetpgrp関数にリンクできます。
  • nftw -
    Classic動作に依存するアプリケーションのソースコードが入手できず、しかもアプリケーションの他の部分は関数nftwのUNIX 95動作に依存しない場合、次の例に示すコードを含むアプリケーションをリンクするときに、アプリケーション開発者はリロケータブルモジュールを組み込むことができます。 #include <ftw.h> int nftw(filename, fn, flag, depth) char *filename; int (*fn)(); int flag; int depth; { return nftw2(filename, fn, flag, depth); } この関数を使用すれば、開発者は、変更されていないリロケータブルモジュールを一見Classicらしいnftw関数にリンクできます。
UNIX95のプログラミングとHP-UXのバイナリ互換性
UNIX95環境に合わせたシステムの設定
  コマンドによる
プログラミング 1
  コマンドによる
プログラミング 2
  コマンドによる
プログラミング 3
  動作環境
  プロセスシグナル
  nftw/sigpause/setpgrp関数
    ライブラリファイルの混在
  付録
  関数の変化
  まとめ

目次に戻る 前のページへ 次のページへ

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

HPEサポートセンター
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項