Jump to content 日本-日本語

製品 >  ソフトウェア >  HP- UX Developer Edge

UNIX95のプログラミングとHP-UXのバイナリ互換性

UNIX95環境に合わせたシステムの設定
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
UNIX95の環境設定をサポートするようリリース10.10 の HP-UX システムを更新するには、次のコードパッチを組み込みます。

パッチ

コンポーネント

PHCO_6587 df(1)
PHCO_6633 ex(1)、vi(1)
PHCO_6705 od(1)
PHCO_6712 stty(1)
PHCO_6772 getconf(3)
PHCO_6809 libc
PHCO_7499 read(1)
PHCO_7035 ps(1)
PHKL_6765 POSIX_UPE
PHNE_6688 mailx(1)
PHNE_6726 STREAMS(s800)
PHNE_6727 STREAMS(s700)
UNIX95のプログラミングとHP-UXのバイナリ互換性
  UNIX95環境に合わせたシステムの設定
  コマンドによる
プログラミング 1
  コマンドによる
プログラミング 2
  コマンドによる
プログラミング 3
  動作環境
  プロセスシグナル
  nftw/sigpause/setpgrp関数
  ライブラリファイルの混在
  付録
  関数の変化
  まとめ

これらのパッチを組み込めば、ユーザはセッションを設定できるため、コマンドとライブラリが UNIX95プロファイルに準拠します。

UNIX95 セッションを設定するには、ユーザは環境変数 UNIX95 を設定し、さらに環境変数 PATH を設定して /bin エントリと /usr/bin エントリの前に /usr/bin/xpg4 エントリを書き込む必要があります。 たとえば、ユーザのプロファイルに次のエントリを書き込めば、UNIX95の環境が有効になります。

UNIX95=
export UNIX95
PATH=/usr/bin/xpg4:/bin:/usr/bin
export PATH


セッションに UNIX95プロファイルが設定されたら、ユーザは、厳密に準拠するコマンドとライブラリだけに限定してシステムを使用してください。 コマンドとライブラリは、UNIX95プロファイルに記述された API だけを使用する場合、または元から厳密に準拠している他のコマンドやライブラリを使用する場合に、厳密に準拠するものと言えます。 UNIX95プロファイルに先行するコマンドと関数は、本書では Classic HP-UX のコマンドと関数として示します。 セッションが UNIX95に設定されている場合、UNIX95プロファイルの範囲に含まれない API の使用はサポートされていません。(*注)

UNIX95プロファイルの目的は、異なるベンダーによって開発されたシステム間で移植性を実現することにあります。 UNIX95API と Classic API の混在が望ましくない理由は、次に示すように2つあります。

  1. アプリケーションが統一 UNIX 仕様の範囲に含まれない API を使用する場合、その関数が UNIX95に準拠する他のプラットフォームでも使用できるという保証はありません。
  2. いくつかの Classic API は、同じ名前の API の UNIX95定義と衝突したり、他の UNIX95API と衝突することがあります。 時間の経過と共に、アプリケーションは準拠するように変更され、他のプラットフォームに移植されます。 その場合、アプリケーションはこれらの API を使用できます。 過渡期においては、アプリケーションは UNIX95環境に移行されます。 以上のような理由から、厳密な準拠という制約は、不合理なものとはいえません。

*注) XPG4 の UNIX95プロファイルは Classic HP-UX とは互換性のない関数を提供し、ヒューレットパッカードは顧客のソフトウェア投資を保護することを確約しているため、このリリースではデフォルトとして Classic の動作を行ないます。 Classic の多くのライブラリとアプリケーションは、まだ厳密に準拠するように変更されていません。 このリリースの HP-UX の目的は、アプリケーション開発者がこれを使用して、自分のアプリケーションとライブラリを厳密に準拠させるよう変更することにあります。 将来のリリースでは、UNIX95をデフォルト設定とする可能性があります。


目次に戻る   次のページへ

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

HPEサポートセンター
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項