Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP- UX Developer Edge

検証作業が明らかにした「WebLogic+仮想化」の
潜在力・前編

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
検証作業が明らかにした「WebLogic+仮想化」の潜在力・前編
BEAシステムズの「WebLogic Server」は、市場でもっとも大きな成功を収めたJ2EEアプリケーション・サーバである。しかし、たとえWebLogic Serverをもってしても、ハードウェアの限界を超える負荷が集中すれば、サービスのレスポンスは低下してしまう。そこで、もし「ハードウェアの性能をソフトウェアから自由に制御できる環境」が存在すれば、これまでアプリケーション・サーバをとらえてきたハードウェアの呪縛を解くことができる。それを可能にするのが、仮想化技術である。今回は、HP BEAコンピテンス・センタとHP Oracle ソリューション・センタの共同検証結果をもとに、HPの仮想化技術がWebLogic Serverの潜在力をどの程度まで引き出せるかレポートしたい。
検証作業が明らかにした「WebLogic+仮想化」の潜在力・前編
WebLogicの呪縛を仮想化技術が解放する
オンラインショッピングのシナリオ
2005年8月
テクニカルライター 吉川和巳

WebLogicの呪縛を仮想化技術が解放する

BEA WebLogic Server
図 1:BEA WebLogic Server
BEAシステムズの「WebLogic Server」は、市場でもっとも大きな成功を収めたJ2EEアプリケーション・サーバである(図1)。国外はもとより、国内でも大手都市銀行や証券会社、携帯電話会社、鉄道、放送局、コンビニエンスストアなどの基幹系を支えるミドルウェアとして、業界標準の地位を確立した。オープンシステムとJavaの組み合わせがメインフレームを十分に代替できることを示した功績は大きい。

WebLogic Serverのようなアプリケーション・サーバの役割は、ユーザから集まる大量のリクエストをさばき、ハードウェアの能力を最大限に引き出しつつ、個々のトランザクションを確実に実行すること。しかし、いかに優秀なアプリケーション・サーバ製品でも、ハードウェアの限界を超える性能は達成できない。例えば、あらかじめ用意されたCPUリソースを上回る負荷が集中すれば、たとえWebLogic Serverをもってしても、サービスのレスポンスは低下してしまう。

しかし、もし「ハードウェアの性能をソフトウェアから自由に制御できる環境」が存在すれば、これまでアプリケーション・サーバをとらえてきたハードウェアの呪縛を解くことができる。それを可能にするのが、メインフレームで生まれオープンシステムで開花しつつある仮想化技術である。例えば、WebLogic Serverに供給するCPUリソースを仮想化し、負荷状況に応じてリアルタイムに増減させることで、上述したようなレスポンス低下を抑えて高い可用性を実現できる。こうしたアプリケーション・サーバと仮想化技術の組み合わせは、ポスト・メインフレーム時代の新しい基幹系のあり方を提示している。

日本BEA+日本ヒューレット・パッカードによる共同検証

HP BEAコンピテンス・センター
図 2:HP BEA
コンピテンス・センター
日本BEAと日本ヒューレット・パッカードでは、両社のエンジニアによる共同検証のための施設を整えた「HP BEAコンピテンス・センター」を日本ヒューレット・パッカードの市ヶ谷事務所に常設している(図2)。今回、同センターのHP-UX技術者は、WebLogic ServerとHPの仮想化技術のコンビネーションによるパフォーマンス検証テストを実施した。そこで以下では、この検証作業のいきさつを紹介し、仮想化技術がアプリケーション・サーバの潜在力をどの程度まで引き出せるかレポートしたい。

今回の検証では、以下のようなビジネスシナリオが設定された。
  • WebLogic Serverで構築されたオンラインショッピングサイト
  • お客様は「一般ユーザ」と「プレミアユーザ」の2種類
  • 各ユーザのサービス需要予測は困難
  • 混雑時には一般ユーザよりもプレミアユーザに優先的にサービスを提供したい
これらのうち、今回の検証のポイントは、最後の「混雑時には一般ユーザよりもプレミアユーザに優先的にサービスを提供したい」という要件である。一般ユーザとプレミアユーザを同じハードウェアで収容すると、サイト混雑時にはプレミアユーザのサービスレベル低下が避けられない。とはいえ、各ユーザのサービス需要予測は困難なため、一般ユーザとプレミアユーザを個別のサーバに分けるのはムダが多すぎる。そこで、同じハードウェアで両ユーザをサポートしつつも、仮想化技術による動的なワークロード分配を使い、プレミアユーザには一定のサービスレベルを確保することは可能か――というのが、今回の検証作業の趣旨である。

検証用システムの構成

図3は、今回の検証作業に使用されたシステム構成である。
 
検証用システムの構成
図 3:検証用システムの構成
  検証用に用意されたハードウェアは、32個のインテル®Itanium® プロセッサーを搭載したハイエンドサーバ、HP Integrity Superdomeである。同サーバをnPartitionsと呼ばれるハードウェアパーティションによりnPar0からnPar2までの3つに分割、それぞれに8個のItaniumと32GBメモリを割り当てた。これら3つのパーティションは、各自が完全に独立した1台のサーバとして動作する。なお、各パーティション間は1000Base-TXスイッチで結んでいる。

nPar1のアプリケーション・サーバ構成
図 4:nPar1のアプリケーション・サーバ構成
図3に示したとおり、nPar0は負荷生成用クライアントとして使用し、日本ヒューレット・パッカードが作成した負荷生成ソフトウェアを動作させる。一方、nPar1はテスト対象のアプリケーション・サーバとして使用し、BEA WebLogic Server 8.1 SP4と日本ヒューレット・パッカード作成のテスト用J2EEアプリケーションを搭載する。そしてnPar2には、データベースサーバとしてOracle 10g Enterprise Editionをインストールした。

nPar1のアプリケーション・サーバの構成をもう少し詳しく見ていこう。図4は、nPar1内部のWebLogic Serverの配置を示した図である。

nPar1の内部では、一般ユーザ用とプレミアユーザ用の合計2つのWebLogic Serverインスタンスが動作し、8個のCPUを共有している。また両インスタンスは、nPar2のOracleデータベースを共有する構成である。
トップへ   次のページへ

本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

HPEサポートセンター
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項