Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand  >  “まるごと仮想化”のここが「ツボ」

連載 “まるごと仮想化”のここが「ツボ」

第6回:仮想化環境でのクラスターウェアの使いこなし術
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
連載 “まるごと仮想化”のここが「ツボ」 第6回:仮想化環境でのクラスターウェアの使いこなし術
Integrity VMはHP-UXのための仮想化技術であることから、ミッションクリティカル環境での利用がおのずと多くなるはずだ。そこで今回は、HP-UXでの可用性確保になくてはならないクラスターウェアであるHP ServiceguardとIntegrity VMの組み合わせについて説明する。ここで紹介する構成はいずれもHP社内で検証済みでありサポート対象のソリューションであるため、ぜひ実運用環境への導入も積極的に検討していただきたい。
連載 “まるごと仮想化”のここが「ツボ」 - 第6回 -
「ゲストOS+Serviceguard」構成の使い方
「ホストOS+Serviceguard」構成の使い方
2009年11月
ページ: 1   2   |   次へ 

「ゲストOS+Serviceguard」構成の使い方

Integrity VMとHP Serviceguard(以下、Serviceguard)を組み合わせるには、大きく分けて以下の2種類の方法がある(ちなみにこの両者の共存も可能である)。
  • ゲストOS+Serviceguard
  • ホストOS+Serviceguard
まずは、「ゲストOSでServiceguardを使う」方法について説明しよう。この場合、ゲストOSの内部にServiceguardをインストールし、ゲストOS上で動作する個々のアプリケーションについてServiceguardのパッケージを作成する。これにより、アプリケーション障害をはじめ、ゲストOSの障害、および物理サーバーの障害のいずれが発生した場合でも、スタンバイ側のゲストOS上で動作するアプリケーションにフェイルオーバーされ、サービスの継続が可能になる。

ゲストOS内でServiceguardを使う
図1:ゲストOS内でServiceguardを使う

この方法のメリットは、既存のServiceguardパッケージ設定やスクリプト等をそのまま利用できる点だ。Serviceguardクラスターの運用管理の手順等も特に変える必要がない。

ボックス内クラスターで開発/テスト環境構築

またゲストOS+Serviceguard構成では、「ボックス内クラスター」と呼ばれるユニークな構成も可能だ。これは、1台の物理マシン上で2つのゲストOSを稼働させ、それらの間でServiceguardによるフェイルオーバーが可能なパッケージを構成する方法である。

1台の物理マシン上で動く2つのゲストOS間でServiceguardを使う
図2:1台の物理マシン上で動く2つのゲストOS間でServiceguardを使う

もちろん、この場合は物理マシンの障害に対する保護は行われないものの、両ゲストOS間でのストレージやネットワークセグメントの共有が簡単に構成できる。“本物”のServiceguardクラスターを構築するために必要なSANやネットワーク機器を用意しなくてもよいので、例えばServiceguardを利用するシステムの開発環境やテスト環境、もしくはServiceguardのトレーニング環境などの構築に便利な方法である。

仮想/物理クラスターでスタンバイ機を集約

ゲストOS+Serviceguard構成のもうひとつの使い方は、プライマリ側を従来どおりの「物理マシン+Serviceguard」という形態にし、スタンバイ側を「ゲストOS+Serviceguard」とすることで、それらの間でフェイルオーバーさせる構成である。ちなみに、物理マシンの代わりにnParもしくはvParを選択することも可能だ。この場合、スタンバイ側には複数のゲストOSを集約できるので、物理マシン1台を数多くのプライマリ機に対するスタンバイ機として用いることが可能だ。これにより、これまではハードウェアのコスト増などを理由にServiceguardクラスターの構築が敬遠されていた用途でも、少ないコストで敷居の低い導入が可能になるはずだ。

連載記事一覧 ページ: 1   2   |   次へ  次のページへ

本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項