Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand  >  “まるごと仮想化”のここが「ツボ」

連載 “まるごと仮想化”のここが「ツボ」

第5回:オンラインマイグレーション機能の実際
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
連載 “まるごと仮想化”のここが「ツボ」 第5回:オンラインマイグレーション機能の実際
2009年4月にリリースされた最新版「HP Integrity VM 4.1」では、新たに「HP Integrity VMオンラインマイグレーション」機能が利用可能になった。これは、Integrity VM上で動作するゲストOS(仮想マシン)を、稼働状態のまま別のホストOSへと移行するという機能である。そこで今回は、このオンラインマイグレーション機能の特徴と使い方を紹介したい。
連載 “まるごと仮想化”のここが「ツボ」 - 第5回 -
ゲストOSを数秒で移行できる「オンラインマイグレーション」
オンラインマイグレーションの実例
2009年10月
ページ:  戻る   |   1   2

オンラインマイグレーションの実例

ではここで、オンラインマイグレーションの実際の例を紹介したい。ここでは仮想マシンでデータベースを動作させたままオンラインマイグレーションを行った場合の動きを、検証中のデータを交えながら順を追って紹介しよう。

以下の画面は、移行前のホストOSおよびゲストOSの稼働状況を管理ツールHP Integrity Essentials Virtualization Manager(以下、Virtualization Manager)上で表示したものである。

Visualization Manager上でホストOSとゲストOSを表示した例
図3:Visualization Manager上でホストOSとゲストOSを表示した例

この画面では、ホストOS「hpjwit143」上で2つのゲストOS「hpjwit100」および「hpjwit101」が稼働している状況が表示されている。このうち、hpjwit100上ではアプリケーションが稼働中だ。このアプリケーションを稼働させたまま、hpjwit100をもうひとつのホストOS「hpjwit145」に移行する検証を行う。

以下の画面は、オンラインマイグレーションを実行した際のコマンド表示例である。

オンラインマイグレーションの実行例
図4:オンラインマイグレーションの実行例

ここではまず、移行元のホストOSであるhpjwit143にて以下のhpvmmigrateコマンドを実行し、オンラインマイグレーションを開始している。

# hpvmmigrate -o -P vm01 -h hpjwit145

ここで、オプション「-P vm01」は移行するゲストOS(vm01=hpjwit100)を指定し、またオプション「-o」はオンラインマイグレーションの実行を指定している。またオプション「-h hpjwit145」では、移行先のホストOSを指定している。

このコマンドを実行すると、以下の各フェーズを経てマイグレーションが実行される。
  • 初期化フェーズ:ホストOS間の接続の確立、各種の確認、移行先ゲストOSの起動など
  • コピーフェーズ:ゲストOSのメモリ書き込みを追跡し、メモリー内容をすべてコピーする
  • I/O静止フェーズ:新しい I/O リクエストの発行を停止し、既に発行された I/O が完了するのを待つ
  • フリーズフェーズ:ゲストOSの仮想 CPU を停止し、変更されたメモリー内容とゲストOSの状態を移行先にコピーする
これらの各フェーズを経て、コンソール上に「Guest migrated successfully.」と表示されると、以下のようにVirtualization Manager上ではゲストOSが新しいホストOS上に移動したことを確認できる。

オンラインマイグレーション実施後のホストOSとゲストOS
図5:オンラインマイグレーション実施後のホストOSとゲストOS

上述した4つのフェーズのうち「初期化フェーズ」から「I/O静止フェーズ」まででは、アプリケーションを稼働させた状態で、移行元から移行先へのゲストOSのメモリ内容転送といった時間のかかる処理が実施される。今回の検証では、これらの処理におよそ15秒を要している。そして最後に、ゲストOS上のアプリケーションをフリーズさせて移行を完了する「フリーズフェーズ」が実施される。同フェーズは、今回の検証ではおよそ7秒程度で完了している。

実際に、仮想マシン上のアプリケーションの動作状況を管理ツールで確認してみたのが次の画面である。

オンラインマイグレーション実施時のOracleデータベースの性能グラフ
図6:オンラインマイグレーション実施時のアプリケーションの性能グラフ

グラフ右端の部分で、1秒あたりのトランザクション数が一瞬落ち込んでいることが確認できる。この部分は、上述したフリーズフェーズによって7秒間だけアプリケーションがフリーズした状態を示している。このようにIntegrity VMのオンラインマイグレーションでは、ゲストOS上のアプリケーションへの影響が最小限に抑えられることがわかる。

以上、今回はIntegrity VMのオンラインマイグレーション機能の特徴と実際の使用例を紹介した。次回はIntegrity VMにおける高可用性(HA)構成について説明する予定である。

連載記事一覧 戻る ページ:  戻る   |   1   2

HP-UX 11i Knowledge-on-Demand 仮想化シリーズ 連載記事一覧

Integrity VMでやさしく学ぶ
サーバー仮想化

第1回:Integrity VMって何だ?
第2回:Integrity VMをインストールする
第3回:ストレージとネットワークの仮想化
第4回:VMゲストの作成
第5回:VMゲストへのリソース配分
第6回:Integrity VMの構成管理
第7回:Virtualization ManagerとCapacity Advisorによる統合管理
第8回:Ignite-UXによるネットワーク・インストール・その1
第9回:Ignite-UXによるネットワーク・インストール・その2
第10回:Ignite-UXによるネットワーク・インストール・その3

“まるごと仮想化”のここが「ツボ」

第1回:パフォーマンスを引き出すCPUリソースの配分設定
第2回:3種類の仮想ディスクを使い分ける
第3回:仮想スイッチ構成とメモリ構成のポイント
第4回:Integrity VMのバックアップ手段とAVIOの利用
第5回:オンラインマイグレーション機能の実際
第6回:仮想化環境でのクラスターウェアの使いこなし術


 その他の連載記事


本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

HPEサポートセンター
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項