Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
お問い合わせ

製品とサービス  >  ソフトウェアとOS  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand  >  “まるごと仮想化”のここが「ツボ」

連載 “まるごと仮想化”のここが「ツボ」

第4回: Integrity VMのバックアップ手段とAVIOの利用
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
連載 “まるごと仮想化”のここが「ツボ」 第4回: Integrity VMのバックアップ手段とAVIOの利用
仮想マシンのシステムバックアップは、通常のサーバーの場合と同じツール、手法を使用して実行することが可能だ。ただし、Integrity VMに固有の要件を考慮すべきポイントもいくつかある。そこで今回は、ホストOSのバックアップの観点から解説する。また、Integrity VMのネットワーク性能およびディスク性能を改善する上で、いわば“必須アイテム”である「Accelerated Virtual I/O(AVIO)」についても紹介する。
連載 “まるごと仮想化”のここが「ツボ」 - 第4回 -
Integrity VMのバックアップ方法
Ignite-UXサーバーを仮想化環境で使いこなす
2009年9月
ページ: 1   2   |   次へ 

Integrity VMのバックアップ方法

前回は、Integrity VMの「仮想スイッチ」によるネットワーク構成と、仮想マシンのメモリ構成のポイントについて説明した。今回は、Integrity VMにおける「バックアップ」のポイントについて解説する。

仮想マシンのシステムバックアップは、通常のサーバーの場合と同じツール、手法を使用して実行することが可能だ。ただし、Integrity VMに固有の要件を考慮すべきポイントもいくつかある。まずは、ホストOSのバックアップの観点から見ていこう。

ホストOSのバックアップ

ホストOSをバックアップする際には、ホストOSの/var/opt/hpvmディレクトリに格納されているゲストOSの構成情報をもれなくバックアップする必要がある。この構成情報が万が一失われてしまうと、たとえゲストOSの仮想ディスクが残っていたとしてもゲストOSを起動できなくなるので注意が必要だ。

またゲストOSの仮想ディスクが「Virtual FileDisk」、すなわちファイルベースで構成されている場合は、ホストOSのバックアップ時にゲストOSも含めるかたちでまるごとバックアップすることも可能だ。ただしこの場合、バックアップ対象となるゲストOSはすべてシャットダウンしておく必要がある。仮想ディスクが「Virtual LvDisk」(論理ボリューム)または「Virtual Disk」(物理ディスクやSAN)で構成されている場合は、ゲストOSのバックアップを個別に実施しなくてはならない。

ゲストOSのバックアップ

一方、ゲストOSを個別にバックアップする場合も、考慮すべき点がいくつかある。基本的には通常のHP-UXシステムにおけるバックアップ作業と同じであるが、まず先に述べたとおりゲストOSの構成情報はホストOS上にあるため、ゲストOS内部のバックアップ作業では構成情報をバックアップできないという点だ。よってホストOSを対象とした構成情報のバックアップも個別に実施しておく必要がある。

Igniteサーバーによるバックアップ

HPが提供するクライアント/サーバー型のツール「Ignite-UX」を活用すれば、Integrity VMの高い柔軟性を最大限に引き出すことが可能だ。Ignite-UXはHP-UXシステムのインストールやリカバリ作業を支援するソフトウェアで、物理マシンと同様に仮想マシンへのシステムインストールや、システムイメージのバックアップを行うことができる。そこで、Ignite-UXによるバックアップ構成の例とそのメリットをいくつか見ていこう。

Ignite-UXサーバーによるバックアップ構成【1】

この構成は、もっとも標準的な“おすすめ”構成である。ホスト/ゲストそれぞれのOSでmake_net_recoveryコマンドを実行し、システムのリカバリイメージをIgnite-UXサーバーに保存する。仮想マシンの構成情報はホストOSのリカバリイメージに含まれる。

Ignite-UXサーバーによるバックアップ構成【1】
図1:Ignite-UXサーバーによるバックアップ構成【1】

Ignite-UXサーバーによるバックアップ構成【2】

この構成は、ホストOS上にIgnite-UXサーバーを構成する方法である。個々のゲストOSにてmake_net_recoveryコマンドを実行し、「Integrity VM専用」に用意されたホストOS上のIgnite-UXサーバーにバックアップを指示する。この方式のメリットはホストOSの管理者、つまり仮想マシンを作成する人が専用のIgnite-UXサーバーを持ち、仮想マシンの管理に合わせて自由にカスタマイズできる点だ。ホストOSのバックアップに関しては構成1と同様、ネットワーク上のIgnite-UXサーバーに保存する。このとき、ゲストOSのリカバリイメージをホストOSのリカバリイメージの一部として保存する事も可能だ。

Ignite-UXサーバーによるバックアップ構成【2】
図2:Ignite-UXサーバーによるバックアップ構成【2】

Ignite-UXサーバーによるバックアップ構成【3】

一方、Ignite-UXサーバー専用のマシンを他に設置できない場合は、ホストOSが載るマシンにテープデバイスを直接接続する構成も可能である。この場合、個々のゲストOSは先ほどと同じようにmake_net_recoveryコマンドを用いてホストOS上にインストールされたIgnite-UXサーバーにバックアップを実行する。また、ホストOSではmake_tape_recoveryコマンドを利用して、ホストOSに接続したテープデバイスに対するバックアップを実行するという流れになる。

連載記事一覧 ページ: 1   2   |   次へ  次のページへ

本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡