Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand  >  “まるごと仮想化”のここが「ツボ」

連載 “まるごと仮想化”のここが「ツボ」

第2回: 3種類の仮想ディスクを使い分ける
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
連載 “まるごと仮想化”のここが「ツボ」 第2回: 3種類の仮想ディスクを使い分ける
今回は、Integrity VMのパフォーマンスをフルに引き出すための「仮想ディスク」の構成のポイントを紹介する。仮想ディスクは、ゲストOSからは一般的なSCSIディスクとして認識され、また動的な追加も可能だ。この仮想ディスクを構成する手段としては、「Virtual FileDisk(ファイル)」、「Virtual LvDisk(論理ボリューム)」、そして「Virtual Disk(物理ディスクやSAN)」の3種類がある。これらそれぞれのメリットとデメリットを説明し、用途に応じた最適な仮想ディスク構成を考える。
連載 “まるごと仮想化”のここが「ツボ」 - 第2回 -
「仮想ディスク」の構成方法を知る
仮想ディスクのパフォーマンスを高める2つのツボ
2009年7月

「仮想ディスク」の構成方法を知る

前回は、Integrity VMのパフォーマンスをフルに引き出すためのポイントとして、「CPUリソースの割り当て」について説明した。今回は、「ディスク」の最適な設定方法を紹介する。

Integrity VMのゲストOSは、「仮想ディスク」と呼ばれるストレージを利用できる。ゲストOSからは、仮想ディスクは一般的なSCSIディスクとして認識され、また動的な追加も可能だ。

この仮想ディスクを構成する手段としては、以下の3種類から選択できる。
  • Virtual FileDisk(ファイル)
  • Virtual LvDisk(論理ボリューム)
  • Virtual Disk(物理ディスクやSAN)
仮想ディスクを構成する3つの方法
図1:仮想ディスクを構成する3つの方法

ファイルを使う「Virtual FileDisk」

「Virtual FileDisk」は、ホストOS上に仮想ディスク用のファイルを作成し、仮想ディスクの内容を同ファイルに保存する方法である。これはもっとも手軽で柔軟性やポータビリティが高い方法であり、たとえば同ファイルをコピーして仮想マシン全体をコピーしたり移動したりできる。また、複数のゲストOSの仮想ディスクを1つの物理ディスク上に集約できるため、ディスク領域の使用効率が高いというメリットもある。

その一方で、いわば「ホストOSのファイルシステム上にゲストOSのファイルシステムを構成する」ような二重構造になるので、パフォーマンス面では最良とは言い難い。例えばディスク・アクセスにともなうバッファリングも、ゲストOSとホストOSで重複して処理されることになる。また、Integrity VMの新機能である動的なマイグレーション(hpvmmigrate)をサポートできないという制限もある。

これらのメリットとデメリットを勘案すると、Virtual FileDiskは開発環境やテスト環境など、性能よりも管理性や使い勝手が重視される用途に適した構成と言える。

論理ボリュームを使う「Virtual LvDisk」

2つめの「Virtual LvDisk」は、ファイルの代わりに、論理ボリューム1つを仮想ディスクとして割り当てる方法である。この場合、ホストOSのファイルシステムを介さずに、論理ボリューム上に直接ゲストOSのファイルシステムを構成するため、上述のVirtual FileDiskに比べてパフォーマンスが向上する。ただし、論理ボリュームをまるごと割り当てるため、ファイルと比較するとコピーや移動、バックアップなどの利便性は低くなる。またVirtual FileDiskと同様、hpvmmigrateによるマイグレーションをサポートできない。

物理ディスクを割り当てる「Virtual Disk」

最後の「Virtual Disk」は、物理ディスク全体を仮想ディスクとして設定する方法だ。この場合、たとえばバックアップやコピーは物理ディスクに対して実施する必要があり、柔軟性やポータビリティはぐんと低くなる。また、1つのゲストOSが1つの物理ディスクを占有するため、物理ディスク上には未使用の領域が生じてしまい、使用効率は低くなる。

これらのデメリットの一方で、Virtual Diskは仮想ディスクのパフォーマンスをもっとも引き出すことができる構成方法であり、ディスクI/O性能重視の用途や実運用での利用にはVirtual Diskの利用が推奨される。

連載記事一覧 1  |  2 次のページへ

本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項