Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand

連載 “まるごと仮想化”のここが「ツボ」

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
連載 “まるごと仮想化”のここが「ツボ」
最新記事
“まるごと仮想化”のここが「ツボ」 第6回:仮想化環境でのクラスターウェアの使いこなし術
ここ2、3年で急速にIT業界に広く浸透してきた仮想マシンベースの仮想化技術。本連載では、HP Integrityサーバー上で仮想化を実現するソフトウェア「HP Integrity VM」の最新バージョンが備える機能や能力を紹介し、そのパフォーマンスをフルに引き出し、“まるごと仮想化”するための「ツボ」を考えていきたい。

≫ Integrity VMでやさしく学ぶサーバー仮想化

“まるごと仮想化”のここが「ツボ」


“まるごと仮想化”のここが「ツボ」

第1回:パフォーマンスを引き出すCPUリソースの配分設定  
第1回:パフォーマンスを引き出すCPUリソースの配分設定
  HP Integrityサーバー上で仮想化を実現するソフトウェア「HP Integrity VM」がリリースされてから4年が経過した。ご存じのとおり、仮想マシンベースの仮想化技術はここ2、3年で急速にIT業界に広く浸透しており、中小規模の実運用環境を仮想マシン上で構築する事例ももはや珍しくはない。そこで本稿では、最新バージョンのIntegrity VMが備える機能や能力を改めて紹介し、実運用環境でも十分なパフォーマンスを引き出すための使いこなしのコツを紹介したい。(2009年5月)

第2回:3種類の仮想ディスクを使い分ける  
第2回:3種類の仮想ディスクを使い分ける
  今回は、Integrity VMのパフォーマンスをフルに引き出すための「仮想ディスク」の構成のポイントを紹介する。仮想ディスクは、ゲストOSからは一般的なSCSIディスクと して認識され、また動的な追加も可能だ。この仮想ディスクを構成する手段としては、「Virtual FileDisk(ファイル)」、「Virtual LvDisk(論理ボリューム)」、そして「Virtual Disk(物理ディスクやSAN)」の3種類がある。これらそれぞれのメリットとデメリットを説明し、用途に応じた最適な仮想ディスク構成を考える。(2009年7月)

第3回:仮想スイッチ構成とメモリ構成のポイント  
第3回:仮想スイッチ構成とメモリ構成のポイント
  今回は、「仮想スイッチ」によるネットワーク構成と、仮想マシンのメモリ構成のポイントについて解説する。Integrity VMの特徴のひとつは、仮想的なネットワークスイッチである仮想スイッチを備えている点だ。この仮想スイッチを作成することで、各仮想マシンや物理NICを結ぶ仮想的なネットワークセグメントを構成できる。仮想スイッチを構成する上では、個々の物理NICにどの程度の負荷が集中するか把握しておくことが重要だ。必要に応じて仮想スイッチを分割し、それぞれに個別に物理NICを割り当てるといった工夫が必要となる。 (2009年8月)

第4回:Integrity VMのバックアップ手段とAVIOの利用  
第4回:Integrity VMのバックアップ手段とAVIOの利用
  仮想マシンのシステムバックアップは、通常のサーバーの場合と同じツール、手法を使用して実行することが可能だ。ただし、Integrity VMに固有の要件を考慮すべきポイントもいくつかある。そこで今回は、ホストOSのバックアップの観点から解説する。また、Integrity VMのネットワーク性能およびディスク性能を改善する上で、いわば“必須アイテム”である「Accelerated Virtual I/O(AVIO)」についても紹介する。 (2009年9月)

第5回:オンラインマイグレーション機能の実際  
第5回:オンラインマイグレーション機能の実際
  2009年4月にリリースされた最新版「HP Integrity VM 4.1」では、新たに「HP Integrity VMオンラインマイグレーション」機能が利用可能になった。これは、Integrity VM上で動作するゲストOS(仮想マシン)を、稼働状態のまま別のホストOSへと移行するという機能である。そこで今回は、このオンラインマイグレーション機能の特徴と使い方を紹介したい。(2009年10月)

第6回:仮想化環境でのクラスターウェアの使いこなし術  
第6回:仮想化環境でのクラスターウェアの使いこなし術
  Integrity VMはHP-UXのための仮想化技術であることから、ミッションクリティカル環境での利用がおのずと多くなるはずだ。そこで今回は、HP-UXでの可用性確保になくてはならないクラスターウェアであるHP ServiceguardとIntegrity VMの組み合わせについて説明する。ここで紹介する構成はいずれもHP社内で検証済みでありサポート対象のソリューションであるため、ぜひ実運用環境への導入も積極的に検討していただきたい。(2009年11月)

HP-UX 11i Knowledge-on-Demandのコラムをメールでチェック

HP-UX 11i Knowledge-on-Demandの更新情報は、日本ヒューレット・パッカードが配信する「HP Technology at Work」からお届けします。「HP Technology at Work」では、HP-UX技術情報のみならず、HPのさまざまな情報が一度にチェックできます。

HP Technology at Work購読のお申込み。
※HP-UX関連の記事をご希望される場合は、興味分野>OS>HP-UXを選択してください。
HP Technology at Workメールサンプル
HP Technology
at Work
メールサンプル

HP-UX 11i Knowledge-on-Demand 連載一覧

“まるごと仮想化”のここが「ツボ」
HAクラスターの教科書〜簡単!ライバルに差をつけるHP Serviceguard構築〜
UNIXの教科書〜はじめよう! WindowsとLinuxからのステップアップ〜
知っておくべきセキュリティ対策 -HP-UXのセキュリティを極める-
SMHでらくらくHP-UXシステム管理
Integrity VMでやさしく学ぶサーバ仮想化
はじめてのHP-UX
HP-UX 11i カーネル・チューニング技法
DBシステム開発者のためのサーバプラットフォーム移行ガイド
Javaパフォーマンス・チューニング

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

HPEサポートセンター
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
このページのトップへ戻る
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項