Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand  >  Integrity VMで学ぶサーバー仮想化

Integrity VMでやさしく学ぶサーバー仮想化

第9回:Ignite-UXによるネットワーク・インストール・その2

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
Integrity VMでやさしく学ぶサーバー仮想化 第9回:Ignite-UXによるネットワーク・インストール・その2
複数のVMを運用する場合、それぞれのVMでOSやソフトウェアの設定を繰り返すのは面倒です。そこで、各VMに共通する設定でOSやソフトウェアをあらかじめインストールした「ゴールド・イメージ」を作成することで、こうした繰り返し作業を効率化できます。ゴールド・イメージとは、OSやソフトウェアのインストール、各種設定を事前に済ませたOSイメージを指します。こうしたゴールド・イメージを使用することで、標準的なソフトウェアをインストール済みのOSをすばやく準備できます。
Integrity VMでやさしく学ぶサーバー仮想化 第9回
ネットワーク・インストールの実行
より高度なネットワーク・インストール
2006年12月
テクニカルライター 小林聡史

ネットワーク・インストールの実行

前回は、Integrity VMのネットワーク・インストールのための事前設定を、Ignite-UX サーバーに行う手順を説明しました。つづいては、Integrity VMへのネットワーク・インストール作業を進めます。

まずは、Integrity VMの仮想コンソールにアクセスします。hpvmstartコマンドでVMを起動したのち、hpvmconsoleコマンドで仮想コンソールを開きます(図1)。
VM初回起動後の仮想コンソール
図1:VM初回起動後の仮想コンソール
つづいて、次の手順でネットワーク・ブートを行います。まずは「Boot option maintenance menu」を選択してEnterキーを押します。つづいて表示される「Boot Maintenance Manager」メニュー (図2)で「Boot from a File」を選択し、Enterキーを押します。
Boot Maintenance Managerメニュー
図2:Boot Maintenance Managerメニュー
次に、「Boot from a File」メニュー(図3)で、Ignite-UXで使用するMACアドレスが表示されたLoad Fileエントリを選択してください。このとき複数のLoad File エントリが表示された場合は、前回説明したIgnite-UXサーバーの/etc/bootptabファイルに登録したVMのMACアドレスが表示されているエントリを選択してください(IPアドレス固定の場合)。

Boot From a Fileメニュー
図3:Boot From a Fileメニュー

適切なLoad Fileエントリを選択するとVMがIgnite-UXサーバーへ要求を送信し、すべての設定が正しければIgnite-UX サーバーが応答します。このとき図4のメッセージが表示され、VMとIgnite-UXサーバーの通信が開始されます。

Ignite-UXサーバーとの通信時に表示されるメッセージ
図4:Ignite-UXサーバーとの通信時に表示されるメッセージ

しばらくすると「HP-UX installation」メニュー(図5)が表示されます(なお、このメニューが表示されるまでの間に、ターミナル・タイプの指定を求めるプロンプトが表示されることがあります)。

HP-UX installationメニュー
図5:HP-UX installationメニュー

あとは、通常のHP-UXインストールの手順を進めます。

連載記事一覧 1  |  2 次のページへ

本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項