Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand  >  Integrity VMで学ぶサーバー仮想化

Integrity VMでやさしく学ぶサーバー仮想化

第4回:「VMゲストの作成」

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
Integrity VMでやさしく学ぶサーバー仮想化
            第4回:「VMゲストの作成」
Integrity VMでやさしく学ぶサーバー仮想化 第4回
VMゲストの作成
VMゲストを起動する

VMゲストを起動する

VMゲストを起動するには、次に挙げる2つのコマンドのいずれかを使用します。
 
  • hpvmstartコマンド
  • hpvmconsoleコマンド
  作成したばかりのVMゲストにはOSがインストールされていません。よってVMゲストの初回起動時には、インストール・メディアを指定する必要があります。このとき、Ignite-UXを用いてネットワーク上のサーバーからOSイメージの供給を受ける場合は、通常のIntegrityサーバーのインストール時と同じ操作を行います。つまり、VMゲストのホスト名、MACアドレス(hpvmstatusコマンドで表示されるもの)、そしてIPアドレスをIgnite-UXサーバーに設定します。またVMゲストのコンソールからは、LANブートデバイスを設定します。  

一方、DVDメディアからインストールを行う場合は、VMゲストに仮想DVDドライブを以下の手順で割り当てておく必要があります。

  1. VMホスト上でioscanコマンドを実行し、VMホストの物理DVDドライブのキャラクタ・デバイス・パスを確認します。

    # ioscan -funC disk

  2. VMゲストに設定する仮想DVDドライブとして、このキャラクタ・デバイス・パスを指定します。

    # hpvmmodify -P compass1 -a dvd:scsi::disk:/dev/rdsk/c0t0d0

hpvmstartコマンドによる起動

これにより、DVDメディアからVMゲストのインストールを行う準備が整いました。hpvmstartコマンドを以下のように実行し、VMゲストを起動します。

# hpvmstart -Pcompass1
(C) Copyright 2000 - 2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
Initializing System Event Log
Initializing Forward Progress Log
Opening minor device and creating guest machine container
Creation of VM, minor device 1
Allocating guest memory: 64MB
 allocating low RAM (0-4000000, 64MB)
/opt/hpvm/lbin/hpvmapp (/var/opt/hpvm/uuids/ce17ee10-3131-11da-9845-00306e39f70b
/vmm_config.current): Allocated 67108864 bytes at 00
allocating firmware RAM (ffaa0000-ffab5000, 84KB)
/opt/hpvm/lbin/hpvmapp (/var/opt/hpvm/uuids/ce17ee10-3131-11da-9845-00306e39f70b
/vmm_config.current): Allocated 86016 bytes at 0x600
Loading boot image
Image initial IP=102000 GP=5F4000
Initialize guest memory mapping tables
Starting event polling thread
Starting thread initialization
Daemonizing....
hpvmstart: Successful start initiation of guest 'compass1'

VMゲストが起動したら、hpvmstatusコマンドを実行し、動作状態を確認します。

図2:hpvmstatusコマンドによる動作状態の確認
図2:hpvmstatusコマンドによる動作状態の確認

hpvmconsoleコマンドによる起動

hpvmconsoleコマンドを利用して、VMゲストのコンソールから起動することも可能です。この場合、以下のようにコマンドを入力します。

# hpvmconsole -c 'pc -on' -P compass1

これにより、ちょうどIntegrityサーバーをブートした時と同様に、EFI Boot Managerが立ち上がります。

EFI Boot Manager ver 1.10 [14.62]

Please select a boot option

 Acpi(PNP0A03,0)/Pci(3|1)/Ata(Primary,Slave)
 HP-UX Primary Boot: 0/16/1/3/1.0.0.0
 EFI Shell [Built-in]
 Boot option maintenance menu
Use ^ and v to change options. Press Enter to select an option.

ここで「Boot option maintenance menu」を選択し、「Add a Boot Option」を選択します。

EFI Boot Maintenance Manager ver 1.10 [14.62]

Add a Boot Option. Select a Volume

 Removable Media Boot [Acpi(PNP0604,0)]  *1
 Load File [Acpi(PNP0A03,0)/Pci(1|0)/Mac(763AE48F393F)] *2
 Load File [EFI Shell [Built-in]]
 Legacy Boot
 Exit

ここで仮想DVDからインストールする場合は「Removable Media Boot」*1を選び、Ignite-UXサーバーからインストールする場合はMACアドレスが記載されている「Load File」*2を選びます。この一連の操作により、インストールが開始します。インストール手順が完了すると、OSが自動的にリブートします。  

以上、今回はVMゲストの作成方法とOSインストールの手順を紹介しました。
連載記事一覧 戻る 1  |  2

HP-UX 11i Knowledge-on-Demand 仮想化シリーズ 連載記事一覧

Integrity VMでやさしく学ぶ
サーバー仮想化

第1回:Integrity VMって何だ?
第2回:Integrity VMをインストールする
第3回:ストレージとネットワークの仮想化
第4回:VMゲストの作成
第5回:VMゲストへのリソース配分
第6回:Integrity VMの構成管理
第7回:Virtualization ManagerとCapacity Advisorによる統合管理
第8回:Ignite-UXによるネットワーク・インストール・その1
第9回:Ignite-UXによるネットワーク・インストール・その2
第10回:Ignite-UXによるネットワーク・インストール・その3

“まるごと仮想化”のここが「ツボ」

第1回:パフォーマンスを引き出すCPUリソースの配分設定
第2回:3種類の仮想ディスクを使い分ける
第3回:仮想スイッチ構成とメモリ構成のポイント
第4回:Integrity VMのバックアップ手段とAVIOの利用
第5回:オンラインマイグレーション機能の実際
第6回:仮想化環境でのクラスターウェアの使いこなし術


 その他の連載記事


本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項