Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand  >  Integrity VMで学ぶサーバー仮想化

Integrity VMでやさしく学ぶサーバー仮想化

第3回:「ストレージとネットワークの仮想化」

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
Integrity VMでやさしく学ぶサーバー仮想化 第2回「Integrity VMをインストールする」
Integrity VMでやさしく学ぶサーバー仮想化 第3回
hpvmcreateコマンドのオプションを知る
仮想ネットワーク・デバイスとは

仮想ネットワーク・デバイスとは

Integrity VMでは、ストレージと同様に、ネットワークの仮想化もサポートしています。以下は、そのメカニズムを示した図です。
 
図3:Integrity VMの仮想ネットワーク・デバイス
図3:Integrity VMの仮想ネットワーク・デバイス
 
図3において、VMホスト上にバーチャル・スイッチ(仮想スイッチ)が形成されている部分に注目してください。Integrity VMでは、仮想スイッチを作成することで、各VMゲストや物理NICを結ぶ仮想的なネットワークセグメントを構成できます。よってVMゲスト間のネットワーク通信は、物理NICを介さずにホストOSの中だけで実現可能です。
例えばアプリケーション開発においてテスト環境を構築するようなケースでは、仮想のクライアントやサーバーとなるVMゲストを作成し、それらを仮想スイッチで結ぶだけで環境設定は完了します。すべてがコマンド操作だけで完結するため、物理的なサーバーを並べ、それらをネットワークハブに接続し……といった手間のかかる作業は不要となります。また、物理ネットワークとは切り離した別セグメントを構成することで、セキュリティ面の隔離性も得られます。
ただし、現状のIntegrity VMにおける仮想スイッチは一定のオーバーヘッドをともなうため、ネットワークI/O負荷の大きいアプリケーションでの利用には注意が必要です。オーバーヘッドを下げるため、物理NICを特定のVMのみに割り当てることも可能です。

-aオプションによるネットワーク設定

VMゲストの仮想ネットワーク・デバイスを設定するには、hpvmcreateコマンドのオプション-aに続いて以下の書式で記述します。

network:lan:[<ハードウェア・アドレス>:]vswitch:<仮想スイッチ名>

ここで、それぞれの項目には以下の内容を記述します。

  • ハードウェア・アドレス(任意指定)―仮想ネットワーク・デバイスのハードウェア・アドレスを以下の書式で指定できます。ただし通常は自動的に割り当てられるため、ハードウェア・アドレスを記述する必要はありません。

    <PCIバス番号>,<PCIスロット番号>,<MACアドレス>

  • 仮想スイッチ名―仮想ネットワーク・デバイスを接続する仮想スイッチの名称を指定します。

    なおhpvmcreateコマンドにて仮想ネットワーク・デバイスを指定する際には、あらかじめhpvmnetコマンドにより仮想スイッチを作成しておく必要があります。同コマンドの利用方法は、前回説明したとおりです。
    例えば、仮想スイッチclan0に接続する仮想ネットワーク・デバイスを指定する場合は、オプション-aを以下のように記述します。

    -a network:lan:vswitch:clan0

    以上、今回はVMゲストを作成するhpvmcreateコマンドのオプション-aを中心に説明しました。次回は、同コマンドを実際に実行してVMゲストを作成し、起動する手順を紹介する予定です。
連載記事一覧 戻る 1  |  2

HP-UX 11i Knowledge-on-Demand 仮想化シリーズ 連載記事一覧

Integrity VMでやさしく学ぶ
サーバー仮想化

第1回:Integrity VMって何だ?
第2回:Integrity VMをインストールする
第3回:ストレージとネットワークの仮想化
第4回:VMゲストの作成
第5回:VMゲストへのリソース配分
第6回:Integrity VMの構成管理
第7回:Virtualization ManagerとCapacity Advisorによる統合管理
第8回:Ignite-UXによるネットワーク・インストール・その1
第9回:Ignite-UXによるネットワーク・インストール・その2
第10回:Ignite-UXによるネットワーク・インストール・その3

“まるごと仮想化”のここが「ツボ」

第1回:パフォーマンスを引き出すCPUリソースの配分設定
第2回:3種類の仮想ディスクを使い分ける
第3回:仮想スイッチ構成とメモリ構成のポイント
第4回:Integrity VMのバックアップ手段とAVIOの利用
第5回:オンラインマイグレーション機能の実際
第6回:仮想化環境でのクラスターウェアの使いこなし術


 その他の連載記事


本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

HPEサポートセンター
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項