Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand  >  Integrity VMで学ぶサーバー仮想化

Integrity VMでやさしく学ぶサーバー仮想化

第2回:「Integrity VMをインストールする」

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
Integrity VMでやさしく学ぶサーバ仮想化 第2回「Integrity VMをインストールする」
Integrity VMでやさしく学ぶサーバー仮想化 第2回
HP Integrity VMのシステム要件
Integrity VMのインストール

Integrity VMのインストール

HP-UXの通常のソフトウェア・インストールと同様に、Integrity VMもまた Software Distributor(SD-UX) のswinstallコマンドによりインストールします。以下ではTUIによるインストール例を紹介しますが、GUIでも手順はほとんど同じです。ちなみに、今回インストールするのは図2におけるVMホスト部分となります。VMゲスト部分のインストール手順については、次回説明する予定です。
 
図2:Integrity VMのVMホストとVMゲスト
図2:Integrity VMのVMホストとVMゲスト
  ではまず、swinstallを起動します。

# swinstall

swinstallを起動すると、depotファイルの場所を指定するダイアログが表示されます。このダイアログの「Source Depot Path...」部分にて、先ほどダウンロードしたdepotファイルのパスを入力し、「OK」を選択します。

図3:depotファイルの指定
図3:depotファイルの指定
これによりdepotファイルが読み込まれ、ソフトウェア・バンドルに含まれる内容が一覧表示されます。

図4:Integrity VMのソフトウェア・バンドル内容)
図4:Integrity VMのソフトウェア・バンドル内容)
このバンドルには、Integrity VM本体のほか、WBEM(Web-Based Enterprise Management)プロトコルを通じてIntegrity VMを管理するためのソフトウェアなどが含まれています。今回はこれらすべてのソフトウェア・プロダクトをインストールしますので、個々のプロダクトを選択し、メニューより「Actions」→「Mark For Install」を選択してマークを付けていきます。すべてのプロダクトにマークを付けたならば、メニューより「Actions」→「Install...」を選択してインストールを開始します。

swinstallによるインストールの解析が終了したら、「OK」を選択してインストールを開始します。インストールは1〜2分で終了しますので、インストールが完了したら「Done」を選択します。これにより、システムは自動的にリブートします。

インストール結果の確認

Integrity VMは以下のディレクトリ構成でインストールされます。

<表:Integrity VMのディレクトリ構成>
パラメーター 内容
/opt/hpvm Integrity VMのソフトウェア本体
/opt/hpvm/bin Integrity VMのコマンド類
/var/opt/hpvm Integrity VMのデータファイルやゲストの情報など

またIntegrity VMのインストールにともない、カーネルパラメーターが以下の内容で変更されます。

<表:Integrity VMのインストールによるカーネルパラメーター変更>
パラメーター 内容 初期値 変更後
dbc_max_pct バッファ・キャッシュに利用するメモリの割合の最大値 50% 1%
dbc_min_pct バッファ・キャッシュに利用するメモリの割合の最小値 5% 1%
maxdsiz_64bit データセグメントの最大サイズ 4,294,967,296バイト 34,359,738,368バイト
swapmem_on 物理メモリによる疑似スワップの利用 1(オン) 0(オフ)

では、Integrity VMが正しくインストールされているか確認するために、以下のコマンドを実行します。

# hpvminfo

このとき、以下のように表示されればインストールは成功しています。

hpvminfo: Running on an HPVM host.

また以下のコマンドを入力することで、VMゲストの動作状況を確認できます。

# hpvmstatus

もちろん、この段階ではVMゲストをひとつも作成していないので、以下のようなメッセージが表示されます。

hpvmstatus: No guest information is available.
hpvmstatus: Unable to continue.

仮想スイッチの作成

Integrity VMのインストールの仕上げとして、「仮想スイッチ」を作成します。仮想スイッチについて詳しくは本連載で追って説明しますが、簡単に言えばVMホスト内部に用意される仮想的なLANスイッチであり、VMゲストを物理NICや他のVMゲストに接続するために用います。VMゲストの作成時にはこの仮想スイッチ名を指定する必要があるため、先に仮想スイッチを作成しておくと便利です。

ちなみに、Integrity VMをプロダクション環境で用いる場合には、このほかにも「VMホストのデバイスのアクセス制限」や「VMゲストのコンソール・アクセスの制限」といったセキュリティ設定を実施しておくことが推奨されます。これらについてはIntegrity VMドキュメント第3章の「Post installation Procedures」を参照してください。

例えば、clan0という名称の仮想スイッチを作成するには、hpvmnetコマンドを以下のように入力します。

# hpvmnet -c -S clan0 -n0

ここで、オプション-cは仮想スイッチの作成を表し、-Sは名称の指定、そして-n0は仮想スイッチに関連づけるVMホストのNICのPPA(Physical Point of Attachment)番号を表します。ちなみにlanscanコマンドを実行すると、そのマシンが備えるNICのPPA番号を表示できます。

仮想スイッチを作成したならば、hpvmnetコマンドにオプション-bを付けて実行し、仮想スイッチを起動します。

# hpvmnet -S clan0 -b

最後に、hpvmnetコマンドにオプション-vを実行すると、作成された仮想スイッチの情報が表示されます。

# hpvmnet -v
Version A.01.20.00
Name Number State Mode PPA MAC Address IP Address
======== ====== ======= ========= ====== ============== ===============
localnet 1 Up Shared   N/A N/A
clan0 3 Up Shared lan0 0x00306e4c1984 192.186.1.200

この例では、作成した仮想スイッチclan0が起動しており、NICであるlan0およびIPアドレス192.168.1.200と関連づけられていることがわかります。

以上、今回はIntegrity VMのインストール手順をひととおり紹介しました。次回は、Integrity VMのVMゲストの作成方法を説明します。

連載記事一覧 戻る 1  |  2

HP-UX 11i Knowledge-on-Demand 仮想化シリーズ 連載記事一覧

Integrity VMでやさしく学ぶ
サーバー仮想化

第1回:Integrity VMって何だ?
第2回:Integrity VMをインストールする
第3回:ストレージとネットワークの仮想化
第4回:VMゲストの作成
第5回:VMゲストへのリソース配分
第6回:Integrity VMの構成管理
第7回:Virtualization ManagerとCapacity Advisorによる統合管理
第8回:Ignite-UXによるネットワーク・インストール・その1
第9回:Ignite-UXによるネットワーク・インストール・その2
第10回:Ignite-UXによるネットワーク・インストール・その3

“まるごと仮想化”のここが「ツボ」

第1回:パフォーマンスを引き出すCPUリソースの配分設定
第2回:3種類の仮想ディスクを使い分ける
第3回:仮想スイッチ構成とメモリ構成のポイント
第4回:Integrity VMのバックアップ手段とAVIOの利用
第5回:オンラインマイグレーション機能の実際
第6回:仮想化環境でのクラスターウェアの使いこなし術


 その他の連載記事


本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項