Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand  >  Integrity VMで学ぶサーバー仮想化

Integrity VMでやさしく学ぶサーバー仮想化

第1回:「Integrity VMって何だ?」

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
Integrity VMでやさしく学ぶサーバー仮想化 第1回「Integrity VMって何だ?」
サーバー仮想化は、たとえて言えば「タクシーの快適さをバス料金で提供する」という技術革新を実現したテクノロジーです。そのサーバー仮想化技術が、いま企業の基幹システムにも導入され始めています。過去8年にわたり「ミッションクリティカル環境のためのサーバー仮想化技術」を追求してきたHPは、その最新のサーバー仮想化の新機能として「Integrity VM」を昨年12月にリリースしました。本連載では、このIntegrity VMを実際に使いながら、サーバー仮想化のメリットをわかりやすく紹介します。今回は、Integrity VMの特徴を解説し、どのような局面でそのアドバンテージを生かせるかについて説明します。
Integrity VMでやさしく学ぶサーバー仮想化 第1回
サーバー仮想化なら「バス料金でタクシーに乗れる」
Integrity VMとは何か
2006年4月
テクニカルライター  小林聡史

「タクシーの快適さをバス料金で提供する」サーバー仮想化

いま「VPS(Virtual Private Server)」と呼ばれる新しいサービスが、サーバーホスティング分野で急速に普及しつつあります。VPSとは、「仮想専用サーバー」つまりあたかも1台の専用サーバーのように使える仮想的なサーバーを意味します。

従来のサーバーホスティングでは、アプリケーションごとにマシンを1台ずつ占有させる「専用サーバー」か、同じサーバーに複数のアプリケーションを収容する「共用サーバー」が一般的でした。VPSは、これら両者のいいところを兼ね備えたサービスです。つまり、共用サーバー並みの低コストでありながら、専用サーバーと同じく1つのOSをまるごと占有できる使いやすさを実現します。たとえて言えば「タクシーの快適さをバス料金で提供できる」のがVPSです。

そんなにわかには信じがたい技術革新を可能にしたのが、「サーバー仮想化」のテクノロジーです。例えばブイエムウェア社のVMware、マイクロソフト社のVirtual Server、そしてオープンソースソフトウェアのXenといったサーバー仮想化ツールを利用することで、1台のサーバー上でいくつもの仮想サーバーを動作させることが可能になりました。つまりサーバー仮想化は、「1台のサーバーから何台ものサーバーを生み出せる術」なのです。

ミッションクリティカル環境+サーバー仮想化=HP VSE

とはいえ、こうしたサーバー仮想化製品の大半はいずれも登場して日が浅く、安定性が求められる環境に導入できるだけのハードウェアと一体となった設計思想や豊富な実績がありません。そのため、企業のITシステム構築では、サーバー仮想化の導入事例はまだまだ少数にとどまっています。そうしたなか、1997年に最初の仮想化製品をリリースして以来、過去8年にわたり「ミッションクリティカル環境のためのサーバー仮想化」を追求し、着実に実績を重ねているのがHPです。

HPでは、VSE(Virtual Server Environment)と呼ばれる、ミッションクリティカル環境向けのサーバー仮想化技術ポートフォリオを提供しています。
 
図1:HP VSEを構成するサーバー仮想化技術
図1:HP VSEを構成するサーバー仮想化技術
  VSEでは、大まかに以下の3種類のサーバー仮想化技術を提供しています。

  • ハードパーティション(nPars)
  • ソフトパーティション(vPars、Integrity VM)
  • リソース・パーティション(PRM、SRP)
  まず、ハードパーティションである「nPartitions(nPars) 」は、サーバーのハードウェア(CPU、メモリ、I/Oなど)を物理的にパーティション分割し、1台のサーバー内部に複数のサーバーを作り出す技術です。それぞれのパーティションは完全に独立しており、OSレベルやハードウェアレベルの障害が発生しても、互いに影響を及ぼすことはありません。

つづいて、ソフトパーティションである Virtual Partitions(vPars) および Integrity VM は、サーバーをソフトウェア・レベルによってパーティション分割する技術です。1台のサーバー内部で複数のOSを同時に動作させることができ、OS内部でのトラブルを封じ込めることができます。また個々のパーティションに割り当てるCPUパワーやI/Oリソースをリアルタイムに調節できるのが特徴です。

リソース・パーティションである PRM(Process Resource Manager) および SRP(Secure Resource Partition) 会員登録が必要です。 は、1つのOSのリソースを分割し、個々のアプリケーションに配分する技術です。PRMではCPUやメモリ、I/Oなど一定のリソースを各アプリケーションに%単位で正確に配分でき、他のアプリケーションの過負荷による影響を防ぐことができます。さらにSRPでは、それぞれのアプリケーションをセキュリティ的に完全に隔離できます。

このVSEが提供するサーバー仮想化技術の豊富さ、そしてミッションクリティカル環境での実績の多さで、HPは他のベンダーの追随を許していません。サーバー仮想化の優れた能力を活用したい、しかし同時に、企業の根幹を担うITシステムを新技術導入のリスクにさらしたくない――と悩むエンジニアにとって、VSEはうってつけのソリューションと言えるでしょう。

そしてVSEのなかでも、もっとも新しい製品として昨年12月にリリースされたのが、「Integrity VM」です。
後半では、このIntegrity VMの特徴を掘り下げていきます。
連載記事一覧 1  |  2 次のページへ

本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

HPEサポートセンター
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項