Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand  >  UNIXの教科書 基礎編

UNIXの教科書
〜はじめよう! WindowsとLinuxからのステップアップ〜

期末試験:基礎編

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
期末試験:基礎編
WindowsやLinuxの経験がある方を対象に、初歩の初歩からHP-UXについて解説してきた「UNIXの教科書 基礎編」全6回、いかがでしたか?内容はご理解いただけたでしょうか。今回は、「期末試験:基礎編」として全10問の試験を用意しました。いずれもこれまでの連載からの出題ですので、ぜひ挑戦してみてください。間違えてしまった場合は正解を参考に復習し、応用編を始める前に完璧にしておきましょう。
UNIXの教科書〜はじめよう! WindowsとLinuxからのステップアップ〜 期末試験
期末試験:基礎編
シェルのコマンド置換機能
2008年5月
大津 真

UNIXの教科書:登場人物紹介 このリンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます

期末試験:基礎編

マリー先生
マリー先生:
これまでの授業を理解できたかのおさらいを兼ね、今日は期末試験を行います。10問全て今まで学習してきたことなので、満点を目指してくださいね。制限時間は15分です。



≪次回までひと休み≫シェルのコマンド置換機能

標準出力と標準入力を接続することによって、あるコマンドの結果を別のコマンドで処理するパイプ「|」については、6日目「リダイレクションとパイプを活用する」で説明しました。

コマンド1 | コマンド2

パイプと同じように、複数のコマンドを組み合わせることを可能にするシェルの機能に「コマンド置換」があります。コマンド置換とは、コマンド全体をバッククォーテーション「`」で囲むことによって、その実行結果に置き換える機能です。

`コマンド`

これを使用することで、コマンドの実行結果を別のコマンドの引数の一部として使うことができます。たとえば、次の例は「Now:」の後に現在の日付時刻を表示します。

$ echo "Now:" `date`【Enter】
Now: Tue Apr 29 13:44:32 JST 2008

echoは引数で指定した文字列を画面に表示するコマンドです。このように引数に「`date`」を指定することによって、その部分がdateコマンドの実行結果に置き換わり、結果として「Now: 現在の日付時刻」という文字列が表示されるわけです。

echo "Now:" `date`【Enter】
↓`date`がdateコマンドの実行結果に置き換わる
echo "Now:" "Tue Apr 29 13:44:32 JST 2008"

別の例を示しましょう。引数で指定したコマンドの絶対パスを表示するコマンドにwhichがあります。たとえばcpコマンドの絶対パスを表示するには次のようにします。

$ which cp【Enter】
/usr/bin/cp

whichコマンドにコマンド置換を使用して、cpコマンドの絶対パスの詳細情報を「ls -l」コマンドで表示するには、次のようにします。

$ ls -l `which cp`【Enter】
-r-xr-xr-x   1 bin        bin          79644 Feb 16  2007 /usr/bin/cp

なお、バッククォーテーション「`」は、シングルクォーテーション「'」と間違えやすいので注意してください。

連載記事一覧

教科書シリーズ 「UNIXの教科書」 「HAクラスターの教科書」 連載記事一覧

UNIXの教科書「基礎編」

第1日目:ログインしてコマンドを実行してみる
第2日目:ディレクトリやファイルを操作してみる
第3日目:シェルの基本を知る
第4日目:ファイルの基本操作
第5日目:viエディタの操作(基本編)
第6日目:リダイレクションとパイプを活用する
期末試験

UNIXの教科書「応用編」

第1日目:grepコマンドと正規表現
第2日目:ファイルの検索
第3日目:viエディタの操作(活用編)
第4日目:ファイルの圧縮とアーカイブ
第5日目:ジョブとプロセスの操作
第6日目:シェルの環境設定
第7日目:シェルスクリプトでより便利に
期末試験

UNIXの教科書「運用編」

第1日目:ユーザーの管理
第2日目:ファイルの安全管理(その1)
第3日目:ファイルの安全管理(その2)
第4日目:ネットワークの基本を理解する
第5日目:ネットワーク関連のコマンド
第6日目:システム情報の表示
期末試験 New!

HAクラスターの教科書

第1日目:ハードウェア構成を知る
第2日目:ネットワークを設定する
第3日目:共有ディスクを構成する
第4日目:HAクラスターを構成する
第5日目:パッケージを構成する
第6日目:障害テストを実施する
期末試験

 その他の連載記事


本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項