Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand

コラム(特別企画)

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
特別企画

特別企画では、HP-UXメジャーアップデートのご案内や、HP-UXを利用したシステム構築・ソリューションを提供されているパートナー様にご登場いただき、技術情報・取り組みのご紹介をします。

過去の特集、特別企画一覧

HP-UX25周年特別企画
HP-UX 11i v3 新世代ミッションクリティカルOSへ
NECが語る「HP-UXによる高可用システム構築」

HP-UXの25年とこれから
〜HP-UX25周年記念イベントで語られたビジョン「仮想化のその先へ」〜

(2009年4月)
HP-UXの25年とこれから〜HP-UX25周年記念イベントで語られたビジョン「仮想化のその先へ」〜  
HP-UXの25年とこれから
〜HP-UX25周年記念イベントで語られたビジョン「仮想化のその先へ」〜
  ミッションクリティカル環境の代名詞といえるプラットフォーム「HP-UX」が誕生して25周年を迎えたことを記念して、日本ヒューレット・パッカードは2009年2月に「HP-UX25周年記念イベント」を開催した。本稿では、同イベントで行われた講演やインタビューをもとに、HP-UXが「エンジニアリング用途向けの UNIX」から「IT社会を支えるミッションクリティカルシステム」へと成長を遂げた変遷を紹介したい。そして後半では、2007年にリリースされた最新版「HP-UX 11i v3」を中心に、その最先端のパフォーマンスや管理性、そして仮想化技術にスポットを当てる。

HP-UX25周年特別企画「仮想化のその先に〜コスト削減と可用性を求めて〜」

(2008年12月)
HP-UX25周年特別企画「仮想化のその先に〜コスト削減と可用性を求めて〜」  
HP-UX25周年特別企画「仮想化のその先に〜コスト削減と可用性を求めて〜」
  「基幹業務向けの信頼性のあるUNIX」を追求し続けたHP-UX の25年。Serviceguardという強力なHAシステムを擁することがHP-UXの大きな強みであることは、今さら言うまでもないだろう。最新のHP-UX 11i v3にはHAシステムの構築を支援するさまざまなソリューションが用意されており、可用性とコスト削減の両立を実現している。今後、HP-UXがどこに向かおうとしているのか、今回はHP内部で行われたテストの結果などをも交えつつ、コストを抑えたHAシステムを探ることにしたい。

HP-UX25周年特別企画「HP-UXがエンタープライズUNIXである25年の蓄積」

(2008年11月)
HP-UX25周年特別企画「HP-UXがエンタープライズUNIXである25年の蓄積」  
HP-UX25周年特別企画「HP-UXがエンタープライズUNIXである25年の蓄積」
  2008年、HP-UXは誕生から25年を迎えました。HP-UXはこれまで多くの実績を築いてきましたが、25周年を機にHP-UXがたどってきた歴史を振り返ってみましょう。1983年にリリースされて以来、一貫して「ビジネスで使える、信頼性のあるUNIX」を追求し続けたHP-UXの足跡には、最新バージョンHP-UX 11i v3にいたるまで引き継がれてきたさまざまな長所の源流を見ることができます。

HP-UX11i v3 新世代ミッションクリティカルOSへ 第1回

(2007年4月)
HP-UX 11i v3がついにリリースされました。「24時間365日安心して使え」「管理を自動化する」ことを目指し、柔軟性・信頼性・管理性の3点にフォーカスして開発されたHP-UXの最新版です。HP-UX Developer Edgeでは、HP-UX 11i v3の全貌をこれから全6回にわたって紹介していきます。第1回となる今回は、新機能を中心に概観します。
柔軟性、信頼性、管理性を強化したHP-UX11i v3の全貌  
柔軟性、信頼性、管理性を強化したHP-UX11i v3の全貌
  2007年4月11日、国内UNIXサーバー市場で6年連続No.1のシェアを誇るHP-UXの最新バージョン、HP-UX 11i v3がついに登場しました。このHP-UX 11i v3はメジャーバージョンとしてリリースされました。「v2」から「v3」へと一見マイナー・チェンジのように見えますが、それはバージョン間の互換性を意識したため、あえてこのバージョン名で市場へ投入しました。その中身を見ると、パフォーマンスからシステムの信頼性を高める機能と革新的な仮想化や管理をはじめとする機能まで、いたるところに新しい技術が取り込まれ更に完成度を高めています。まさに、次世代のインフラを支えるエンタープライズOSと言っても過言ではありません。そこでHP-UX Developer Edgeでは、特別企画「HP-UX11i v3 新世代ミッションクリティカルOSへ」と称して、これから6回に渡り、その全貌と詳細について、技術的にご紹介していきます。

HP-UX11i v3 新世代ミッションクリティカルOSへ 第2回

(2007年5月)
HP-UX 11i v3がついにリリースされました。24時間365日安心して使え、スピード経営に追従するITインフラに向けて、柔軟性・信頼性・管理性の3点にフォーカスして開発された HP-UXの新メジャーバージョンです。HP-UX Developer Edgeでは、HP-UX 11i v3の全貌 をこれから全6回にわたって紹介していきます。第2回目となる今回は、HP-UX 11i v3のリリースに合わせてバージョンアップされたHP-UX Virtual Partitions(vPars)に注目します。
仮想パーティションとユーティリティの強化ポイント・前編  
仮想パーティションとユーティリティの強化ポイント・前編
  「オンラインでのメモリの追加」「ハイパースレッディング(HT)のサポート」といった機能強化に加え、HP-UX 11i v2とHP-UX 11i v3の混在環境までサポートした最新版vParsを紹介します。
仮想パーティションとユーティリティの強化ポイント・後編  
仮想パーティションとユーティリティの強化ポイント・後編
  HP-UX11i v3対応のvPars A.05.01で強化された機能、メモリのダイナミックな移動と、併せて既存のvParsでもサポートされている機能、CPUのダイナミックな移動を紹介します。

HP-UX11i v3 新世代ミッションクリティカルOSへ 第3回

(2007年6月)
HP-UX 11i v3がついにリリースされました。24時間365日安心して使え、スピード経営に追従するITインフラに向けて、柔軟性・信頼性・管理性の3点にフォーカスして開発されたHP-UXの新メジャーバージョンです。HP-UX Developer Edgeでは、HP-UX 11i v3の全貌をこれから全6回にわたって紹介していきます。第3回となる今回は、スケーラビリティが大幅に拡大した新ストレージスタックに着目します。
次世代大容量ストレージに対応した新I/Oスタック  
次世代大容量ストレージに対応した新I/Oスタック
  増加し続けるストレージ容量への対応を可能にするスケーラビリティの大幅な拡大と、劇的に向上したパフォーマンスに注目します。
ストレージ管理を容易にするAgile Viewとネイティブ・マルチパス  
ストレージ管理を容易にするAgile Viewとネイティブ・マルチパス
  大規模化によって複雑になりがちなストレージの管理・運用を容易にする、新しいデバイスの表記形式「Agile View」と、ロードバランシングをサポートしたネイティブ・マルチパスを紹介します。

HP-UX11i v3 新世代ミッションクリティカルOSへ 第4回

(2007年7月)
24時間365日安心して使え、スピード経営に追従するITインフラに向けて、柔軟性・信頼性・管理性の3点にフォーカスして開発されたHP-UX 11i v3の全貌を全6回にわたって紹介する特別企画の第4回。今回は、rawデバイス並みの性能をファイルシステムで実現するOracle環境向け高速化ツールのODMのメリットとパフォーマンス向上のメカニズムを解説します。
Oracle環境向け高速化ツール“ODM”で「rawデバイスの悩み」を解消しよう  
Oracle環境向け高速化ツール“ODM”で「rawデバイスの悩み」を解消しよう
  Oracleの構築では常識となっているrawデバイスは、同時にさまざまな「管理のしにくさ」の原因ともなっています。「Oracle Disk Manager(ODM)」は「rawデバイスのパフォーマンス」と「ファイルシステムの管理性」の双方を“いいとこ取り”したソリューションです。
Oracle環境向け高速化ツール“ODM”はなぜ速いのか?  
Oracle環境向け高速化ツール“ODM”はなぜ速いのか?
  ODMの大きな特徴は、HP-UXのカーネルレベルで非同期I/Oを実装している点です。rawデバイス並みの性能をファイルシステムで実現することに成功したODMはなぜ速いのかをご紹介します。

HP-UX11i v3 新世代ミッションクリティカルOSへ 第5回

(2007年8月)
Oracle環境向け高速化ツール“ODM”で「rawデバイスの悩み」を解消しよう  
ソフトウェア・パッチの管理コストを削減する柔軟な管理ツール群
  HP-UXのようにミッションクリティカルな分野で使用されることが多いOSでは、システムの不具合やセキュリティ上の脆弱性について常に気を配る必要があります。そこで重要になるのがパッチの管理です。今回は、2007年度に新たにリリースされた管理ツールを中心に、HP-UXにおけるソフトウェア・パッチの管理について解説していきます。
Oracle環境向け高速化ツール“ODM”はなぜ速いのか?  
稼働中のシステムイメージのダイナミックな複製を可能にするDRD
  安定したシステム運用のためには、適切なパッチの適用やソフトウェアのアップデートなどのメンテナンス作業が不可欠です。後編では、稼働中のシステムのイメージをクローン化することで、パッチ評価用のテスト環境の構築を可能にし、さらにシステムのメンテナンス時におけるダウンタイムを短縮するDynamic Root Disk(DRD)について紹介します。

HP-UX11i v3 新世代ミッションクリティカルOSへ 第6回

(2007年9月)
24時間365日安心して使え、スピード経営に追従するITインフラに向けて、柔軟性・信頼性・管理性の3点にフォーカスして開発されたHP-UX11i v3の全貌を全6回にわたって紹介する特別企画も、ついに最終回となりました。今回は、アプリケーションを動作させたままHP Integrityサーバーのプロセッサーやメモリを増設できる「Dynamic nPartitions」について解説します。
サーバーを止めずに増強できるDynamic nParの離れ業  
サーバーを止めずに増強できるDynamic nParの離れ業
  HPが今回発表した新技術「Dynamic nPartitions」の最大の特徴は、アプリケーションの動作を止めることなく、HP Integrityサーバーのプロセッサーやメモリを増設できる点です。「サーバーの台数の追加」ではなく、1台のサーバーのプロセッサー数やメモリ容量を、アプリケーションの稼働中に動的に増やせるので、サーバー増強にともなうサービス停止の頻度を劇的に少なくすることができます。
容易に扱えるDynamic nParの実行例  
容易に扱えるDynamic nParの実行例
  ハイエンドやミドルレンジのサーバーでは、サーバー全体のリブートやサービスの停止がとりわけ困難です。そうした環境では、Dynamic nParのオンラインでのメンテナンスやパーティション構成変更が有用です。新たに導入された概念やコマンド操作もそれほど難しくはありません。後編では、Dynamic nParのコマンド操作を、実際の作業の流れに沿って紹介していきます。

NECが語る「HP-UXによる高可用システム構築」

(2005年11月)
NECがHP-UXサーバーのOEM供給を受け、PA-RISCプロセッサー搭載の「NX7000シリーズ」として販売を開始したのが1995年のこと。このOEM関係を皮切りに、NECとHPはシステム・インテグレーション領域での緊密なパートナーシップを深めてきました。今年でちょうど10周年を迎えるこのパートナーシップを通じてNECが培ってきたHP-UXによるシステム構築の"知恵"は、同社のビジョンであった「オープン・ミッションクリティカル・システム」として開花し、いまや日本のIT社会にしっかりと根を下ろしています。今回は、NECがこれまで培ってきたHP-UXによる高可用システム構築のノウハウについて紹介します。
リモート管理の「頼みの綱」、iLOを活用する・前編
NECが語る「HP-UXによる高可用システム構築」・前編
  メインフレームの最後の牙城であり、文字通りのミッションクリティカル・システムである銀行の勘定系。そして、1日あたり約8億件、毎秒最大7万5000件におよぶ莫大なトラフィックを24時間365日無停止で処理する大手携帯電話会社のメールやインターネット・サービス。これら世界有数の高可用システムを、HP-UXで実現したのがNECである。ここでは、NECが培ったHP-UXでの知恵、そしてHP-UXによる高可用システム構築のノウハウを紹介する。
リモート管理の「頼みの綱」、iLOを活用する・後編  
NECが語る「HP-UXによる高可用システム構築」・後編
  NECの高可用製品群は、HP-UX環境に向けた基盤ソフトウェアであり、「ミッションクリティカル環境におけるシステム・インテグレーションのノウハウをツールとして提供することで、業務継続性を更に高める可用性を実現するとともに、同様の機能を毎回実装する労力を軽減する」という。ここでは、これら製品群として提供されるに至った経緯や、ツールを利用したHP-UX大規模高可用システムの構築と運用のコツについて紹介したい。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項