Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP- UX Developer Edge

HP-UX管理は「SAM」から「SMH」へ

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
HP-UX管理は「SAM」から「SMH」へ・前編
SAM (System Administration Manager)は、HP-UXの運用で必要とされる大半の管理機能を網羅しており、HP-UX管理者にとってなくてはならないツールのひとつだ。実際、HPの調査によると、HP-UX利用者の8割がSAMを用いているという結果が得られている。いわばHP-UXの“定番ツール”であるSAMだが、実は新世代のシステム管理ツールにその座を譲ろうとしている。その新ツールとは、2005年5月よりHP-UXに搭載され始めた、HP SMH(System Management Homepage)である。HP SMHは、ひとことでいえば「Web版のSAM」だ。ここでは、HP SMHを中核とするHP-UXシステム管理の今後のロードマップについて概観する。
HP-UX管理は「SAM」から「SMH」へ
HP-UX管理はSAMからSMHへ
HP-UXシステム管理のロードマップ
2006年6月
テクニカルライター 吉川和巳

HP-UX管理はSAMからSMHへ

SAM(System Administration Manager、以下SAM)は、HP-UXの運用で必要とされる大半の管理機能を網羅しており、HP-UX管理者にとってなくてはならないツールのひとつだ。実際、HPの調査によると、HP-UX利用者の8割がSAMを用いているという結果が得られている。

図1:HP SAMの画面例
図1:SAMの画面例

いわばHP-UXの“定番ツール”であるSAMだが、実は新世代のシステム管理ツールにその座を譲ろうとしている。その新ツールとは、2005年5月よりHP-UXに搭載され始めた、HP SMH(System Management Homepage、以下SMH)である。
SMHは、ひとことでいえば「Web版のSAM」だ。SMHでは、ハードウェア障害管理をはじめ、パフォーマンス情報の表示、システムの各種しきい値の管理、各種診断、そしてソフトウェアのバージョン管理などをSMHのWebインターフェースから実施できる。

図2:HP SMHの画面例
図2:SMHの画面例

またHP-UX専用のツールであるSAMとは違い、SMHはマルチプラットフォーム対応のシステム管理ツールである。HP-UXをはじめ、WindowsおよびLinuxなど、HP IntegrityサーバとHP ProLiantサーバ上で動作する3種類のOSをサポートする。
さらにSMHでは、SMHプラグインと呼ばれる拡張メカニズムをサポートしており、kcwebやパーティション・マネージャといった既存のWebベースのツールもSMHに統合されている。

表:SMHに統合されたWebベースの管理ツール群

ツール名

内容

HP-UX Accounts for Users and Groups (ugweb) ユーザおよびグループの管理
HP-UX Disks and File Systems (fsweb) ディスク、ファイルシステム、LVMの管理
HP-UX System Fault Management (evweb) イベント管理およびイベント表示
HP-UX Kernel Configuration (kcweb) カーネル構成管理
HP-UX Peripheral Device (pdweb) 周辺デバイス管理
HP-UX Security Attributes Configuration (secweb) セキュリティ管理
Partition Manager (parmgr) nPartitions管理
VM Manager Integrity VM管理

これらの他にも、プリンタ管理やネットワーク管理、監査機能、PAM設定、リソース管理、ソフトウェア管理、時刻設定など、これまでSAMから起動して利用していたX-Windowsベースの管理ツールも、SMHから起動可能である。ちなみに、これらXベースのツールはWebベースへの移行が随時進められており、将来的にはその大半がWebベースとなる予定だ。

図3:SMHによるネットワーク設定の表示例
図3:SMHによるネットワーク設定の表示例

このように、「XベースもしくはTUI(Terminal User Interface)ベースで利用するSAM」から、「Webベースで利用するSMH」へと、HP-UXのシステム管理は大きく変貌しようとしている。こうしたWeb化の流れの背景には、Linuxの「Webmin」に代表されるWebベースのシステム管理ツールが新しい世代のエンジニアに浸透しつつある現状がある。これから新たにHP-UXに触れる若手エンジニアにとって、PCのWebブラウザから簡単に操作できるSMHは、より親しみやすいシステム管理ツールとなるはずだ。

また、もともとSMHはHP ProLiantサーバ向けのWindows/Linux対応システム管理ツールとして提供されていた製品だ。そのSMHが、HP Integrityサーバ上のHP-UXにも対応し、これまでSAMが担ってきた役目を引き継ぐ格好である。HP-UX・Windows・Linuxのシステム管理ツールを統一化することで、OSごとに別々のツール操作を習得する必要もなくなる。サーバ・コンソリデーションの普及とともに、ひとりの管理者がこれらのOSを扱うケースも今後は珍しくなくなるだろう。SMHへの統合は、そうした管理者にとって大いに歓迎されるはずだ。
では、今後のHP-UXのシステム管理はすべてSMHに集約されるのだろうか? SAMやSIMの位置づけは? つづいては、こうした疑問に答えるHP-UXシステム管理のロードマップを紹介する。
トップへ     次のページへ

本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項