Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand  >  HAクラスターの教科書

HAクラスターの教科書
〜簡単!ライバルに差をつけるHP Serviceguard構築〜

期末試験

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
期末試験
クラスターウェアHP ServiceguardによるHAクラスター構築について解説してきた「HAクラスターの教科書」(全6回)、いかがでしたか?内容はご理解いただけたでしょうか。
今回は、「期末試験」として全10問の試験を用意しました。いずれもこれまでの連載からの出題ですので、ぜひ挑戦してみてください。

2009年4月
日本ヒューレット・パッカード株式会社

HAクラスターの教科書
バックナンバー
第1日目:
ハードウェア構成を知る
第2日目:
ネットワークを設定する
第3日目:
共有ディスクを構成する
第4日目:
HAクラスターを構成する
第5日目:
パッケージを構成する
第6日目:
障害テストを実施する

期末試験

ボブ先生
これまでの授業を理解できたかのおさらいを兼ね、今日は期末試験を用意したよ。10問全て今まで学習してきたことだから、満点目指して頑張ってみよう!

第1問:一般的なサーバーにおいて、その部分が壊れるとシステム全体が停止するような部分を何と呼ぶでしょうか?

a) SPOF
b) SPOT
c) STOP
d) SSHA
正解はこちら
a)
SPOF (Single Point of Failure)です。

第2問:HP Serviceguardクラスターにおいて、ハートビートとは何のための通信でしょうか?

a) サーバーの同期をとるため
b) データ用通信の負荷分散
c) データバックアップ専用の通信
d) クラスターの状態を確認するための通信
正解はこちら
d)
ハートビートはクラスターの状態を確認するためにサーバー間で行う通信です。

第3問:HP Serviceguardクラスターにおいて、ハートビートパケットが途切れると、HP Serviceguardクラスターの状態はどのように変化しますか?

a) 何も異常はない
b) アプリケーションの障害が発生
c) ディスクの障害が発生
d) ノードの障害(TOC)が発生
正解はこちら
d)
ノードの障害(TOC)が発生し、クラスターの再構成が行われます。このとき、片側のノードでの縮退稼動となります。ハートビートパケットはノードの状態確認を行う通信であり、HP Serviceguardはアプリケーションやディスクの障害が発生したとは認識しません。

第4問:本番系のLAN(プライマリLAN)のIPアドレスとして、「10.1.2.11」を設定しました。予備系のLAN(スタンバイLAN)はどのように設定したらよいでしょうか?

a) 何も設定しない。
b) 10.1.2.11をIPアドレスとして設定する。
c) 10.1.2.12をIPアドレスとして設定する。
d) 自分で決めた任意のアドレスをIPアドレスとして設定する。
正解はこちら
a)
何も設定しない。スタンバイLANはプライマリLANが使用不可能になった際には、同じIPアドレスを引き継ぐので何も設定しません。

第5問:ノードの障害により、クラスターが分断されてしまい、それぞれのノードでクラスターが起動してしまう現象を何と呼ぶでしょうか?

a) スプリット・ブレイン
b) クラスター・ロック
c) クォーラム・サーバー
d) フェイル・オーバー
正解はこちら
a)
スプリット・ブレインといいます。

第6問:スプリット・ブレインを防ぐための仕組みとして、クォーラムが不要な構成は次のどれでしょうか?

a) 2ノードクラスター
b) 3ノードクラスター
c) 4ノードクラスター
d) 8ノードクラスター
正解はこちら
b)
3ノードクラスター。他のクラスターは偶数ノード構成なので、スプリット・ブレインが発生してしまいます

第7問:HP Serviceguard クラスターにおいて、パッケージにつけるIPアドレスはリロケータブルIPアドレスです。2ノードクラスター(アクティブ、スタンバイ)構成の場合、これはどのようなIPアドレスでしょうか?

a) アクティブサーバー側のIPアドレス
b) スタンバイサーバー側のIPアドレス
c) スタンバイサーバー側のIPアドレス
d) パッケージ固有のIPアドレスで両方のノード上で使用可能
正解はこちら
d)
パッケージ固有のIPアドレス。パッケージがどちらのノードで動作中でも、このIPアドレスに対してサービスを定義するので、サービスは起動を続けます。

第8問:2ノードクラスターにおいて、プライマリノードに障害が発生し、パッケージがスタンバイノードにフェイルオーバーしました。プライマリノードの修理が終了し、正常にノードが起動したとき、スタンバイで起動しているパッケージはどのようになりますか?

a) 自動的にプライマリノードにフェイルバックする
b) フェイルバック可能な通知が管理者宛に届くので、その通知によってフェイルバックを実行する
c) フェイルバックはせずに、スタンバイノードで起動を続ける
d) パッケージが停止する
正解はこちら
c)
スタンバイノードで起動を続けます。自動でフェイルバックは実行しません。また、管理者宛に通知も届きません。

第9問:2ノードクラスターにおいて、メンテナンスを実行することになりました。しかし、プライマリノード上でクラスターを停止せずに、誤って、shutdownコマンドを実行してしまいました。スタンバイノードはメンテナンス中も稼動を許可されています。すべてのパッケージはスタンバイノードにフェイルオーバするように設定済みです。このとき、プライマリノード上で起動していたパッケージはどのようになりますか?

a) すべてのパッケージが停止し、サービスが停止する
b) 一部のパッケージは停止し、一部のパッケージのみフェイルオーバする
c) すべてのパッケージがスタンバイノードにフェイルオーバする
d) どのようになるのか予測ができない
正解はこちら
c)
設定されたフェイルオーバ先で起動します。

第10問:クラスターが構成済みのHP-UX において、GUIでクラスターを管理するServiceguard Managerを起動できるツールはどれでしょうか?

a) SMH
b) Kcweb
c) SMIT
d) Ncweb
正解はこちら
a)
SMH(System Management Homepage)からServiceguard Managerを起動できます。

連載記事一覧

教科書シリーズ 「UNIXの教科書」 「HAクラスターの教科書」 連載記事一覧

UNIXの教科書「基礎編」

第1日目:ログインしてコマンドを実行してみる
第2日目:ディレクトリやファイルを操作してみる
第3日目:シェルの基本を知る
第4日目:ファイルの基本操作
第5日目:viエディタの操作(基本編)
第6日目:リダイレクションとパイプを活用する
期末試験

UNIXの教科書「応用編」

第1日目:grepコマンドと正規表現
第2日目:ファイルの検索
第3日目:viエディタの操作(活用編)
第4日目:ファイルの圧縮とアーカイブ
第5日目:ジョブとプロセスの操作
第6日目:シェルの環境設定
第7日目:シェルスクリプトでより便利に
期末試験

UNIXの教科書「運用編」

第1日目:ユーザーの管理
第2日目:ファイルの安全管理(その1)
第3日目:ファイルの安全管理(その2)
第4日目:ネットワークの基本を理解する
第5日目:ネットワーク関連のコマンド
第6日目:システム情報の表示
期末試験 New!

HAクラスターの教科書

第1日目:ハードウェア構成を知る
第2日目:ネットワークを設定する
第3日目:共有ディスクを構成する
第4日目:HAクラスターを構成する
第5日目:パッケージを構成する
第6日目:障害テストを実施する
期末試験

 その他の連載記事


本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

HPEサポートセンター
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項