Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand

特集 最新のServiceguardが描く次世代のHAとは?

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
特集 最新のServiceguardが描く次世代のHAとは?
2009年4月、HP-UXのクラスターパッケージHP Serviceguard 11.19がリリースされた。高可用性(HA)を実現するクラスターパッケージとして多くの実績を誇るServiceguardだが、最新バージョンでは仮想マシン上のアプリケーションとの連携、フェイルオーバーの機能拡張など、多くの機能強化が図られた。今回は最新のServiceguardを解剖し、次世代のHAとは何かを浮き彫りにしたい。
特集 最新のServiceguardが描く次世代のHAとは?
HAはコストがかかる?
「より簡単に」 Webベースの管理ツールで管理性が向上
2009年5月
テクニカルライター 米田 聡

HAはコストがかかる?

昨今の厳しい経済環境を受け、企業ではITシステム全体のコスト削減が重大な課題となっており、コストがかかると思われがちな高可用性(HA)への投資は敬遠されているかもしれない。ただ、闇雲に安いITインフラを用意すればいいわけでもなく、何が重要なのかを見極めた高可用性(HA)に、より効果的な投資を行う必要があるだろう。各種調査によると、OSやハードウェアに起因するシステムダウンはわずか20%に過ぎず、残りの80%はヒューマンエラーやアプリケーションのエラーに起因するという。システムダウンを最小にとどめるには、高い信頼性を持つハードウェアに加えて、ヒューマンエラーやアプリケーションの障害に適切に対応できるインフラに投資を行うのが効果的ということになる。

最新のServiceguard 11.19(バージョン表記はA.11.19)はより効果的な高可用性(HA)を実現するべく、いくつかの改良が加えられている。くわしくは後述するが、今回のバージョンでは高速なフェイルオーバー機能が追加され、ダウンタイムを最小の時間にとどめることが可能になった。また、仮想化マシン上のアプリケーションとの連携が強化され、管理ツールもより使いやすくなった。この「より高速に」「より簡単に」「より便利に」と進化したServiceguard 11.19の特徴を見ていくことにしよう。

「より高速に」 ダウンタイムが大幅に短縮

Serviceguard 11.19では、ダウンタイムを大幅に短縮するフェイルオーバー機能が追加され、高速な障害復旧を実現している。従来のServiceguard 11.18と比較すると再構成時間は短縮され、11.18のフェイルオーバー製品であるServiceguard Extension for Faster Failover(以下、SGeFF)にあったいくつかの制限が克服されている。

たとえば、SGeFFは2ノードまでのクラスターにしか対応できなかった。そのためクラスターを3ノード以上に拡張する場合は、SGeFFを停止させ利用を止める必要がある。また、クラスター・ロックの実装方法としてQuorum Serverのみをサポートするという制限もあり、より一般的なロックディスクは利用できなかった。Serviceguard 11.19では2ノード以上のクラスターに対応でき、ロックディスクにも対応できるので、SGeFFのような制約を気にせずに導入できるわけだ。

高速なフェイルオーバー

Serviceguard 11.19のフェイルオーバー機能でどの程度高速になったのか、11.18と比較した実例を紹介しよう。タイムアウト値(Serviceguard 11.19では、従来のNODE_TIMEOUTに相当するMEMBER_TIMEOUTという設定値)とクラスター再構成時間を比較したのが次のグラフだ。

ノード障害時の障害検知とクラスター再構成時間をServiceguard 11.18と11.19とで比較
図1:ノード障害時の障害検知とクラスター再構成時間をServiceguard 11.18と11.19とで比較

14秒というタイムアウト値はServiceguard 11.19のデフォルト設定だが、タイムアウト値2秒に設定された11.18よりもクラスター再構成時間が短縮された結果となった。ほとんどのデータベースにとって十分といえるタイムアウト値でのこの結果から、Serviceguard 11.19はより安全かつ高速に再構成できるようになったと言えるだろう。

参考までに、3ノード、ロックディスク使用という構成でフェイルオーバーを実行した時間も掲載しておこう。11.18であればSGeFFは使用できず、それなりにフェイルオーバーに時間を要していた構成だ。
3ノード、ロックディスク使用時でも高速にフェイルオーバーが可能
Lock VG を使用した場合の数値で、付属するServiceguard Manager (Web ベースの管理ツール)で表示されるクラスター再構成の最大値を記載
図2:3ノード、ロックディスク使用時でも高速にフェイルオーバーが可能

トップへ     次のページへ

本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

HPEサポートセンター
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項