Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP- UX Developer Edge

検証・新Serviceguardはどう変わったか・後編

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
検証・新Serviceguardはどう変わったか・後編
新しいHP Serviceguardの「目玉」とも言える機能は、パッケージのモジュール化対応である。これまでのパッケージ構成ファイルでは、膨大な数に上るServiceguardのすべてのパラメータを、1つの大きなファイルで設定していた。この一枚岩な仕組みの影響で、実際にはわずかな種類のパラメータのみの変更でよい場合でも、大きなファイル全体の中から対象のパラメータを見つけて修正する必要があった。これに対し新しいServiceguardでは、「パッケージのひな形」を組み合わせてひとつの大きなパッケージ構成ファイルを組み立てる機能が用意されている。
検証・新Serviceguardはどう変わったか・後編
パッケージのモジュール化に対応
パッケージのモジュール化の実際
2007年10月
テクニカルライター 吉川和巳

パッケージのモジュール化に対応

新しいHP Serviceguard A.11.18(以下、Serviceguard)の特徴のひとつは、パッケージ構成ファイルのモジュール化に対応した点だ。周知のとおり、パッケージ構成ファイルとは、Serviceguardにおいてフェイルオーバーの対象となる「パッケージ」を定義するファイルのこと。これまでのパッケージ構成ファイルでは、およそ100種類に及ぶServiceguardのすべてのパラメータを、1つの大きなファイルで設定していた。この一枚岩な仕組みの影響で、パッケージ構成ファイルの取り扱いに手間が掛かるという問題があった。例えば実際にはわずかな種類のパラメータのみの変更でよい場合でも、大きなファイル全体の中から対象のパラメータを見つけて修正しなければならない。さらには、パッケージ構成ファイルに加えて、パッケージ制御スクリプトも用意し、クラスタのすべてのノードに手動で配布する必要がある。これらの作業により、Serviceguardの経験が浅いエンジニアにとっては敷居の高さは否めなかった。

これに対し、新しいServiceguardでは、個別のモジュールを組み合わせてパッケージ構成ファイルを作成する仕組みが用意された。つまり、「パッケージのひな形」を組み合わせて、ひとつの大きなパッケージ構成ファイルを組み立てるような形態である。具体的には、以下の各種モジュールが用意されている。

ベースモジュール(必須)
モジュール名 機能
failover フェイルオーバーパッケージ
multi_node マルチノードパッケージ
system_multi_node システムマルチノードパッケージ
オプションモジュール(任意)
モジュール名 機能
dependency パッケージ間の依存関係の設定
monitor_subnet パッケージのサブネット監視
package_ip リロケータブルIPの割り当て
service アプリケーションやサービスの起動
resource EMSによるリソース監視
volume_group ボリュームグループの管理
filesystem ファイルシステムのオプション
pev 外部スクリプト用の環境変数設定
external_pre パッケージ起動時のボリュームグループとディスクグループのアクティブ化の前、およびパッケージ停止時のボリュームグループとディスクグループの非アクティブ化後の追加処理
external パッケージ停止中にパッケージを起動/修了する際の追加処理用
acp パッケージのアクセス制御ポリシー
特別モジュール
モジュール名 機能
all failoverモジュールをベースに、すべてのオプションモジュールを追加したもの
default allと同じ
表1:HP Serviceguard A.11.18のパッケージモジュール

新しいServiceguardにおいてパッケージを構成する場合は、まず「ベースモジュール」を選択する。ベースモジュールとは、パッケージ構成ファイルの作成にて必須のモジュールであり、failover、multi_node、system_multi_nodeのいずれかから選択する。通常通りにフェイルオーバーするパッケージを構成する場合は、failoverを指定すればよい。残る2つのベースモジュールは、それぞれマルチノードパッケージおよびシステムマルチノードパッケージを構成する際に指定するモジュールだ。

フェイルオーバーパッケージを利用したクラスタ構成ファイルの作成
図1:フェイルオーバーパッケージを利用したクラスタ構成ファイルの作成

例えば、フェイルオーバー機能のみを備えたごくベーシックなパッケージを構成する場合は、failoverモジュールのみを用いて以下のようにcmmakepkgコマンドを実行する。

# cmmakepkg -m sg/failover $SGCONF/pkg1/pkg1.conf

ここで、「-m sg/failover」という部分がfailoverモジュールの指定である。これにより、パッケージ構成ファイルであるpkg1.confが生成されるので、あとは同ファイルの内容をカスタマイズすればよい。また、リロケータブルIPやアプリケーション起動といったServiceguardのパッケージに備わるさまざまな機能を利用したい場合は、上記表のオプションモジュールの中から必要なもののみを選択し、cmmakepkgコマンドの-mオプションにて追加指定する。これにより生成されるパッケージ構成ファイルには、必要最小限のパラメータのみ記載されているため、従来のServiceguard設定作業に比べれば作業はずっとシンプルなものになる。

ちなみに、新しいServiceguardでは従来形式のパッケージ構成ファイルも引き続きサポートしており、Serviceguardのバージョンアップに際して同ファイルを書き換える必要はない。
トップへ   次のページへ

本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

HPEサポートセンター
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項