Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  ソフトウェアとOS  >  HP- UX Developer Edge

DBシステム開発者のための
サーバプラットフォーム移行ガイド

第4回:実践!<Solaris→HP-UX/Linux>アプリケーション移行ガイド Part.3
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
実践!<Solaris→HP-UX/Linux>アプリケーション移行ガイド Part.3

第5段階:「会員管理・メール配信システム」のインストール


ミドルウェアのインストールが完了したので、次は「会員管理・メール配信システム」Webアプリケーションをインストールします(図3)。
  図3:Solaris上の会員管理・メール配信システム構成図
図3:Solaris上の会員管理・メール配信システム構成図
実践!<Solaris→HP-UX/ Linux>アプリケーション移行ガイド Part.3
第3段階:「Webセミナー受付システム」のインストール
第4段階:「会員管理・メール配信システム」のミドルウェアのインストール
第5段階:「会員管理・メール配信システム」のインストール

15〜17日目:「会員管理・メール配信システム」の設定


ここでも、調整する必要があった点だけをまとめて記述します。

  • PostgreSQLのdatetime型を使用しているPHPの変更
    datetime という日付時刻型は、新しく用意されたtimestamp型に移行していましたが、引き続き利用することができました。しかしPostgreSQL 7.3になった段階でdatetime型は完全に廃止され、datetime型を利用しているプログラムは書き換えないとエラーが出るようになっています。この実験では対象プログラムは700を超えるため、書き換えプログラムをPerlで作成し、自動的に書き換え処理を行いました。

  • register_globalsの変更
    PHP3で書かれたプログラムをPHP4のモジュールでそのまま動作させるためには、register_ globalsを変更する必要があります。次の内容をphp.iniに追加する必要があります。
    register_globals = On
   
  register_globalsを変更したんだけど。セキュリティ面で不安が残るな。  
   
   
  誰かが悪さすれば、プログラムの動作を変更できるからね。今回は実験だからしょうがないけどね。  
   
   
  単純なポーティングでも、セキュリティ面の強化は最低限必要だと思うね。  
   
   
  そのためのWebアプリケーションの書き換えは必要だよ。何もポーティング時に限ったことじゃないけどね。  
   

<参考> グローバル変数のデフォルト設定

register_globalsをOnにするとEnvironment・GET・POST・Cookie・Serverの各パラメータをグローバル変数として登録できるようになります。このディレクティブはPHP3ではデフォルトでOnになっていましたが、グローバル変数が悪用される可能性があるために、PHP4.2.0以降ではデフォルトでOffになっています。

これで2つ目のWeb アプリケーションのインストールが完了しました。ポーティング作業はこれで終了です。

<参考> Linuxへのポーティング - Webアプリケーションのインストールについて

このWebアプリケーションのインストールも、HP-UXへのインストールと、工程・内容ともに何ら違いはなかった。
  図4:会員管理・メール配信システムの画面例
図4:会員管理・メール配信システムの画面例

トップへ 戻る    

 その他の連載記事


本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡