Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP- UX Developer Edge

サーバ仮想化の“先駆者”HPが世に問う
新技術「HP Integrity VM」・前編

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
サーバ仮想化の“先駆者”HPが世に問う新技術「HP Integrity VM」・前編
HPは、1997年に最初の仮想化製品をリリースして以来、すでに8年にわたりミッションクリティカル分野向けに仮想化技術を展開してきた、いわば仮想化技術の“先駆者”である。そのHPが今年12月に出荷開始した仮想化技術の新製品が、「HP Integrity Virtual Machines(Integrity VM)」だ。Integrity VMは、HP Integrityサーバをソフトウェアで再現したフル・バーチャルマシンである。CPU 1個あたり最大20の仮想サーバを作成でき、それぞれでHP-UXやWindows、Linuxの各OSが手を加えることなくそのまま動作する。ここでは、HPが仮想化技術の“切り札”として世に送り出したIntegrity VMの特徴やメカニズムについて紹介する。
サーバ仮想化の“先駆者”HPが世に問う新技術「HP Integrity VM」・前編
サーバ仮想化の“先駆者”
Integrity VMの特徴
2005年12月
テクニカルライター 吉川和巳

仮想化の“先駆者”HPの新製品「HP Integrity VM」

サーバ・コンソリデーションを実現する手段として、最先端技術であるサーバ仮想化は市場の中でもっとも注目を集めており、ベンダー各社が製品を市場に投入し始めている。しかし、どのベンダーもオープンシステム環境への参入では日が浅く、ミッションクリティカル環境に仮想化技術を導入できるだけの確固とした設計理念や実績は皆無である。これに対しHPは、1997年に最初の仮想化製品をリリースして以来、すでに8年にわたりミッションクリティカル分野向けに仮想化技術を展開してきており、仮想化技術の"先駆者"と言っても過言ではない。

仮想パーティショニングから管理まで

1台のサーバのリソースをソフトウェアレベルで複数に分割し、それぞれに独立したOSインスタンスやアプリケーションを動作させる仮想パーティション技術。その技術に関しては、「HP Integrityサーバ対応版で更に強化されたvPars」や「商用UNIXのパーティション技術最新事情」とこの特集の中で、これまで何度か取り上げてきた。今回出荷が開始されたHP Integrity Virtual Machines (以下、Integrity VM)ではより粒度の細かなリソース分割やI/O共有が可能になり、エントリレベルのHP Integrityサーバによる小規模のコンソリデーションも可能になる。2006年3月には、こうした仮想化環境を管理するGUIツール「HP Integrity Essentials Virtualization Manager」に「HP Integrity Essentials Capacity Advisor」が登場し、様々な形で分割されたサーバリソースを一元的に表示、可視化し、構成変更をGUIベースで実施出来る他、ツール上で構成変更による影響をシュミレーションできるようになる。
  図1:HP Integrity VMのメカニズム
図1:HP Integrity VMのメカニズム
Integrity VMは、HP Integrityサーバをソフトウェアで再現したフル・バーチャルマシンである。プロセッサー1個あたり最大20の仮想サーバを作成でき、それぞれでHP-UXやWindows、Linuxの各OSが手を加えることなくそのまま動作する(WindowsおよびLinux対応は2006年後半を予定)。また、物理サーバのI/O(ディスクやネットワーク)を複数の仮想マシン間で共有できるのもポイントである。

今回は、HPが仮想化技術の“切り札”として世に送り出したIntegrity VMの特徴やメカニズムについて紹介したい。

HPの仮想化技術ポートフォリオとIntegrity VM

まずは、HPの仮想化技術VSE(Virtual Server Environment)におけるIntegrity VMの位置づけを確認しておこう。図2は、HP VSEを構成する仮想化技術である。

  図2:HP VSEを構成する仮想化技術
図2:HP VSEを構成する仮想化技術
  HP VSEの各技術は、大まかに以下の3種類の技術に分類できる。
  • ハードパーティション(nPars)
  • 仮想パーティション(vPars、Integrity VM)
  • リソース・パーティション(PRM、SRP)
  まず、ハードパーティションとしてはnPartitions(nPars)を提供する。nParsは、サーバのハードウェア・リソース(CPU、メモリ、I/Oなど)を電気的にパーティション分割する技術であり、それぞれのパーティションが完全に独立したサーバとして動作可能となる。これにより、OSレベルでの障害のみならず、ハードウェア障害の影響を個々のパーティションに封じ込めることができる。ただし、リソース配分の変更にはサーバのリブートが必要になる。

もうひとつの仮想化技術である仮想パーティションとしては、Virtual Partitions(vPars)そして今回リリースされたIntegrity VMが該当する。いずれもサーバリソースをソフトウェアレベルで分割する技術であり、それぞれのパーティションや仮想マシンで独立したOSが動作する。OSレベルでの障害の影響を遮断できるほか、サーバをリブートせずにリソース配分をリアルタイムに変更できるのが特徴だ。

3つめの仮想化技術であるリソース・パーティションとしては、PRM(Process Resource Manager)およびSRP(Secure Resource Partition)が提供されている。これらは、1つのOSのリソースを分割し、個々のアプリケーションに配分するテクノロジーだ。PRMではCPUやメモリ、I/Oなど一定のリソースを各アプリケーションに%単位で正確に配分でき、他のアプリケーションの過負荷による影響を防ぐことができる。さらにPRMをベースとしたSRPでは、それぞれのアプリケーションをセキュリティ的に完全に隔離することが可能になる。

HP VSEでは、これら3種類の仮想化技術を自由に入れ子することができる。例えば、nParの内部をvParやIntegrity VMで分割したり、さらにvPar内部をSRPで分割したり、といった具合だ。こうした多彩な選択肢の中から、ビジネス継続性やサーバ・コンソリデーションといったニーズに応じて最適な仮想化技術を組み合わせできる。このようなラインアップの豊富さ、そして個々の技術の実績の多さの点では、HPの仮想化技術はベンダー各社の追随を許していない。
トップへ   次のページへ

本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

HPEサポートセンター
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項