Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  ソフトウェアとOS  >  HP-UX  >  Knowledge-on-Demand

LinuxかHP-UX、あなたはどっち?
〜潜むリスクを完全比較、適材適所のOS選択 〜

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
LinuxかHP-UX、あなたはどっち?
適材適所、適宜適量 ──そうしたクラウド時代にもっとも重要とされる選択眼には、用途の場面に合わせた潜在するリスクを正しく把握することです。 システムはどういう時に止まるのか、その止まらない仕組はあるのか、LinuxとHP-UXを完全比較!買うならどっちか、あなたのお声を聞かせてください。
最新記事
Linux⁄x86サーバーはコスト高という衝撃の調査結果

LinuxかHP-UX、あなたはどっち?
〜潜むリスクを完全比較、適材適所のOS選択 〜

最終回 Linux⁄x86サーバーはコスト高”という衝撃の調査結果  
最終回 Linux⁄x86サーバーはコスト高という衝撃の調査結果 New!
  半年に渡り、ミッションクリティカルシステムにおけるLinux⁄x86サーバーとHP-UX⁄Integrityサーバーをさまざまな角度から比較・検証してきた本連載も、今回をもって最終回を迎える。信頼性、堅牢性、安定性、さらにはサポート体制などにより、HP-UX⁄Integrityサーバーの優位性を見てきたが、実際に導入するには「コスト」という壁がある。オープンソースのLinux、コモディティ化されたx86サーバーの導入コストの安さは、語るべくもない。ところが、米国調査会社が発表したレポートによると、トータルコストを比較した場合、むしろ“Linux⁄x86サーバーはコスト高”だという。今回は、その衝撃的なレポートを読み解いてみたい。

第5回 プラットフォームの安定性とメンテナンス性  
第5回 プラットフォームの安定性とメンテナンス性
  ミッションクリティカル・システムでは、何を優先してプラットフォームを選べば良いのだろうか。処理能力の高さ、機能の豊富さ、拡張性の高さなど、業務アプリケーションの内容や用途によって優先すべき選択ポイントは異なってくるが、実際にシステムを運用管理する情報システム部門の担当者にとっては、プラットフォームの安定性とメンテナンス性に優れていることが何よりも重要なポイントになってくる。第5回目の今回は、OSの安定性とメンテナンス性の観点から、Linux/x86サーバーとHP-UX/Integrityサーバーの違いを見てみよう。

第4回 キャパシティとスケーラビリティについて問う  
第4回 キャパシティとスケーラビリティについて問う
  重要な基幹業務アプリケーションが動作するOSには、アプリケーションが安定稼働するためのさまざまな機能・性能が求められる。アプリケーション視点からは、OSの機能を比較することは意味のないことと捉えられるかもしれない。しかし、実際には機能の違いが性能・信頼性の差につながることもある。今、多くのOS、プラットフォームがミッションクリティカル・システムでの利用に耐え得る機能強化が進められているが、キャパシティやスケーラビリティに関しては、実績のあるHP-UX/Integrityサーバーに一日の長がある。今回は、そうした機能の違いを見てみよう。

第3回 障害発生時における迅速な切り分けを比較  
第3回 障害発生時における迅速な切り分けを比較
  事業の根幹に関わる重要なミッションクリティカル・システムには、決してシステムを止めることにない可用性が求められる。高可用性を実現するためにシステムを冗長化・多重化することも重要だが、どんなに堅牢なシステムを構築したとしても、障害発生のリスクをゼロにすることは不可能だ。しかし、たとえ障害発生のリスクをゼロにできなくても、障害発生の根本原因を即座に発見・特定できれば、障害発生によるダウンタイムの短縮に大きく寄与することになり、再発というリスクも防止できる。今回は、障害発生時において迅速な切り分けを実現するHP-UX/Integrityサーバーの優位性を解説する。

第2回 OSのライフサイクルが及ぼすサポート問題とは?  
第2回 OSのライフサイクルが及ぼすサポート問題とは?
  ミッションクリティカル・システムを構築する際、OSやサーバーの可用性、信頼性、拡張性など比較・検討することは、非常に重要なことである。 しかし、ビジネスの中核を担うシステムを構築する場合、機能・性能だけでなく、考慮すべき重要な事項がある。 それは、OSやサーバーをベンダーがどこまでサポートするかという点である。 長期間の利用を想定して業務アプリケーションを構築しようとしても、OSやサーバーのサポート期間が短ければ、とても安心して採用することはできない。 今回は、システムのライフサイクルという側面からHP-UX/Integrityサーバーの優位性を探ってみたい。

第1回 エラーが起きても止まらない可用性を徹底検証  
第1回 エラーが起きても止まらない可用性を徹底検証
  “Linuxとx86サーバーでミッションクリティカル・システムを構築” ―― そんな成功事例を目にする機会が増えつつある。 しかし、いくら隣の芝が青いからと言って、闇雲に飛びついて良いとは限らない。 重要なのは、自社が要求するレベルの可用性を満たしているか否か、正しく見極めることだ。 「Linuxを選んで失敗した」という表に出てこない失敗事例も少なからずあるということも忘れてはならない。 次のシステムに最適なプラットフォームは、Linuxなのか、それともHP-UXなのか。今回は「可用性」をテーマに比較検証してみる。

ホワイトペーパー HP-UX 11iのビジネス価値 HP-UX 11iとLinuxの比較分析

このホワイトペーパーでは、同等の性能を持つIBM x86/LinuxソリューションまたはHP Integrityサーバー/HP-UX 11iソリューションを比較した場合の、HP Integrityサーバー/HP-UX 11iの優位性を詳しくまとめています。

ぜひ、ホワイトペーパーを現場のビジネスの発展にご活用ください。
なお、ホワイトペーパーのダウンロードにはアンケートにお答えいただく必要があります。
以下の「ホワイトペーパーのダウンロードはこちら」をクリックしてください。

Twitterでつぶやく「LinuxかHP-UX、あなたはどっち?」
〜適材適所のOS選択、ミッションクリティカル・システムに最適なプラットフォームは?〜

本特集記事を読んだ方は話題のTwitterを使って、ぜひあなたのお声を聞かせて下さい。

ミッションクリティカル・システムにはLinux

ミッションクリティカル・システムにはLinux
Linuxを選ぶ方は、以下の「投稿する」ボタンをクリックしてください。
ハッシュタグは「#ChoiceLinux」!

ミッションクリティカル・システムにはHP-UX

ミッションクリティカル・システムにはHP-UX
HP-UXを選ぶ方は、以下の「投稿する」ボタンをクリックしてください。
ハッシュタグは「#ChoiceHPUX」!
※Twitterアカウントをお持ちでない方はこちらから登録して下さい。
※記載されているハッシュタグ(Linuxの場合は#ChoiceLinux、HP-UXの場合は#ChoiceHPUX)は消さないでください。

Twitterでフォローする - 日本ヒューレット・パッカード外のウェブサイトへ Twitterでフォロー

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
このページのトップへ戻る
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡