Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX  >  Knowledge-on-Demand

LinuxかHP-UX、あなたはどっち?
〜潜むリスクを完全比較、適材適所のOS選択 〜

第2回 OSのライフサイクルが及ぼすサポート問題とは?
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
連載 “LinuxかHP-UX、あなたはどっち? 第2回 OSのライフサイクルが及ぼすサポート問題とは?
ミッションクリティカル・システムを構築する際、OSやサーバーの可用性、信頼性、拡張性など比較・検討することは、非常に重要なことである。 しかし、ビジネスの中核を担うシステムを構築する場合、機能・性能だけでなく、考慮すべき重要な事項がある。 それは、OSやサーバーをベンダーがどこまでサポートするかという点である。 長期間の利用を想定して業務アプリケーションを構築しようとしても、OSやサーバーのサポート期間が短ければ、とても安心して採用することはできない。 今回は、システムのライフサイクルという側面からHP-UX/Integrityサーバーの優位性を探ってみたい。
第2回 OSのライフサイクルが及ぼすサポート問題とは?
長期間使い続けるシステムに適したサポートとは?
主要OSのサポートライフサイクルの違い
Twitterでフォローする - 日本ヒューレット・パッカード外のウェブサイトへ Twitterでつぶやく
2010年10月
大神企画 富樫 純一
  ページ: 1   2   |   次へ 

長期間使い続けるシステムに適したサポートとは?

オフィスの機器を見渡してみると、電話機、コピー機、ファクシミリ、空調設備など、どれも通常は10〜15年、言い換えれば寿命が来て壊れるまで使い続けることが多い。 ところが、PC、サーバー、プリンターなどのIT機器だけは、おおよそ5年前後で役目を終えてしまう。 もちろん、技術革新による性能向上、処理するデータ量の増大化により、IT機器があっという間に陳腐化するのは分かる。 だが、すべてのシステムが5年で役立たずになってしまうわけではない。 アプリケーションの仕様を変更することなく、同じシステムを長期間使い続けるケースもよくあることだ。 しかし、同じシステムを使い続けるには、OSのサポートライフサイクルという壁がある。

OSのサポートライフサイクルという壁

OSのサポートライフサイクルは、OSを提供するベンダーが独自に設定するものだ。この期限を超えた場合、OSの利用は自己責任、つまり何らかの不具合やセキュリティ上の脆弱性が発見されたとしても、それらに対する手当てはない。 そこで、企業は選択を迫られる。新しいバージョンのOSに乗り換えるか、古いバージョンのOSのまま使い続けるかという選択である。

安定した環境で長時間利用するためには?
図1:安定した環境で長時間利用するためには?

新しいバージョンのOSに変更する場合、以前のバージョン向けに作成したアプリケーションが正常に動作するかどうかの確認作業が必須になる。 正常に動作しない場合は、アプリケーションを含めて業務システム自体を作り直さなければならない。 当然のことながら、開発・構築の手間とコストがかかってくる。 今までのアプリケーションで十分なのに、コストをかけてまでわざわざ作り直す必要性は感じない ―― そう判断した企業は、従来のシステムを使い続ける。 これがいわゆる“塩漬け”である。ハードウェアが老朽化したら、システムをそのまま仮想環境へと移行する。 しかし、OSのサポートは受けられないので、セキュリティ上の脅威・危険に晒されることになってしまう。 長期間使い続けるシステムを構築する場合、それだけOSのサポート期間を考慮すべきなのである。

 富樫先生が伝える今回のポイント

富樫先生
システムを使い続けるために長期サポートライフサイクルの重要性を知る!!

1.主要OSのサポートライフサイクルの違いを把握しよう!
2.システム移行時におけるリスクとコストの違いを把握しよう!
3.レガシー救済の方法とサポート範囲の違いを把握しよう!
OSのことならお任せ!
富樫先生

主要OSのサポートライフサイクルの違い:10年フルサポートのHP-UX

では、長期間使い続けるシステムでは、どんなOSを選択すればよいのだろうか。答えは簡単。 サポートライフサイクルが長いOSを選べばよいのだ。 以下、主要サーバーOSのサポートライフサイクルを比較してみよう。

Windowsの場合、インシデントサポート(有償・無償)が受けられ、セキュリティパッチや修正プログラムが無償で提供されるフルサポート(マイクロソフトはメインストリームと呼ぶ)期間は、製品の初期版(RTM)が出荷された時点から5年間である。 フルサポートを終えると、最低5年間の延長サポートのフェーズになる。 ここでは、セキュリティパッチは無償で提供されるものの、セキュリティ関連以外の修正プログラムをリクエストする場合、「延長修正プログラムサポート契約」を購入する必要がある。 なお、マイクロソフトは、Windowsのサポートライフサイクルの延長サポートを含めて最低10年間、必要に応じて延長するとしている。

Linuxの代表的なディストリビューションであるRed Hat Enterprise Linuxの場合、新しいハードウェアへの対応やソフトウェア機能拡張にも対応するフルサポートの期間が4年間、ハードウェアへの対応が一部のみに絞られるデプロイメントサポートが1年間、マイナーリリースが提供されないメンテナンスサポートが2年間の合計7年間のサポートになる。 このサポートライフサイクル期間中は、技術的な問い合わせやエラッタ(重要なアップデート、バグフィックスを集めたもの)は提供される。「Red Hat Enterprise Linux 3」に関しては、サブスクリプション契約の更新することにより最大3年延長が受けられ、最大10年間サポートされるようになった。


HP-UXの最低10年サポート

  x86サーバー上で稼働する上記2つのOSに対し、HP-UXは最低10年間というサポートライフサイクルポリシーのもとで提供されている。 WindowsやRed Hat Enterprise Linuxのようにフルサポートと段階的にサポート範囲を縮小する延長サポートなどの区別はなく、最低10年間は一貫して同じサポートが提供されているのだ。

HP-UXの最低10年サポートは、2005年に世界に先駆けて日本国内で始まったものだ。 たとえば、2000年12月に出荷開始された「HP-UX11i」は、2010年12月までフルサポートされており、セキュリティパッチや修正プログラムが提供され続けている。 10年間というのはあくまでも最低ラインであり、HPはすでに2007年4月に出荷した「HP-UX11i v3」のサポート期間を2020年12月まで延長することを発表している。

HP-UXバージョン リリースID リリース日 販売完了
(予定)
サポート終了
(予定)
HP-UX 10.20
(HP9000 only)
10.20 Aug 1996 June 2002 June 2003
HP-UX 11.00
(HP9000 only)
11.0 Nov 1997 Mar 2004 Dec 2006
HP-UX 11i v1
(HP9000 only)
B.11.11 Dec 2000 Dec 2009 Dec 2015
*3*4*5*6*7
HP-UX 11i v2
(Integrity & HP9000)
B.11.23 Oct 2003
(Oct 2004 for HP9000)
Dec 2010 Dec 2015
*3*4*5*6*7
HP-UX 11i v3
(Integrity & HP9000)
B.11.31 Apr 2007
(Feb 2007 for WW)
Dec 2014 Dec 2022
*1*2
・販売完了は、最短でもそれが示す時点までは販売完了の予定は無いことを示します。
・サポート完了についても、最短でも “End of Support” で示す時点までは継続することを示します。
・各OSバージョンのサポートは、稼動するサーバー本体のサポート終了を超えては継続いたしません。

*1: Integrityサーバーに対するサポート期間となり、HP9000サーバー(販売完了済)向け販売期間については2014年12月、開発元サポート期間については2020年12月までとなり従来から変更ありません。
*2: HP-UXのサポートは、搭載ハードウェアの保守サポートが提供されていることが前提となります。
*3:ソフトウェアの特徴、使い方に関するアドバイス、問題の診断ならびに解決、ソフトウェアに関する不具合の特定および現在のサポートソフトウェアバージョンに対する新規パッチの作成に関してはサポートを実施します。
*4:新機能追加や新ハードウェアデバイスサポートを目的とした、延長中の新しいリリースは行われません(半年ごとのアップデートリリース、クォータリーパッチ等)。
*5:OEM供給元のサポートが終了したHP-UXに含まれる3rd Party製品(VxFSやVxVMなどのSymantec製品等)に対するパッチ作成は行われません。
*6:本延長をフルに活用頂く為に、3rd Party製品やHPレイヤード製品をサポートされる、より新しいバージョンに上げて頂くことが必要となる場合もあります。
*7 2014年1月1日から2015年12月31日の期間は、HP Prior Software Version with Sustaining Engineering Support(PVS)を通じてサービスが提供され、PVSのサポート料金は従来と比較し改定される可能性があります。
最低10年間、一貫してフルサポートが提供されることで、HP-UX上で構築されたシステムは、長期間に渡って安定して運用できることになる。 HPは、OSのサポート終了時期も明らかにしているので、システムを導入するときにOSがいつサポート終了になるのかを把握でき、次期システムへの更新を早期に計画できるというメリットも得られるのだ。


連載記事一覧 戻る ページ: 1    2   |    次のページへ

本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。

  このページのトップへ戻る

Twitterでつぶやく「LinuxかHP-UX、あなたはどっち?」
〜適材適所のOS選択、ミッションクリティカル・システムに最適なプラットフォームは?〜

本特集記事を読んだ方は話題のTwitterを使って、ぜひあなたのお声を聞かせて下さい。

ミッションクリティカル・システムにはLinux

ミッションクリティカル・システムにはLinux
Linuxを選ぶ方は、以下の「投稿する」ボタンをクリックしてください。
ハッシュタグは「#ChoiceLinux」!

ミッションクリティカル・システムにはHP-UX

ミッションクリティカル・システムにはHP-UX
HP-UXを選ぶ方は、以下の「投稿する」ボタンをクリックしてください。
ハッシュタグは「#ChoiceHPUX」!
※Twitterアカウントをお持ちでない方はこちらから登録して下さい。
※記載されているハッシュタグ(Linuxの場合は#ChoiceLinux、HP-UXの場合は#ChoiceHPUX)は消さないでください。

Twitterでフォローする - 日本ヒューレット・パッカード外のウェブサイトへ Twitterでフォロー

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

HPEサポートセンター
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項