Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX  >  Knowledge-on-Demand

LinuxかHP-UX、あなたはどっち?
〜潜むリスクを完全比較、適材適所のOS選択 〜

最終回 “Linux⁄x86サーバーはコスト高”という衝撃の調査結果
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
連載 “LinuxかHP-UX、あなたはどっち? 第5回 プラットフォームの安定性とメンテナンス性
半年に渡り、ミッションクリティカルシステムにおけるLinux/x86サーバーとHP-UX⁄Integrityサーバーをさまざまな角度から比較・検証してきた本連載も、今回をもって最終回を迎える。信頼性、堅牢性、安定性、さらにはサポート体制などにより、HP-UX⁄Integrityサーバーの優位性を見てきたが、実際に導入するには「コスト」という壁がある。オープンソースのLinux、コモディティ化されたx86サーバーの導入コストの安さは、語るべくもない。ところが、米国調査会社が発表したレポートによると、トータルコストを比較した場合、むしろ“Linux⁄x86サーバーはコスト高”だという。今回は、その衝撃的なレポートを読み解いてみたい。

最終回 “Linux⁄x86サーバーはコスト高”という衝撃の調査結果
安定性に差が出るHP-UX/Integrityサーバーの設計思想
クラウド時代の新しいプラットフォームへ進化した新世代Integrityサーバー
3年間のTCOは21%削減
Twitterでフォローする - 日本ヒューレット・パッカード外のウェブサイトへ Twitterでつぶやく
2011年2月
大神企画 富樫 純一
  ページ:  戻る   |   1   2

安定性に差が出るHP-UX⁄Integrityサーバーの設計思想

レポートでは、ハードウェアやソフトウェア、サポートなど、実際のコストが金額として見える部分だけでなく、企業のコスト負担をトータルに比較している。とりわけ、ITの運用管理業務、ITの調達や資産管理、トレーニングなどにかかる人件費などからITに関する労務費に関しては、詳しい分析に基づく比較が行われた。

ソフトウェア費用

その結果、Linux⁄x86サーバーは、HP-UX⁄Integrityサーバーに比べて多くのサーバーが必要になるため、必要な人員と人件費が高くなる。また、HP-UXが装備する各種管理ツールセットが、一人の管理者が担当できるサーバー台数増加に役立っていると分析する。
Alinean社では、複数のプラットフォーム、ストレージ、仮想化、OSを単一コンソールから管理できる「HP Systems Insight Manager(SIM)」、包括的で操作性に優れた仮想化管理ソフトウェア「HP Insight Dynamics - VSE」、ビジネスニーズに合わせたリソースの自動調整機能により、システムの運用、構成を制御する「HP Process Resource Manager(PRM)」「HP-UX Workload Manager(WLM)」などのツールを挙げ、これらの機能を使用して、アプリケーション、ワークロード、使用率、キャパシティプランニング、性能、可用性を一元管理することで、管理作業が簡素化され、コストも削減されるとしている。

これらにより、HP-UX⁄Integrityサーバーには、ITの生産性の向上における優位性が明らかに存在し、優れたコンソリデーションと管理すべきサーバーの数が少ないことにより、Linux⁄x86サーバーに比べて、IT管理で26%、IT運用で14%の生産性向上につながるという。

IT管理/IT運用費用の比較
図3: IT管理/IT運用費用の比較


電力、空調、設置費用

データセンターなどの施設に関する比較では、Linux⁄x86サーバーが優勢だ。ケースシナリオの場合、9台のHP-UX⁄Integrityサーバーと同等の性能を得るには、14台のLinux⁄x86サーバーが必要になるものの、HP-UX⁄Integrityサーバーの消費電力量、占有空間のほうが34%も多くなる。この構成で予測されるワークロードを処理した場合、3年間の電力、空調、設置費用を計算すると、HP-UX⁄IntegrityサーバーはLinux⁄x86サーバーよりも年間6,169ドルも多く必要になる。

電力、空調、設置費用の比較
図4: 電力、空調、設置費用の比較


マイグレーション費用

マイグレーション作業については、HPが提供するサポートサービスによって初期の労務費が削減されるほか、アプリケーション移植ツールによりアプリケーションの移植やリコンパイルの作業負荷を大幅に軽減できるという。一方で、Linux⁄x86サーバーでは、より多くの資産に対してセットアップおよび構成を行う必要があり、より多くの変更費用がかかるという。Alinean社では、初期労務費、サービス、テスト費用でHP-UX⁄Integrityサーバーならば60,007ドル節約できるとしている。

: 移行作業費用の比較
図5: : 移行作業費用の比較

エンドユーザーの生産性、およびビジネスへの影響についても言及されている。可用性と想定される計画外のダウンタイム時間を計算すると、HP-UX⁄Integrityサーバーを導入することではエンドユーザーの生産性への影響は38,163ドル、ビジネスへの影響は18,852ドルも軽減できる。セキュリティパッチ、ソフトウェアモジュールのアップデートなどに伴う計画停止についても、HP-UX⁄Integrityサーバーが81,414ドルであるのに対し、Linux⁄x86サーバーは223,395ドルにも及ぶ。

生産性/ビジネスへの影響の比較
図6: 生産性/ビジネスへの影響の比較


クラウド時代の新しいプラットフォームへ進化した新世代Integrityサーバー

Alinean社によれば、HP-UX⁄Integrityサーバーには以下のようなメリットがあり、それらが非常に効果的に働いているという。

まず、アプリケーションとデータベース費用の削減効果だ。Oracle Databaseに関しては、HP-UX⁄Integrityサーバーで必要なプロセッサー数は、Linux⁄x86サーバーに比べて少なくなる。このため、プロセッサーベースのライセンス費用を大幅に削減できる。また、ハードウェア⁄ソフトウェアのサポートとメンテナンスの差も、大きなメリットになっている。サポートとメンテナンスの総費用は14%以上も削減され、HP-UX⁄Integrityサーバーのハードウェアに関するコスト高が相殺されるという。マイグレーションやITの業務、運用管理にかかるコストの削減は、前項で紹介したとおりだ。

ビジネスアジリティ/ソリューション導入期間

これらに加え、ビジネスアジリティ(俊敏性)とソリューション導入期間(迅速性・即応性)などにより、企業のビジネス戦略に関する費用は、HP-UX⁄Integrityサーバーが32%も優位だという。短期間のうちにリプレースすることを前提としたLinux⁄x86サーバーに比べ、HP-UX⁄Integrityサーバーは将来の変化に対しても投資が保護されることも、メリットの一つとして挙げている。

ビジネスアジリティ/ソリューション導入期間の金額換算比較
図7: ビジネスアジリティ/ソリューション導入期間の金額換算比較

IT業界において、LinuxはUNIXよりも安価というのが一般的な常識だ。これは、サーバーハードウェア、OS、それぞれのメンテナンス費用については正解だ。しかし、企業にどれだけのコストメリットをもたらすのか、詳細な分析結果に基づくコスト比較が重要だ

3年間のTCOは21%削減

Alinean社は、3年間の費用について分析すると、今回のケースシナリオではHP-UX⁄IntegrityサーバーがLinux⁄x86サーバーよりもTCOを21%削減できるという結論が導き出されたとしてレポートを締めている。もちろん、第三者機関のレポートではあるものの、さまざまな見方、意見はあるだろうし、米国と日本では事情も違う。あくまでも本記事がレポートの信用性を担保しているわけではないことだけは、最後にお断りしておきたい。

3年間のTCO比較
図8: 3年間のTCO比較

※当レポートはAlinean社が2010年8月に纏めたものであり、現在の状況とは一部異なっている可能性があります。

連載を振り返って

半年に渡って連載を続けてきた本特集記事も、今回で終了となる。ミッションクリティカルシステム分野においても台頭著しいLinux⁄x86サーバーだが、実際に導入して運用する場合は、システム構築においても運用管理においても、かなりの高度なスキルが要求されることは間違いない。もちろん、ベンダーにお任せすることも可能だが、日々の保守・運用にかかるコスト、頻繁に訪れるハードウェアの更改時期のたびに発生するコストを考えると、決して安い買い物でないことは分かるはずだ。これでは、無料で使えるオープンソースOSとコモディティ化が進んだ低価格なハードウェアを導入する「旨味」を享受することはできない。

世の中では、ベンダーにロックインしてしまうUNIXシステムは、これからの時代にそぐわないという意見が大勢を占めている。それを裏付けるようにシェアの漸減が続いているのは事実だ。しかし、ミッションクリティカルシステムは信頼性が第一である。信頼性の高さに依然として差がある現時点において、最新のLinux⁄x86サーバーへ移行するという選択肢が必ずしも最適解でないことは明らかである。

こうしている間に、時代はすでにハードウェアやOSなどのシステムインフラを意識しない、仮想化やクラウドコンピューティングへと進みつつある。ミッションクリティカルシステムにおいても、企業にとってノンコアなシステムはクラウドに移行するという例も増えている。Linux⁄x86サーバーか、それともHP-UX⁄Integrityサーバーかというプラットフォームを選択する議論は当分続くかもしれない。だが、Linux⁄x86サーバーがHP-UX⁄Integrityサーバーを信頼性、コストの両面において凌駕する実力を身に着けるよりも早く、クラウドかオンプレミスかを選ぶ時代になるだろうというのが、筆者個人の率直な見方である。


連載記事一覧 戻る ページ: 1   |   2

本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。

  このページのトップへ戻る

ホワイトペーパー HP-UX 11iのビジネス価値 HP-UX 11iとLinuxの比較分析

このホワイトペーパーでは、同等の性能を持つIBM x86/LinuxソリューションまたはHP Integrityサーバー/HP-UX 11iソリューションを比較した場合の、HP Integrityサーバー/HP-UX 11iの優位性を詳しくまとめています。

ぜひ、ホワイトペーパーを現場のビジネスの発展にご活用ください。
なお、ホワイトペーパーのダウンロードにはアンケートにお答えいただく必要があります。
以下の「ホワイトペーパーのダウンロードはこちら」をクリックしてください。

Twitterでつぶやく「LinuxかHP-UX、あなたはどっち?」
〜適材適所のOS選択、ミッションクリティカル・システムに最適なプラットフォームは?〜

本特集記事を読んだ方は話題のTwitterを使って、ぜひあなたのお声を聞かせて下さい。

ミッションクリティカル・システムにはLinux

ミッションクリティカル・システムにはLinux
Linuxを選ぶ方は、以下の「投稿する」ボタンをクリックしてください。
ハッシュタグは「#ChoiceLinux」!

ミッションクリティカル・システムにはHP-UX

ミッションクリティカル・システムにはHP-UX
HP-UXを選ぶ方は、以下の「投稿する」ボタンをクリックしてください。
ハッシュタグは「#ChoiceHPUX」!
※Twitterアカウントをお持ちでない方はこちらから登録して下さい。
※記載されているハッシュタグ(Linuxの場合は#ChoiceLinux、HP-UXの場合は#ChoiceHPUX)は消さないでください。

Twitterでフォローする - 日本ヒューレット・パッカード外のウェブサイトへ Twitterでフォロー

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

HPEサポートセンター
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項