Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand  >  特別企画

次世代大容量ストレージに対応した新I/Oスタック

特別企画:HP-UX11i v3 新世代ミッションクリティカルOSへ 第3回

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
特別企画:HP-UX11i v3 新世代ミッションクリティカルOSへ 第3回  次世代大容量ストレージに対応した新I/Oスタック

新ストレージスタックの卓越したパフォーマンス

新ストレージスタックの特徴は、スケーラビリティが向上していると同時に、大幅なパフォーマンスの向上が図られている点にある。百聞は一見にしかず、まずはグラフを見てほしい。
次世代大容量ストレージに対応した新I/Oスタック
スケーラビリティが拡大した新ストレージスタック
新ストレージスタックの卓越したパフォーマンス
ページ:  戻る   |   1   2

次のグラフは、I/Oシステムの走査をするioscanの実行時間を計測したものだ。ご存じだと思うが、システムに接続されているI/Oデバイスが増えるほど実行時間が長くなる。大規模なシステムでは、ioscanの実行時間が数分ほどかかることもめずらしくはないが、HP-UX 11i v3ではほとんどの場合、数十秒以内で実行が終了する。

環境
Server: HP Integrityサーバー rx8620(8プロセッサー)
FCアダプタ 8枚
Storage: HP Storage Works XPシリーズ
600 LUN(合計19200 LUNパス)

大幅に短縮されたHP-UX 11i v3でのioscanの実行時間
図1:大幅に短縮されたHP-UX 11i v3でのioscanの実行時間

I/Oデバイスの走査時間の短縮は、システムのブート時間の短縮にも直結している。次のグラフは起動時の初期スキャンにかかる時間およびシャットダウン&リブートの時間を比較したものだが、大幅に時間が短縮されていることがわかるだろう。

ブート時間も大幅に短縮されている
図2:ブート時間も大幅に短縮されている

以上のように、HP-UX11i v3のストレージスタックのパフォーマンスアップは、単にカタログスペックの数字として現れているだけではなく、利用者が実感できるほどの向上を実現しているのだ。

その理由の1つに、内部の大幅なブラッシュアップと、マルチスレッド化が挙げられる。特別企画の第1回でふれたように、HP-UX 11i v3はデュアルコア インテル®Itanium®プロセッサのハイパースレッディング技術に対応していることが特徴だが、ストレージスタックも従来に比べて大幅に並列性が高められている。その結果がioscanコマンドの実行速度の向上といった目に見える高速化として現れているのだ。

ストレージスタックの並列性の向上は、その他にも、さまざまな恩恵をもたらしてくれる。たとえば、クラッシュ時のダンプ時間の短縮も並列性の向上によるものだ。HP-UX 11i v3は、同じ構成のシステムでクラッシュ時のダンプ時間が従来の1/4以下にまで短縮された例があるという。

続く後編では、新しいデバイスの表記形式「Agile View」と、ロードバランシングをサポートするネイティブ・マルチパスを紹介したいと思う。


特別企画一覧 戻る ページ:  戻る   |   1   2

特別企画「HP-UX11i v3 新世代ミッションクリティカルOSへ」記事一覧

第1回
柔軟性、信頼性、管理性を強化したHP-UX11i v3の全貌
第2回
仮想パーティションとユーティリティの強化ポイント・前編
仮想パーティションとユーティリティの強化ポイント・後編
第3回
次世代大容量ストレージに対応した新I/Oスタック
ストレージ管理を容易にするAgile Viewとネイティブ・マルチパス
第4回
Oracle環境向け高速化ツール“ODM”で「rawデバイスの悩み」を解消しよう
Oracle環境向け高速化ツール“ODM”はなぜ速いのか?
第5回
ソフトウェア・パッチの管理コストを削減する柔軟な管理ツール群
稼働中のシステムイメージのダイナミックな複製を可能にするDRD
第6回
サーバーを止めずに増強できるDynamic nParの離れ業
容易に扱えるDynamic nParの実行例

本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項