Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand  >  SMHでらくらくHP-UXシステム管理

SMHでらくらくHP-UXシステム管理

第8回:evwebによる障害管理

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
SMHでらくらくHP-UXシステム管理 第8回:WBEMによる障害管理のメカニズム
SMHでらくらくHP-UXシステム管理 第8回
evwebとは何か
Event Archiveでのイベントの検索
ページ:  戻る   |   1   2

Event Archiveでのイベントの検索

前述のとおり、evwebではEvent Archiveと呼ばれるデータベースに過去のイベント情報を蓄積し、その内容をEvent Viewerから閲覧できます。Event Viewerを開くには、evwebのトップページから「Event Viewer」を選択します。
Event Viewerでの検索条件の指定
図3:Event Viewerでの検索条件の指定

このEvent Viewerページでは、過去に発生した大量のイベント情報の中から、特定の条件に合致するものを検索することができます。条件としては、例えば発生日時の範囲や、イベントの重要度、カテゴリ、イベントIDなどを指定できます。これらの条件を指定したのち、「Search」ボタンをクリックすることで、検索結果が一覧表示されます。
Event Viewerでの検索結果の表示例
図4:Event Viewerでの検索結果の表示例

この一覧表示の中から、いずれかひとつのイベント情報を選択することで、その詳細情報を確認できます。

evwebのログ機能

evwebによるイベント管理機能の動作は、/var/opt/sfm/log/sfm.logファイルにログ記録されます。このログ・ファイルには、例えば以下のようなフォーマットで記載されます。

01/04/06 06:50:08 EVMAN_COMMANDS ERROR 1069627450 1 Subscription with this
name already exist, Please choose different name and try again.

このように、「日時」、「モジュール名」、「重要度」、「プロセスID」、「スレッドID」、「メッセージ」がテキスト形式で記されます。また、ログ記録の対象となる重要度として、「Critical(重大)」、「Error(エラー)」、「Warning(警告)」、「Information(情報)」のいずれかから選択が可能です。

以上、今回はevwebによる障害管理について説明しました。
連載記事一覧 戻る ページ:  戻る   |   1   2

連載 「SMHでらくらくHP-UXシステム管理」記事一覧

第1回:SMHを知る
第2回:SMHのユーザー管理
第3回:kcwebによるカーネル・パラメータ管理
第4回:ncwebによるネットワーク管理
第5回:fswebによるディスク/ファイルシステム管理
第6回:hpsmhwebによるセキュリティ属性管理
第7回:WBEMによる障害管理のメカニズ
第8回:evwebによる障害管理
第9回:SMHの便利な機能

 その他の連載記事


本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項