Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand  >  SMHでらくらくHP-UXシステム管理

SMHでらくらくHP-UXシステム管理

第4回:ncwebによるネットワーク管理

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
SMHでらくらくHP-UXシステム管理 第4回:ncwebによるネットワーク管理

SMHでらくらくHP-UXシステム管理 第4回
ネットワーク管理の標準ツールncweb
VLAN の追加
関連ホワイトペーパー
(PDF、2.40MB)
ページ:  戻る   |   1   2

VLAN の追加

 

ncwebの「VLANの追加」ページを使用することで、上述のような物理NICだけでなくVLANインタフェースを追加できます。VLANの追加ページには、VLAN対応のNICの一覧と、それに対して作成するVLANインタフェースの属性値が表示されます。

   
図4:VLANインタフェースの追加ページ
図4:VLANインタフェースの追加ページ
   
  VLANインタフェースを追加するには、以下の手順を実施します。
  • NICページ、またはVLANメインページでVLANの追加をクリックし、VLANの追加ページを表示します。
  • VLAN対応インタフェースの一覧にて、対象となるNICを選択します。
  • VLAN IDを入力します。
  • VLAN名を入力します(デフォルト:UNNAMED)。
  • VPPAを入力します(デフォルト: 自動生成される値)。
  • 優先順位を入力します(デフォルト: 0)。
  • 優先順位オーバーライドレベルを入力します(デフォルト: CONF_PRI)。
  • ToSを入力します(デフォルト: 0)。
  • ToSオーバーライドレベルを入力します(デフォルト: IP_HEADER)。
  • 構成オプションを選択します。
  • OKをクリックし、VLANインタフェースを追加します。
なお、上記の手順によりVLANインタフェースを追加しても、IPアドレスは自動的には割り当てられません。VLANインタフェースにIPアドレスを割り当てるには、VLANメインページに移動してVLANインタフェースを選択し、IP属性の表示/変更を選択します。

IP属性の表示/変更

 

NICやVLANインタフェースの設定を終えたら、続いてはそれらの物理インタフェースにIPアドレスを割り当てます。ncwebの「IP属性の表示/変更」ページでは、物理インタフェースのIPv4属性とIPv6属性、インタフェースのカプセル化タイプ、構成済みネットワーク・インタフェースのDHCP設定の表示、追加、変更を行うことができます。

   
図5:IP属性の表示/変更ページ
図5:IP属性の表示/変更ページ
   
  ネットワーク・インタフェースのIP属性を変更するには、以下の手順を実施します。
  • [APA]、[NIC]、[VLAN] タブのリストペインで、必要な構成済みネットワーク・インタフェースを選択します。
  • 詳細ペインにインタフェースの詳細が表示されます。
  • IP 属性の表示/変更をクリックします。
  • [属性の表示/変更] ページが表示されます。
  • 対象の IPv4属性を変更します。
  • 対象の IPv6属性を変更します。
  • 構成オプションを選択します。
  • [OK] をクリックします。
以上の手順を実施すると、IP属性が正常に変更されたことを示すメッセージが表示されます。これにより、/etc/rc.config.d/netconf(IPv4論理インタフェース)や/etc/rc.config.d/netconfv6(IPv6論理インタフェース)、および/etc/hosts(ホストエイリアス情報)の各ファイルが更新されます。これにより、NICやVLANインタフェースを介したIPネットワークへのアクセスが可能になります。

また、「IP論理インタフェースの追加」ページを利用することで、1つの物理インタフェースに複数のIPアドレスを割り当てることも可能です。
   
図6:IP論理インタフェースの追加ページ
図6:IP論理インタフェースの追加ページ

以上、今回はncwebによるネットワーク管理の方法を紹介しました。

連載記事一覧 戻る ページ:  戻る   |   1   2

連載 「SMHでらくらくHP-UXシステム管理」記事一覧

第1回:SMHを知る
第2回:SMHのユーザー管理
第3回:kcwebによるカーネル・パラメータ管理
第4回:ncwebによるネットワーク管理
第5回:fswebによるディスク/ファイルシステム管理
第6回:hpsmhwebによるセキュリティ属性管理
第7回:WBEMによる障害管理のメカニズ
第8回:evwebによる障害管理
第9回:SMHの便利な機能

 その他の連載記事


本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項