Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand  >  SMHでらくらくHP-UXシステム管理

SMHでらくらくHP-UXシステム管理

第2回:SMHのユーザー管理

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
SMHでらくらくHP-UXシステム管理 第2回:SMHのユーザー管理
HP SMH(System Management Homepage)は、HP-UXをはじめ、Integrityサーバー・ProLiantサーバーのLinuxとWindowsの各OSにインストールすることができます。HP-UX 11i v2 (B.11.23) 以降では、SMHがデフォルトでインストールされています。今回は、SMHの起動方法とログイン方法を紹介し、SMHから呼び出すWebベースのツール「ugweb」によるユーザーとグループの管理について説明します。
SMHでらくらくHP-UXシステム管理 第2回
SMHを起動する
ugwebによるユーザーとグループの管理
関連ホワイトペーパー
(PDF、2.40MB)
2007年3月
著:日本ヒューレットパッカード
株式会社
ページ: 1   2   |   次へ 

SMHを起動する

HP SMH(System Management Homepage)は、HP-UXをはじめ、Integrityサーバー・ProLiantサーバーのLinux とWindowsの各OSにインストールすることができます。HP-UX 11i v2 (B.11.23) 以降では、SMHがデフォルトでインストールされています。

SMHにログインするには、Webブラウザから以下のURLを開きます。
http://<ホスト名>:2301/
ここで<ホスト名>の部分には、Integrityサーバーのホスト名またはIPアドレスを指定します。なお、HP-UXのデフォルト設定では、SMHの自動起動が有効に設定されています。SMHのデーモンが上記のポート2301で常時リクエストを待機しており、リクエストを受け次第、ポート2381にてSMHを起動します。そしてSMHへのリクエストが一定時間途絶えると、SMHが自動的に停止します。SMHをポート2381上で常時起動するには、smhstartconfig(1M)コマンドを参照してください。

このURLを初めて開く場合、そのサーバーを信頼するかどうかを尋ねるセキュリティの警告ダイアログボックスが表示されますので、[Yes]をクリックします。これにより、SMHのログインウィンドウが表示されます。

図1:SMHのログインウィンドウ
図1:SMHのログインウィンドウ

このログインウィンドウでは、HP-UXに登録されているユーザー名とパスワードを入力し、[Sign In]をクリックします。ちなみに、一般アカウントでログインするには、事前にSMHのセキュリティ設定にてユーザグループを追加する必要があります。そのため、初回ログイン時には、rootユーザーでログインします。

ログイン後は、以下のような画面が表示されます。

図2:SMHログイン後の画面
図2:SMHログイン後の画面

ちなみに、SMHではこうしたWebインタフェースに加えて、TUI(テキスト・ユーザーインタフェース)も用意しています。

図3:TUIベースのSMH
図3:TUIベースのSMH

連載記事一覧 ページ: 1   2   |   次へ  次のページへ

本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項