Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand

SMHでらくらくHP-UXシステム管理

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
SMHでらくらくHP-UXシステム管理

「XベースもしくはTUI(Terminal User Interface)ベースで利用するSAM」から、「Webベースで利用するSMH」へと、HP-UXのシステム管理は大きく変貌しようとしています。こうしたWeb化の流れの背景には、Linuxの「Webmin」に代表されるWebベースのシステム管理ツールが、新しい世代のエンジニアに浸透しつつある現状があります。これから新たにHP-UXに触れる若手エンジニアにとって、PCのWebブラウザから簡単に操作できるSMHは、より親しみやすいシステム管理ツールとなるはずです。

SMHでらくらくHP-UXシステム管理

SMHを知る  
第1回:SMHを知る
  次世代のHP-UXシステム管理ツールであるSMHの概要を紹介します。(2007年2月)
SMHのユーザー管理  
第2回:SMHのユーザー管理
  SMHの起動方法とログイン方法を紹介し、SMHから呼び出すWebベースのツール「ugweb」によるユーザーとグループの管理について説明します。(2007年3月)
kcwebによるカーネル・パラメータ管理  
第3回:kcwebによるカーネル・パラメータ管理
  「HP-UX カーネル構成(kcweb)ツール」による、オープン可能なファイル数の最大値や、プロセスのメモリサイズの最大値など、カーネル・パラメータ管理の方法を紹介します。(2007年4月)
ncwebによるネットワーク管理  
第4回:ncwebによるネットワーク管理
  HP-UX 11i v3から可能になったネットワーク管理の手段として、「Network Interfaces Configurationツール(ncweb)」を使用し、SMHのWeb画面を通じて、ネットワーク・インターフェースのIPアドレスやVLANなどの設定方法を紹介します。(2007年5月)
fswebによるディスク/ファイルシステム管理  
第5回:fswebによるディスク/ファイルシステム管理
  SMHでは、HP-UXにおけるディスク管理やファイルシステム管理のためのGUIツールとして、「Disks and File Systemsツール(fsweb)」を提供します。fswebでは、物理ディスクや論理ボリューム、およびファイルシステムの管理を実施できます。HP-UXの標準ファイルシステムであるVxFS(Veritas File System)およびHFS(Hierarchical File System)に加えて、CacheFS(Cache File System)、CDFS (Compact Disc File System)、CIFS (Common Internet File System)などの各ファイルシステムの管理が可能です。(2007年6月)
secwebによるセキュリティ属性管理  
第6回:secwebによるセキュリティ属性管理
  今回紹介する「Security Attributes Configurationツール(secweb)」は、SMHに備わるツール群のひとつで、HP-UXユーザに関連するさまざまなセキュリティ属性の設定をWebベースで実施する機能を提供します。例えばログイン時間や、パスワード入力ミスを許容する回数、パスワードの長さや文字の種類、有効期限といった属性について、HP-UXシステム全体でのデフォルト値に加えてユーザごとの固有設定が可能です。(2007年7月)
WBEMによる障害管理のメカニズム  
第7回:WBEMによる障害管理のメカニズム
  SMHでは、HP-UXシステム上で発生するさまざまなイベント情報や障害情報を管理するツール、「Event Viewer(evweb)」を提供します。このevwebの最大の特徴は、WBEM(Web Based Enterprise Management)と呼ばれる標準規格をベースとしている点です。WBEMとは、標準化団体DMTFによって標準化された「Webベースのエンタープライズ管理」のための標準規格。ネットワーク上に存在するサーバーやOS、ネットワーク機器などの統合管理に必要なプロトコルやデータ構造を規定します。今回は、HP-UXの障害管理の基盤となるWBEMのメカニズムについて説明します。(2007年8月)
evwebによる障害管理  
第8回:evwebによる障害管理
  今回は、このメカニズムの上に実装されている障害管理ツール「Event Viewer(evweb)」について説明します。HP-UXでは、システムの内部で発生する多種多様なイベント情報を「HP WBEM Provider」を通じてWBEMのイベントとして取得できます。evwebは、これらのうち管理対象としたいイベントに対して「サブスクリプション」を登録しておくことで、特定のイベントが発生したときのみ通知を受けることができるツールです。(2007年9月)
SMHの便利な機能  
第9回:SMHの便利な機能
  2月から連載を始めたSMHでらくらくHP-UXシステム管理も今月が最後になります。
今まで登場したSMHの各ツールは、実はHP-UX 11i v3 が実行環境だったのをご存知でしょうか。永らく使われていたHP-UX 11i v2のSAMからユーザーインターフェースは変更となりましたが、Webブラウザからの使い易い・直感的なインターフェースにより既存のHP-UX管理者はもちろん、新規にHP-UXを管理するユーザにも簡単なシステム管理を提供します。
前号までに一通りHP-UXの管理に必要なSMHのツールを説明してきましたが、最終回の今号では、今まで紹介していなかったSMHの便利な以下の機能について説明します。(2007年10月)
  • SMHで確認できるシステムのログ
  • SMHのカスタマイズ
  • SMHに統合されたツール
 
HP System Management Homepage (SMH) によるHP-UX システム管理 (PDF、2.40MB)
  HP SAM に替わって新たにシステム管理ツールの役割を担うことになったHP SMH の各種機能を説明します。
 

連載一覧

“まるごと仮想化”のここが「ツボ」
HAクラスターの教科書〜簡単!ライバルに差をつけるHP Serviceguard構築〜
UNIXの教科書〜はじめよう! WindowsとLinuxからのステップアップ〜
知っておくべきセキュリティ対策 -HP-UXのセキュリティを極める-
SMHでらくらくHP-UXシステム管理
Integrity VMでやさしく学ぶサーバ仮想化
はじめてのHP-UX
HP-UX 11i カーネル・チューニング技法
DBシステム開発者のためのサーバプラットフォーム移行ガイド
Javaパフォーマンス・チューニング

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項