Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand  >  はじめてのHP-UX

はじめてのHP-UX

第8回:HP-UXカーネルの構成変更

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
はじめてのHP-UX 第8回:HP-UXカーネルの構成変更
はじめてのHP-UX 第8回
DLKMと動的カーネル調整パラメータ
カーネルリソース使用率の監視
ページ:  戻る   |   1   2

カーネルリソース使用率の監視

kcwebは、カーネルリソースの使用率の監視機能も備えています。例えば、1プロセスあたりの最大スレッド数をkcwebで設定したあと、アプリケーションのスレッド数がその値を上回りそうになったときにアラームを発生するような使い方が可能です。

この監視機能を用いるには、kcwebのナビゲーションメニューより「アラーム」を選択します。すると、現在設定されているすべてのアラームを一覧する画面が表示されます。
 
図6:kcwebによるアラーム設定
図6:kcwebによるアラーム設定
  ここで、いずれかのアラームを選択すると、以下のようなアラームの詳細を表示できます。
  <表:アラームの詳細情報>
項目 内容
調整 調整パラメータの名前が表示されます。
パラメータ 状態 アラームが動作中かどうか、またはリソース使用率が現時点でしきい値を超過しているかどうか、アラームの状態が表示されます。
しきい値 アラームを動作させるしきい値が表示されます。
現在の使用量 前回の計測時に消費されていたリソースの割合が表示されます。
イベント種別 使用するイベント通知の種類が表示されます。
ポーリング間隔 計測の時間間隔が表示されます。
通知方法 アラームのトリガーを通知するために使用する手段が表示されます。
通知データ 通知手段で使用される補足情報が表示されます(通知手段が必要としていない場合には表示されません)。
通知ポート 通知を送信する際に使用されるポートが表示されます(通知手段が必要としない場合には表示されません)。
コメント コメントフィールドが表示されます。アラームが非アクティブな場合は、一部のコメントデータが自動的に追加されます。
  アラームの値を変更するには、アラーム画面上でアラームを選択し、「変更」ボタンをクリックします。これにより、アラーム変更画面が表示されます。
 
図7:アラーム変更画面
図7:アラーム変更画面
  この画面では、以下の各項目を設定します。
 
<表:アラーム変更画面の項目>
項目 内容
調整パラメータ アラームに対応するカーネルパラメータの名前が表示されます。
しきい値 アラームをトリガーするしきい値が表示されます。
イベント種別 通知の送信時期を決定するためのチェックボックスが表示されます。
ポーリング間隔 リソース使用率を計測する間隔が分単位で表示されます。
通知方法 アラームの通知手段が表示されます(console、opcmsg、syslog、textlog、email、snmp、tcp、udp)。
コメント コメントフィールドが表示されます。
  ここで「イベント種別」の項目では、アラームを通知する方法を以下のいずれかから選択します。

  • Initial
    リソース使用率がしきい値を超過したときに通知します。
  • Repeat
    リソース使用率がしきい値を超過するたびに通知します(計測間隔が短いと、大量のメッセージが発行されることがあります)。
  • Return
    リソース使用率がしきい値の範囲内に入ったときに通知します。
  ここでは、複数の通知方法を選択できます。例えばinitialとreturnの両方を選択すると、リソース使用率がしきい値を上回るたび、そしてしきい値の範囲に入るたびに通知されます。

以上、今回はkcwebによるカーネル構成変更の方法と、アラーム機能によるリソース利用率の監視方法を紹介しました。
連載記事一覧 戻る ページ:  戻る   |   1   2

連載 「はじめてのHP-UX」記事一覧

第1回:HP Integrityサーバーことはじめ
第2回:HP-UXってどんなOS?
第3回:HP-UXのファイルシステム
第4回:システム管理ツールSAMとHP-UXのシェル
第5回:SD-UXによるソフトウェア管理・その1
第6回:SD-UXによるソフトウェア管理・その2
第7回:ioscanコマンドとハードウェアパス
第8回:HP-UXカーネルの構成変更
第9回:ネットワーク設定の基本
第10回:LVMによるディスクボリューム管理・その1
第11回:LVMによるディスクボリューム管理・その2
第12回:HP-UXのインストール

 その他の連載記事


本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

HPEサポートセンター
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項