Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand  >  はじめてのHP-UX

はじめてのHP-UX

第7回:ioscanコマンドとハードウェアパス

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
はじめてのHP-UX
はじめてのHP-UX 第6回
ハードウェアパスを理解する
ioscanによる詳細情報の表示
ページ:  戻る   |   1   2

ioscanによる詳細情報の表示

ioscanコマンドに-fオプションを付けることで、より詳細なデバイス情報を取得できます。

# ioscan -f
Class I H/W Path Driver S/W State H/W Type Description
=========================================================================

<中略>

ba 1 0/1 lba CLAIMED BUS_NEXUS Local PCI-X Bus
Adapter (122e)
ext_bus 2 0/1/1/0 lba CLAIMED BUS_NEXUS SCSI Ultra320
target 3 0/1/1/0.0 tgt CLAIMED DEVICE  
disk 1 0/1/1/0.0.0 sdisk CLAIMED DEVICE HP 36.4GST336607LC

-fオプションの付加時には、左端の「Class」にba(bus adapter)やdisk、usbhub、printer、tapeといったデバイスカテゴリが表示されます。つづく「I」という項目はインスタンス番号と呼ばれ、個々のデバイスカテゴリ内で割り振られる識別番号です。「Driver」はコンポーネントを制御するドライバの名称を示し、ドライバが利用可能でない場合は「?」と表示されます。

「S/W State(Software State)」は、コンポーネントとドライバのバインド状態を示します。ここでは、以下のいずれかの状態が表示されます。

<表:S/W Stateの意味>

S/W State

内容

CLAIMED ドライバにバインドされている
UNCLAIMED ドライバが見つからない
DIFF_HW ドライバが異なる
NO_HW ハードウェアが応答しなくなった
ERROR ハードウェアでエラーが発生した
SCAN 対象がロックされており、再試行中である

通常は、すべてのコンポーネントについてS/W Stateが「CLAIMED」と表示されます。ハードウェアやドライバに問題があれば、CLAIMED以外の状態が現れます。
次の「H/W Type(Hardware Type)」は、ハードウェアの種類が以下のいずれかから表示されます。

<表:H/W Typeの意味>

H/W Type

内容

UNKNOWN 関連するハードウェアが存在しない、もしくは未知のハードウェア
PROCESSOR プロセッサー
MEMORY メモリ
BUS_NEXUS バスアダプタ
INTERFACE インタフェースカード
DEVICE デバイス

またioscanコマンドでは、この他にもいくつかのオプションが利用可能です。

<表:ioscanコマンドのおもなオプション>

オプション

機能

-C class 指定したデバイスカテゴリに限定して表示する
-d driver 指定したドライバに限定して表示する
-H hw_path 指定したハードウェアパスに限定して表示する
-M driver 指定したドライバを強制的にバインドする(-Hオプションも同時に指定する)

pdwebによるデバイス管理

またHP-UX 11i v2では、今回説明したioscanコマンドをはじめ、olradコマンド(オンラインでのデバイス交換)、insfコマンド(デバイスドライバのインストール)、diskinfoコマンド(ディスク情報表示)などの機能をGUIから呼び出せるツール、「pdweb」を利用できます。pdwebを使うには、シェルプロンプトにて「pdweb」と入力するか、SAMにて「Peripheral Devices」→「Cards and Devices」を選択します。

  図2:pdwebによるデバイス管理の例
図2:pdwebによるデバイス管理の例
 

図2の例のように、Webブラウザ上に表示されたGUI画面を通じて、ioscanコマンドと同様のデバイス情報を閲覧することが可能です。


連載記事一覧 戻る ページ:  戻る   |   1   2

連載 「はじめてのHP-UX」記事一覧

第1回:HP Integrityサーバーことはじめ
第2回:HP-UXってどんなOS?
第3回:HP-UXのファイルシステム
第4回:システム管理ツールSAMとHP-UXのシェル
第5回:SD-UXによるソフトウェア管理・その1
第6回:SD-UXによるソフトウェア管理・その2
第7回:ioscanコマンドとハードウェアパス
第8回:HP-UXカーネルの構成変更
第9回:ネットワーク設定の基本
第10回:LVMによるディスクボリューム管理・その1
第11回:LVMによるディスクボリューム管理・その2
第12回:HP-UXのインストール

 その他の連載記事


本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

HPEサポートセンター
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項