Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  ソフトウェアとOS  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand  >  はじめてのHP-UX

はじめてのHP-UX

第5回:SD-UXによるソフトウェア管理・その1

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
はじめてのHP-UX
HP-UXでは、Software Distributor(SD-UX)と呼ばれるツールを利用してソフトウェアのインストールや削除を行います。これはRedHat LinuxのRPMやSolarisのpkgaddに相当するパッケージ管理ツールで、ソフトウェアのインストール時に必要となる空き容量や依存性のチェックを自動的に実施します。今回と次回は、HP-UXのオペレーションに欠かせないツールのひとつであるSD-UXの使い方を簡単に紹介します。
はじめてのHP-UX 第5回
SD-UXによるソフトウェア管理
HP-UXのソフトウェア・オブジェクト
2005年8月
テクニカルライター  小林聡史
ページ: 1   2   |   次へ 

SD-UXによるソフトウェア管理

HP-UXでは、Software Distributor(SD-UX)と呼ばれるツールを利用してソフトウェアのインストールや削除を行います。SD-UXは数多くのコマンドから構成されますが、その中でも頻繁に利用するのは以下の3種類です。

swlist インストール済みソフトウェアの一覧表示
swinstall ソフトウェアのインストール
swremove ソフトウェアの削除

これらのうち今回は、インストール済みのソフトウェアを一覧表示するコマンドswlistの使い方を説明します。なお、SD-UXについての詳細情報は、「Software Distributor管理者ガイド 」を参照してください。

インストール済みソフトウェアの一覧表示

swlistコマンドは、GUIによる対話形式とコマンド形式の両方で利用可能です。GUIを用いるには、以下のように-iオプションを付けて起動します。ちなみに、swlistのGUIはSAMから呼び出すことも可能です。

# swlist -i
  GUIベースのswlist
  図1:GUIベースのswlist
   
  一方、-iオプションを付けずにswlistコマンドを実行すると、インストール済みのソフトウェアの一覧が以下のように出力されます。

# swlist

<中略>

#
# Bundle(s):
#

  B3901BA C.05.50 HP C/ANSI C Developer's Bundle (S800)
  B3913DB C.05.50 HP aC++ Compiler (S800)
  B6848BA 1.4.gm.46.9 Ximian GNOME 1.4 GTK+ Libraries for HP-UX
  B6849AA B.02.01.02 Bastille Security Hardening Tool
 
<中略>

#
# Product(s) not contained in a Bundle:
#

  GNUbase B.11.23.20.02 GNU Software support

このように、swlistコマンドを実行すると、HP-UXにインストールされた「バンドル」および「プロダクト」の一覧が表示されます。以下では、このコマンド形式での利用方法を中心に解説します。

連載記事一覧 ページ: 1   2   |   次へ  次のページへ

本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡