Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand  >  はじめてのHP-UX

はじめてのHP-UX

第1回:HP Integrityサーバーことはじめ

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
はじめてのHP-UX
本連載では、これまでHP-UXに触れたことのないUNIXエンジニアを対象に、HP-UXの初歩をわかりやすく解説していきます。連載の第1回となる今回は、HP-UXのハードウェア・プラットフォームである「HP Integrityサーバー」について、それがどのような製品かを解説します。また、同サーバーをはじめて利用する際の注意点、キーボードやマウス、コンソールなどの接続方法、そしてブート管理をつかさどるEFI Boot Managerの使い方を学びます。
はじめてのHP-UX 第1回
HP Integrityサーバーを知る
rx1620-2を使ってみよう
EFI Boot Managerの使い方
2005年4月
テクニカルライター 小林聡史
ページ: 1   2   |   次へ 

HP Integrityサーバーを知る

これまでHP-UXに触れたことのないエンジニアの中には、HP-UXのハードウェア・プラットフォームである「HP Integrityサーバー」がどのような製品か、よくご存じない方も少なくないはずです。そこで、まず同サーバーの特徴や位置づけを簡単に説明しておきましょう。  

HP Integrityサーバーは、HPとインテルで共同開発したEPICアーキテクチャを採用のインテル® Itanium ®プロセッサー(以下、Itanium)搭載の64ビット対応エンタープライズ・サーバーです。2-way対応のエントリ・モデルrx1620-2から、128-way対応のハイエンド・モデルSuperdomeまで、幅広い製品ラインアップが提供されています。いずれのモデルも、HP-UX、Linux(Red HatおよびSuSE)、WindowsのマルチOS対応です。
 
HP Integrityサーバーのラインアップ
  図:HP Integrityサーバーのラインアップ

ミッションクリティカル環境がターゲット

HP Integrityサーバーは、単なる「Itaniumを載せたサーバー」ではありません。なぜなら同サーバーは、HP 9000 サーバーの後継を担う「ミッションクリティカル環境向けの64ビット・サーバー」としてゼロから設計されているからです。

よく知られているとおり、HP 9000 サーバーは金融や通信、官公庁などのミッション クリティカル環境で業界標準の地位を確立しており、いまやIT社会を支える大黒柱のひとつとなっています。一方HPでは、このPA-RISC搭載のHP 9000 サーバーから Itanium 搭載のHP Integrityサーバーへの段階的な移行を推し進めています。例えばフラッグシップ・モデルのSuperdomeは、すでに大手の携帯電話会社や航空会社、新聞社、半導体ベンダーなどの基幹系に数多く導入されています。

こうした基幹系のニーズに応えるためには、x86サーバー並みのハードウェアでは役不足です。そこでHPでは、インテル製のItanium対応チップセットに頼らず、大規模な投資によりItanium対応チップセットを自社開発しました。これにより、例えば故障したプロセッサーを瞬時にスペアと交換するDPR(Dynamic Processor Resilience)や、エラーが多発するメモリを動的に切り離すDMR(Dynamic Memory Resilience)など、基幹系で必要とされる様々な高可用性機能が実装されています。また、1台のサーバーを複数のパーティションに分割する仮想化機能も実現します。

このようにHP Integrityサーバーは、HP-UXやLinux、Windowsといったオープン系のOSをサポートしつつも、その中身はメインフレーム並みの信頼性と仮想化機能を備えたエンタープライズ・サーバーなのです。

 
HP zx1 チップセットによるアーキテクチャ例
  図1:HP zx1 チップセットによるアーキテクチャ例

rx1620-2を使ってみよう

さて、今回紹介するrx1620-2は、1U筐体に最大2個のItaniumと最大16GBのメモリを搭載できるサーバーです。HP zx1チップセットを備え、DPRとDMR、メモリチップスペアに対応するほか、2枚のPCI-Xカード、2台のSCSIディスクを収容可能です。  

図2および図3は、rx1620-2の前面と背面です。
 
rx1600前面
  図2:rx1620-2前面
   
  rx1600背面
  図3:rx1620-2背面
   
  SCSIディスクは前面よりホットスワップ可能です。一方、背面には、図3に示す各種インタフェースが集中しています。ここで注意すべき点は、上部左側の100 LANおよびVGA、ECIシリアルポートは、いずれも「管理プロセッサー」のインタフェースであるということです。管理プロセッサーとは、HP Integrityサーバー本体とは独立して動作する管理用カードで、電源の制御やリセット、コンソール・アクセス、前面パネルLEDのリモート監視といった遠隔管理機能を提供します。管理プロセッサーはオプションなので、未装着の場合はVGAを利用できません(その場合はシリアルポートでアクセスします)。一方、背面下部にはSCSIポート、LANポート2つ、シリアルポート、USB 2ポートが並んでいます。  

図3が示すように、モニタはVGAに、キーボードとマウスはUSBにそれぞれ接続し、つづいて背面の電源入力に電源コードを差し込むと、直ちにファンが回り出します。rx1620-2では、システムの電源が切れている状態でも、電源コードが接続されていれば常時ファンが動作しています。  

rx1620-2前面の丸いボタンを1回押すと、1秒くらいの間をおいてから電源が入ります(そのため最初は戸惑うかもしれません)。前面のLEDが点灯し、モニタ上にはrx1620-2の起動メッセージが表示されます。
電源とLED
連載記事一覧 ページ: 1   2   |   次へ  次のページへ

本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

HPEサポートセンター
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項