Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX   >  Knowledge-on-Demand

コラム(特集)

2009年1月〜
HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
コラム(特集)2009年1月〜
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
カテゴリ別
特別企画

特集

逆引きUNIXメンテナンス・ガイド - システム対策編 -  
逆引きUNIXメンテナンス・ガイド - システム対策編 - New! (2009年12月)
  日常の管理をしていく際、「あれ?ここはどうすればいいんだろう?」と首をひねることは、ないでしょうか?
前回に引き続き、逆引き形式で日々のメンテナンスのためのヒントを列挙しました。今回のテーマは「システム対策」です。システムに何らかのトラブルがあったとき、誰しも早く解決したいと焦るものでしょう。Solarisなど他のUNIXからHP-UXに移行してきた場合など、以前使っていたOSと同じように対処しようとしてできず、とまどうこともあるかと思います。そんなときに本稿を解決の一助としてください。
逆引きUNIXメンテナンス・ガイド - システム管理編 -  
逆引きUNIXメンテナンス・ガイド - システム管理編 - (2009年11月)
  日常の管理をしていく際、「あれ?ここはどうすればいいんだろう?」と首をひねることは、ないでしょうか? インターネットで検索したり、マニュアルを調べたりと、ふと思い出せずに時間を消費してしまうこともあるでしょう。また、Solarisなど他のUNIXからHP-UXに移行する際、いろいろとまどうことも多いかと思います。以前使っていたOSとの、ほんの少しの違いをわかってさえいれば避けられるものだったりします。 そこで本稿では、逆引き形式で日々のメンテナンスのためのヒントを列挙していくことにしたいと思います。参考URLがある項目については併記してますので、ぜひそちらも合わせてご確認ください。
仮想化の“常識”を覆す、vPars+Oracleのポテンシャル  
仮想化の“常識”を覆す、vPars+Oracleのポテンシャル (2009年7月)
  一般的な仮想化技術の「弱点」は、とりわけディスクI/O処理について物理サーバーの能力をフルに引き出せないケースが多いという点。しかし、そうした仮 想化技術の“常識”を打ち破るのが、ミッドレンジおよびハイエンドのHP Integrityサーバーに備わる仮想化技術「Virtual Partitions(vPars)」だ。vParsではCPUやメモリ、I/Oリソースは各仮想パーティションに排他的に割り当てられる。そのため、 vParsの各仮想パーティション(vPar)上で動くOSは自分に割り当てられたハードウェアリソースを独占して使うことができ、物理サーバーとほぼ同 等のパフォーマンスを発揮できる。本稿では、日本ヒューレット・パッカードによる実地検証を通じて、vPars+Oracleのポテンシャルを明らかにする。
「実機体感センター」体験レポート、サーバー解体ショーって?  
「実機体感センター」体験レポート、サーバー解体ショーって? (2009年6月)
  2009年5月18日、市ヶ谷の日本ヒューレット・パッカード本社内に「HP 実機体感センター」が開設された。HP Integrity サーバーをはじめとするHPの主力ハードウェア製品とソリューションを実際に「触れて体験できる」ことを目的とした施設だ。このHP 実機体感センターが大変な人気で、予約待ちも発生しているという情報も聞こえてくるほど。中でも話題の、マグロならぬ「サーバー解体ショー」を目玉とした体験レポートをお送りする。
HP実機体感センターは新装開店いたしました! (2011年9月)
最新のServiceguardが描く次世代のHAとは?  
最新のServiceguardが描く次世代のHAとは? (2009年5月)
  2009年4月、HP-UXのクラスターパッケージHP Serviceguard 11.19がリリースされた。高可用性(HA)を実現するクラスターパッケージとして多くの実績を誇るServiceguardだが、最新バージョンでは仮想マシン上のアプリケーションとの連携、フェイルオーバーの機能拡張など、多くの機能強化が図られた。今回は最新のServiceguardを解剖し、次世代のHAとは何かを浮き彫りにしたい。
Integrityサーバーの省電力機能〜TCOの削減を実現する消費電力管理〜  
Integrityサーバーの省電力機能〜TCOの削減を実現する消費電力管理〜 (2009年2月)
  地球環境の保全という観点から、温暖化対策が重要課題として叫ばれています。ご存じのようにITも例外ではなく、消費電力量の削減=省電力化がキーワードとなっているのが現状です。2008年には国内でも「グリーンIT推進協議会」が発足し、官民挙げてITシステムの省電力化に取り組む体制が取られつつあります。そこで今回は、TCOの削減にもつながるHP Integrityサーバーの省電力機能を概観してみました。

特別企画

HP-UXの25年とこれから
〜HP-UX25周年記念イベントで語られたビジョン「仮想化のその先へ」〜

(2009年4月)
HP-UXの25年とこれから〜HP-UX25周年記念イベントで語られたビジョン「仮想化のその先へ」〜  
HP-UXの25年とこれから
〜HP-UX25周年記念イベントで語られたビジョン「仮想化のその先へ」〜
  ミッションクリティカル環境の代名詞といえるプラットフォーム「HP-UX」が誕生して25周年を迎えたことを記念して、日本ヒューレット・パッカードは2009年2月に「HP-UX25周年記念イベント」を開催した。本稿では、同イベントで行われた講演やインタビューをもとに、HP-UXが「エンジニアリング用途向けの UNIX」から「IT社会を支えるミッションクリティカルシステム」へと成長を遂げた変遷を紹介したい。そして後半では、2007年にリリースされた最新版「HP-UX 11i v3」を中心に、その最先端のパフォーマンスや管理性、そして仮想化技術にスポットを当てる。
» 特別企画一覧

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

HPEサポートセンター
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
このページのトップへ戻る
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項